この記事の読了時間: 418

復旧 復興 違い 意味 使い分け

 

復旧」と「復興

どちらも新聞やニュースなどでよく使われる言葉だと思います。

「電気の復旧作業」

「被災地の復興

この2つの言葉の定義には、明確な違いがあるのでしょうか?

また、どのように使い分ければいいのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

復旧の意味

 

まずは、「復旧」の意味からです。

【復旧(ふっきゅう)】

壊れたり、傷んだりしたものを、もとの状態にすること。また、もとの状態にもどること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

復旧」とは、
壊れたものを元に戻すこと」を意味します。

例えば、以下のように使います。

  • 電気を復旧する。
  • ガスを復旧する。
  • 水道を復旧する。
  • 道路を復旧する。

 

「復旧」は、
「ライフライン」に対して使うのが特徴です。

ライフライン(lifeline)」とは、
「電気やガス・水道・鉄道・道路など」のことだと考えてください。

簡単に言うと、
生活に必要不可欠なもの」ですね。

これらの生活に大事なものが、
災害などによって壊れてしまった場合に
「復旧」を使うのです。

復興の意味

 

続いて、「復興」の意味です。

【復興(ふっこう)】

いったん衰えたものが、再びもとの盛んな状態に返ること。また、盛んにすること。再興。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

復興」とは、
衰えたものを再び盛んにすること」を意味します。

使い方としては、以下の通りです。

  • 街を復興させる。
  • 文化を復興させる。
  • 経済を復興させる。

 

「復興」は、以前の衰えた状態から
活気や元気を取り戻すような場合に使います。

上記の例だと、

  • 」⇒「にぎわい」を取り戻す
  • 文化」⇒「振興」を取り戻す
  • 経済」⇒「好景気を取り戻す

といったイメージです。

つまり、以前のような「勢い」を取り戻す場合に
「復興」を使うわけですね。

スポンサーリンク

復旧と復興の違い

復旧 復興 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

復旧」=壊れたものを元に戻すこと。

復興」=衰えたものを再び盛んにすること。

ということでした。

 

両者の違いを簡単に言うと、
戻し方の違い」だと言えるでしょう。

 

「復旧」は、物理的に元に戻す時に使います。

一方で、「復興」は、
物理的にも精神的にも元に戻す時に使うのです。

例えば、台風がどこかに直撃して、
街がガタガタになってしまったとしましょう。

この場合、道路や建物であれば、
以前のような元の形に戻すのが「復旧」です。

一方で、道路や建物を元に戻した後、
人々がにぎわいのある状態まで取り戻すのが「復興」なのです。

 

まとめると、

復旧」=物理的に元の形に戻す。

復興」=物理的にも精神的にも元の状態に戻す。

となります。

ちなみに、
なぜこのような違いになるかというと
漢字の語源が異なるからです。

「復旧」の「」は「旧型」「旧式」などの言葉があるように、
元の」という意味があります。

一方で、「復興」の「」は
「興行」「振興」などのように、
勢いづく」「盛んにする」という意味があります。

そして、両者に共通する「復」は
戻す」という意味です。

 

ここから両者を比較してみると、

復旧」=元に戻す。

復興」=勢いがある状態まで戻す。

となります。

つまり、「復旧」は「単に元に戻す」という言葉なのに対し、
「復興」は勢い」という人の状態が含まれた言葉なのです。

このように、漢字の語源まで覚えておくと、
両者の違いを忘れにくいでしょう。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では、最後にそれぞれの使い方を
例文で確認しておきます。

 

【復旧の使い方】

  1. 道路のいたるところで、復旧工事が行われている。
  2. トンネルを復旧するのに、1か月はかかりそうだ。
  3. 電気や水道などの復旧作業を優先的に行ってください。
  4. パソコンのデータの復旧方法を念入りに調べる。
  5. 災害時はまず電気を復旧することが重要である。

 

【復興の使い方】

  1. 日本は戦後からの復興を経て、経済的に豊かになった。
  2. 被災地の復興を目指して募金活動を行う予定です。
  3. 文芸復興とは、14世紀のイタリアで起こった運動のことだ。
  4. 経済を復興させるには、人・モノ・金の充実が必要である。
  5. 復興特別所得税は、東日本大震災からの復興のための税金だ。

 

上記のように「復旧」と「復興」は、
どちらも災害時に使うことが多いです。

特に「復興」の方は、
災害から何年か経った後も使うという印象が強いです。

その理由は、一旦災害が起こると、物理的には元に戻っても、
精神的には元に戻っていないケースが多いからだと思われます。

「復興」の場合は、「人の勢い」という精神面も戻さないと、
真の意味での「復興」とは言えないわけですね。

 

なお、似たような言葉で「復活(ふっかつ)」がありますが、
「復活」は災害時に使われることはほぼありません。

「復活」は、「死人が復活する」「旧制度が復活する」のように
「人」や「何かの制度」に対して使われることが多い言葉です。

現代では、死人が復活するような非現実的な現象はありませんから、
実際には「制度」に使われることが大半だと考えていいでしょう。

関連:>>復元と復原の違いとは?意味や使い分けを解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると、

復旧」=壊れたものを元に戻すこと。(物理的)

復興」=衰えたものを再び盛んにすること。(物理的+精神的)

ということでした。

復興」の方は、
「にぎわいや活気のある状態まで戻す」と覚えておきましょう。

では今回は以上です。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)