この記事の読了時間: 412

敷衍 意味 例文 使い方 類語

 

今回は
敷衍」の意味を
解説したいと思います。

 

皆さんは、

「話が分かりにくい」

「もっと簡単に話してほしい」

などと言われたことはありますか?

 

せっかくうまく話しても、
相手に伝わらなければ意味がないですよね。

「敷衍」という言葉は、そのような
人と人が話す場面でよく使われます。

ぜひ、この記事で正しい使い方を
覚えていただきたいと思います。

 

では、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

敷衍の意味・使い方

 

「敷衍」
の意味を調べると
次のように書かれています。

【敷衍(ふえん)】

おしひろげること。展開すること。

意義・意味をおしひろめて説明すること。また、わかりやすく詳しく説明すること。

出典:三省堂 大辞林

敷衍(ふえん)」とは、
ある説明を様々な形に広げて展開すること
を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

野球のトレーニング法を、技術一般の上達論に敷衍する。

この場合は、
「野球のトレーニング法」を
「サッカー」や「陸上」などのスポーツ技術上達、
あるいは「仕事の技術上達」などに広げる。

という意味ですね。

 

つまり、
一つの分野の知識や見解を、
より広い分野に展開すること

敷衍」と言うのです。

 

また、場合によっては
わかりやすく説明する
という意味で使うこともあります。

 

例えば、
以下のような使い方です。

A教授の議論を私なりに敷衍すると、~

この場合は、
「A教授の議論を私なりに簡単に説明すると
という意味です。

 

つまり、
抽象的なことを具体的に説明すること」も
敷衍」と言うわけですね。

 

抽象的の意味は、
以下の記事を参照してください。

>>抽象的とは?意味をわかりやすく解説

 

一般的には、それぞれ
以下のような場面で使われます。

おし広げる・展開する」⇒大学入試の現代文など。

わかりやすく説明する」⇒ビジネスシーンなど。

 

どちらも大事な意味ですが、
しいて言うなら、
前者の意味で使われることの方が多いです。

スポンサーリンク

敷衍の語源・類語

敷衍 語源 類語

 

「敷衍」の「」という字は、
日常的にも使われています。

 

例えば、

  • 布団を敷く
  • 風呂敷を広げる
  • 鉄道を敷設する

のようにです。

 

これは元々、
」という字が「平らにして広げる
という意味を持っているからですね。

布団や風呂敷などは、
まさに平らにして広げて使うものでしょう。

 

また、「敷設」という言葉も、
「鉄道の敷設」のように
線路を広げて鉄道網を作る時に使います。

これは、
「敷設」に「広い範囲に設置する
という意味があるからですね。

 

「敷設」の詳しい意味は、
以下の記事を参照してください。

>>敷設と布設の違いとは?意味や使い分けも

 

また、「衍」という字も
」と「氵(さんずい)」が
組み合わさって出来ています。

 

「行」という字は、元々
「(東西南北の)四方向に人々の足が行き交う
ことを表した漢字でした。

そして、
「氵」は「」を表す漢字です。

 

このことから、
「衍」は「水が四方向に広く広がる
という意味を持った漢字になったのです。

 

整理すると、

「敷」=平らにして広げる。

「衍」=水が四方向に広く広がる。

となります。

 

つまり、
本来の意味としては、
色々な問題を水のように広げること
を指すわけですね。

 

したがって、
「敷衍」の類語としては
以下のようなものが挙げられます。

  • 拡大(かくだい)
  • 拡張(かくちょう)
  • 展開(てんかい)
  • 詳述(しょうじゅつ)
  • 肉付け(にくづけ)

 

「詳述」とは、
「詳しく述べること」を言います。

また、「肉付け」とは、
「細部に手を加え、内容に厚みを与えること」ですね。

このように、
「語源」と「類語」から「敷衍」という言葉を
見ていくと理解しやすいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

敷衍の例文

 

では、「敷衍」の使い方を、
実際の例文で確認しておきましょう。

 

  1. 食の安全問題を、生活全体に敷衍して論じる。
  2. いじめの問題を、社会全般に敷衍して論じる。
  3. 少子高齢化問題を敷衍して、日本経済を語る。
  4. 教授の抽象的な説明を、生徒が敷衍する。
  5. 分かりにくい説明なので、もう少し敷衍すべきだ。
  6. 科学は敷衍することにより、人々に認知されてきた。

 

※「科学」の意味は、
以下の記事を参照してください。

>>科学と化学の違いとは?意味や使い分けも

 

前半3つは、
広げて展開する」という意味です。

この場合は、
「ある問題を、より広いテーマの中に位置づける」
という意味でしたね。

 

そして、後半3つは、
わかりやすく説明する」という意味です。

この場合は、
「抽象的なことを具体的に説明する」
ということでした。

 

どちらの意味で使われているかは、
文脈によって判断しましょう。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

内容を簡単にまとめると、

敷衍」=ある説明を様々な形に広げて展開すること。わかりやすく説明すること。

ということでした。

 

何かを論じるときは、
「敷衍」により視野が広がります。

また、相手への説明は
「敷衍」により納得してもらえます。

ぜひ今後の生活で、
「敷衍」を意識した行動を心がけて見てくださいね。

今回は以上です!

スポンサーリンク