この記事の読了目安: 756

アイロニーとは 意味 使い方 例文

 

アイロニー」という言葉をご存知でしょうか?

見慣れないカタカナ語ですが、
一般的な場面でも使われている言葉です。

また、入試現代文の頻出用語としても使われています。

ただ、初めて見る人にとっては
なかなかイメージしにくいかと思われます。

そこで今回は、
「アイロニー」の意味を類語・対義語なども含め、
簡単にわかりやすく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

アイロニーの意味

 

まず、「アイロニー」の意味を調べると
次のように書かれています。

【アイロニー(イロニー)】

皮肉。あてこすり。

反語。逆説。

修辞学で、反語法。

ソクラテスの問答法。無知を装いながら、知者を自認する相手と問答を重ね、かえって相手が無知であることをあらわにし、その知識が見せかけのものでしかなかったことを悟らせる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「アイロニー」は、
辞書の説明だと4つ意味が書かれています。

しかし、一般的には、
①と②の意味で使われることがほとんどです。

そのため、
「①皮肉」と「②反語・逆説
の2つを覚えておけば問題ありません。

 

まず、「皮肉(ひにく)」とは、
遠回しな表現で相手を非難すること」だと思って下さい。

例えば、会社に遅刻して来た人がいたとしましょう。

普通であれば、以下のような言い方をしますよね。

  • 「30分遅刻ですよ?」
  • 「なんで遅刻したの?」
  • 「ずいぶんと遅かったね?」

 

しかし、「皮肉」というのは
あえて本当の気持ちとは反対のことを言います。

例えば、以下のような言い方です。

ずいぶんと早いですね。

こんな言い方をされれば、
普通に怒られるよりもショックでしょう。

つまり、「アイロニー」とは
正反対のことを言うことにより、逆に相手に真意を悟らせる」のです。

多くは、相手をバカにしたり軽蔑したりする時に使います。

したがって、
あまり良い意味では使われない言葉です。

 

また、「反語(はんご)」とは、
表面では褒めながらも、裏には反対の意味を含ませる表現」のことを指します。

「皮肉」と「反語」は似たような意味ですが、
厳密に言うと「反語」は悪口や軽蔑とは限りません。

「反語」は、断定を強調するために疑問形にする場合もあります。

【例】⇒「死なない人間はいるだろうか?いや、いるはずがない。」

これらの表現も、
広い意味で「アイロニー」と言うわけです。

 

なお、「逆説」とは、
普通とは反対の方向から考えを進めるさまを意味します。

後に詳しく解説しましすが、
この「逆説」という言葉は現代文の用語としてよく出てきます。

スポンサーリンク

アイロニーの語源

 

アイロニー」は、英語だと「irony」と表記します。

元々この言葉は、ギリシャ語の
エイローネイアειρωνεία」を由来とします。

「エイローネイア」とは、
虚偽・仮面」などの意味です。

「虚偽」とは「ウソや偽り」のこと、
「仮面」とは「本当の姿を隠すもの」を指します。

 

このことから、
「ウソにより本当の事実を隠すこと」を
英語で「irony」と呼ぶようになりました。

転じて、「遠回しな表現で相手を非難する
という現在の意味になったと言われています。

英語の「irony」の場合は、
日本語よりも多少ユーモアを含み、
穏やかなニュアンスで使われるのが特徴です。

アイロニーの類語

アイロニー 類語 対義語

 

次に、「アイロニー」の「類語」を紹介します。

【風刺(ふうし)】

遠回しに批判すること。

【嫌み(いやみ)】

相手に対して遠回しに与える不快な言動。

【シニカル(cynical)】

冷笑的。嘲笑 (ちょうしょう) 的。

【天邪鬼(あまのじゃく)】

ひねくれた性格。わざと自分の本心とは違う発言をすること。

【逆説(ぎゃくせつ)】

普通とは逆の方向から物事を考えるさま。

風刺とは

 

風刺」とは、
遠回しに批判すること」を意味します。

主に社会や有名人の欠点を批判して、
対象を嘲笑的に表現する場合に使われます。

批判の手段としては、
文章や絵、漫画、イラスト、映像などを使うのが一般的です。

「風刺」は様々な手段によって批判するのに対し、
「アイロニー」は文章や言葉により批判する点が両者の違いだと言えます。

嫌みとは

 

嫌み」とは、
相手に対して遠回しに与える不快な言動という意味です。

「嫌み」は遠回しでありながらも、
相手に対してすぐに不快感を与えるような言動を指します。

つまり、
「皮肉」よりも直接的に相手が分かるような表現ということです。

例えば、遅刻してきた人に対して、
「よくそんな毎回遅刻してくるね君は?」
などと言うことを「嫌み」と呼びます。

シニカルとは

 

シニカル」とは、英語の「cynical」をカタカナにした言葉で、
冷笑的・嘲笑的」という意味です。

「冷笑的」とは「相手を見下して笑うさま」、
「嘲笑的」とは「相手をバカにして笑うさま」を意味します。

「相手に対して皮肉な態度をとること」なので、どちらも「類語」だと言えます。

ただ、「アイロニー」よりも「シニカル」の方が
相手を軽蔑してバカにするという意味合いが強い言葉です。

「アイロニー」そのものは「皮肉」を指しますが、
「アイロニー」の方は一種のユーモアが含まれるような場合があります。

天邪鬼とは

 

天邪鬼」とは、「ひねくれた性格」という意味です。

相手の意見にいちいち反対したり、
相手からの褒め言葉を素直に喜ばなかったりする人を対象とします。

「天邪鬼」は、
相手からの受け答えがひねくれている人を指します。

「アイロニ」のように、
こちら側が主体的に発した言動に対しては使いません。

また、「アイロニー」自体には「ひねくれた」
という意味は含まれていない点も両者の違いだと言えます。

逆説とは

 

逆説」とは、
普通とは逆の方向から物事を考えるさま」という意味です。

例えば、約束の時間に遅れそうな時に
近道を通らずにわざわざ遠回りをして目的地に向かうようなことを
「逆説」と言います。

これはなぜかと言うと、普段慣れていない近道を通れば、
事故やトラブルなどに巻き込まれる可能性が高くなるからです。

 

実際には遠回りでも
「確実に向かえるルートの方が安全で早く到着できる」
という考えの元、逆説的な行動を起こすのです。

「逆説」という言葉はこのように、
一見すると正しくなさそうな言動が実は正しいこと
という意味で使われます。

したがって、事実を暗に伝える「アイロニー」と
「類語」になるのです。

関連:>>逆説的とは?意味や例文・類語をわかりやすく解説

 

以上、5つの類語を紹介しましたが、その他には
当て付け」「当てこすり」なども類語に含まれます。

これらの言葉は、「皮肉」と同じ意味なので、
「同義語」だと考えても問題ありません。

スポンサーリンク

アイロニーの対義語

 

一方で、「アイロニー」の「対義語」としては
以下のような言葉が挙げられます。

 

  • 素直
  • 正直
  • 堂々
  • ストレート
  • そのままの
  • 裏表のない
  • 隠すことのない

 

「アイロニー」は、相手に対して遠回しに発言することでした。

したがって、相手に対して
直接的にストレートに発言する言葉が反対語となります。

その他、「隠れた意図がないこと」を表す言葉も
広い意味で類語に含まれると考えてよいでしょう。

スポンサーリンク

アイロニーの使い方・例文

 

最後に、「アイロニー」の使い方を
実際の例文で確認しておきましょう。

 

  1. テストの点数が悪かった人に、「勉強頑張っていたからだね」とアイロニーを言う。
  2. 寝坊した人に彼はアイロニーを漂わせる口調で言った。「君、本当に早起きだね」と。
  3. 上司は意地の悪いアイロニーを決して認めなかったよ。本当にタチが悪いと思ったね。
  4. 彼女の作詞は普通の人とは異なる。アイロニーに満ちていると言えるだろう。
  5. この映画の特徴は、アイロニーをふんだんに取り入れたストーリー展開だ。
  6. 雨天中止になる予定だったが、晴れてしまった。アイロニーなことである。
  7. 織田信長の本能寺の変は、歴史のアイロニーとも言える事件だ。
  8. 冷戦終結によって逆に紛争が激しくなったのは、歴史のアイロニーだ。

 

すでに説明した通り、「アイロニー」は、
遠回しに相手を非難する時に使うということでした。

しかし、ここで大事なのは
「皮肉」にはもう一つ大事な意味があるということです。

それは、
期待していたのとは違った結果になること」という意味です。

例文だと7.や8.が当てはまりますが、
この意味が意外と評論文などでよく出題されます。

 

例えば、例文8で言うと、
「冷戦」が終わるというのは普通に考えれば平和が訪れることです。

しかし、実際にはもっと紛争が激しくなってしまったので、
「予想と結果が外れた」という意味で「アイロニー」を使うのです。

この場合は、
「相手をバカにする」や「遠回しに指摘する」
などとは全く違う意味なので注意してください。

もしも評論文でこの意味を問われた場合は、
「予想(意図)されたこと」と「結果的に起こったこと」を
しっかりと整理する必要があります。

整理した上で、「筆者は何が言いたかったのか?」
を考えると読解がしやすくなるでしょう。

 

なお、「アイロニー」は「アイロニカル」という形容詞で使うこともあります。

よくあるのが、社会学でよく使われる
アイロニカルな没入(ぼつにゅう)」という表現です。

「アイロニカルな没入」とは、ドラマや映画などを見るときに、
ウソやニセモノ(演技)だと分かりながら「没入」してしまう態度のことです。

「ウソという予想」にも関わらず、「熱中したという結果」なので
「アイロニー」を使うと考えて下さい。

関連:>>冷戦とは?意味や原因をわかりやすく解説

まとめ

 

以上、内容を簡単にまとめると、

アイロニー」=遠回しな表現で相手を非難すること。予想と違う結果になること。

語源・由来」=ギリシャ語の「エイローネイア(虚偽・仮面)」から。

類語」=「風刺・嫌み・シニカル・天邪鬼・逆説」など。

対義語」=「素直・正直・ストレート・裏表のない・隠すことのない」など。

ということでした。

 

「アイロニー」とは一言で言えば、
「皮肉」や「反語」のことを指します。

しかし、実際には「予想と違う結果になる」
という意味もあるということも覚えておきましょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)