この記事の読了目安: 417

復元 復原 違い 意味 使い分けは

 

遺跡などを当時の状態に戻すことを、「復元」もしくは「復原」と言います。どちらも「ふくげん」と読む言葉ですが、この二つはどう使い分ければいいのでしょうか?

本記事では、「復元」と「復原」の違いについて詳しく解説しました。

スポンサーリンク

復元・復原の意味

 

まずは、「ふくげん」の基本的な意味です。

【復元/復原(ふくげん)】

もとの形態・位置に戻すこと。また、戻ること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

ふくげん」とは「元の形や位置に戻すこと・戻ること」を意味します。例えば、以下のように使います。

  • 壁画をふくげんする。
  • 民家をふくげんする。
  • 文化財をふくげんする。

つまり、昔の遺跡などを元の形に戻すことを「ふくげん」と言うわけです。

また、建築関係としては「杭(くい)をふくげんする」などのように用いることもあります。この場合は、「杭」が消えたり位置がズレたりした時に「元の位置に戻す」という意味で使います。

いずれにせよ、形や位置を元の状態に戻すことを「ふくげん」と呼ぶことになります。

スポンサーリンク

復元と復原の違い

復元 復原 違い

 

「復元」と「復原」には、どのような違いがあるのでしょうか?結論から言いますと、意味自体にはほとんど違いはありません。

まず、両者の語源を確認しておくと、「復元」の「元」は「人間の丸い頭」を描いた象形文字です。そこから転じて、「はじめ」「もと」などの意味があります。

一方で、「復原」の「原」は、「岩の穴から水がわき出る」という意味の字です。転じて、「物事のもと・起源」などの意味があります。

そして、両者に共通する「復」は「もとに戻す」という意味です。

ここから両者を比較すると、

復元」=はじめに戻すこと。復原」=もとに戻すこと。

という意味になります。

「はじめ」も「もと」も、結局は内容として大差はありません。したがって、「どちらを使ってもほとんど意味に違いはない」という結論になるわけです。

スポンサーリンク

復元と復原の使い分け

 

「復元」と「復原」の使い分けは、原則として「復元」の方を使うことになります。まず、新聞やテレビなどのメディアは「復元」を使うことで統一しています。

その理由は、漢字の混同を避けるためです。読み書きの世界であるメディアは、まぎらわしい漢字がある場合は一つに統一するのです。

一般的にはメディア以外の業界もこのルールに則り、「復元」を使う傾向にあります。

ただし、これには例外があり、「ふくげんりょく」「ふくげんせい」などと言う場合です。この場合は、「復原力」「復原性」のように用いるのが一般的です。

理由についてですが、おそらくは「文部科学省」の「学術用語集」の決定を尊重したものだと思われます。

「学術用語集」の「地震・土木工学編」では、「復原力」と書かれています。また、「船舶工学編」にも「復原力・復原力曲線・復原力滅失角・復元性範囲」などと書かれています。

一方で、日本規格協会の「JIS用語集」だと、

「測定用・計算用の機械器具」⇒「復元差

「パッキン・ガスケット関係」⇒「復元率

などとも記されています。

つまり、専門用語の場合だと「復元」と「復原」の両方が使われているということです。

結局のところ、「学術用語集」に掲げられた専門用語としての「復原力」「復原性」などを別にすれば、一般用語としては新聞・放送業界が採用している「復元」の方が使われています。

そのため、「復元」の方がより一般的な言葉という結論になるわけです。なお、「文化財」に関しては以下のように使い分けているようです。

復元」=失われて消えた建物を、元の姿に戻すこと。

復原」=改造された建物を、元の姿に戻すこと。

「復元」の方は完全になくなったものを推測で元に戻す時に使います。一方で、「復原」の方は改修などで形が変わった建物を、部材や文献を参考に、元の姿に戻す時に使います。

この使い分けは文化財に限った話ですので、一般業界では原則として「復元」を使うことを推奨します。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を例文で確認しておきます。

 

【復元の使い方】

  1. 古代遺跡の住居をコンピューターで復元する。
  2. ティラノサウルスの骨格を正確に復元する。
  3. 測量図面によって、杭の位置を復元する。
  4. 波で横転してしまったヨットを復元させる。
  5. スマホのデータを業者に復元してもらう。

【復原の使い方】

  1. 船を正しく設計すれば、浮力により復原性を発揮する。
  2. 事故発生時における飛行機は、復原力が衰えていたようだ。
  3. 復原性が高いボートほど、傾いた状態からでも元の姿勢に戻れる。

 

例文のように、「復元」は幅広い場面で使われています。一方で、「復原」の方は、主に船などの船舶工学に対して使われます。「復原」に関しては、あくまで専門用語として限定的に使われる言葉となります。

まとめ

 

以上、今回は「ふくげん」について解説しました。

復元・復原」=元の形や位置に戻すこと・戻ること

違い」⇒「復元」は「はじめに戻すこと」を表し、「復原」は「もとに戻すこと」を表す。

使い分け」⇒原則として「復元」を使う。「復原」は「復原力」「復原性」などの学術用語としてのみ使う。

「復元」と「復原」は意味自体に違いはほとんどありません。一般に使う際には、「復元」を用いることになります。「復原」の方は限られた場面で使うと覚えておきましょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。