この記事の読了時間: 545

車両 車輌 違い 意味 使い分け 1

 

「自動車」や「鉄道」などに使う言葉で
「しゃりょう」があります。

 

「大型車両

車輌編成」

 

どちらも同じように使われている印象ですね。

さらに、上記以外に「車輛」という
難しい漢字も存在するようです。

 

一体どれを使うのが正しいのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

車両・車輌・車輌の意味

 

まずは、
基本的な意味の確認です。

「しゃりょう」を辞書で引くと、
次のように書かれています。

【車両/車輛(しゃりょう)】

車輪のついた乗り物の総称。また、特に汽車・電車など鉄道の貨車・客車。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

しゃりょう」とは、
車輪のついた乗り物全般のこと」を言います。

例えば、

  • 自動車
  • バス
  • タクシー
  • 自転車
  • 原付
  • 電車
  • 汽車

といったものですね。

 

このように、
「乗り物の下に車輪がついており、移動できるもの」
であればそれは「しゃりょう」と言うのです。

 

一般的には、
私たちが一番乗っている「自動車」
が一番身近なものだと言えるでしょう。

しかし、道路交通法では、
電車や汽車などの「鉄道」に対して
使うことが多いようですね。

いずれにせよ、「しゃりょう」という言葉は
日常的に使われているのでなじみが深いです。

 

気になるのは、辞書によると
車両」と「車輌」ではなく、
車両」と「車輛」と記述されている点ではないでしょうか?

多くの辞書では、
車輌」という言葉は載っていません。

どの辞書を調べても、
車両/車輛」の2つで統一されています。

 

これは一体どういうことなのか気になりますよね。

そのあたりの理由を詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

車両・車輌・車輛の違い

 

結論から言うと、
車輌」は「車輛」の略字です。

つまり、
」は難しい漢字なので、
簡単な「」に省略したということですね。

 

したがって、
車輛」の方が正式な漢字であり、
車輌」は厳密には誤り
ということになります。

 

元々、戦前の日本では、
」と「」は以下のように区別していました。

 

」=「ふたつ」または「千両箱」の「リョウ」。

」=「くるま」の場合の「リョウ」。

 

つまり、
戦前は「車」に関しては「車輛」と書き、
車両」と書く習慣はなかったということですね。

ところが、
戦後の常用漢字の改定で、
車両」という字が決定しました。

その結果、
現在では「車両」の方が一般的に
なっているのです。

 

では、「車両」という字は、
単なる「当て字」なのでしょうか?

実は、そうでもないのです。

 

「両」という字は、
旧字体で「」と書きます。

この字は、
天秤(てんびん)の皿が両側に等しくぶら下がった様子
を表しています。

 

ここから、
「両」は以下のような意味として
使うようになりました。

  • 左右が対をなす「2つ
  • 左右の平均の「重さを量る
  • 左右対称のような「車を数える

 

実は、このような意味の「両」は、
漢字の母国の中国では大昔から使われています。

大昔ですから、
」の方が戦前よりも前から使われていた
ことになります。

一方で、「」という字は、
意味を明確にするために当時の「」に
後から「くるまへん」を付けたものと言われています。

 

まとめると、

車両」=大昔から使われていた漢字。

車輛」=戦前は主流だったが、元々は「両」につけ加えた漢字。

車輌」=車輛の略字。(厳密には存在しない漢字)

ということになります。

 

要するに、
車両」という漢字は単なる当て字ではなく、
「両」の意味を復活させたものだったわけですね。

スポンサーリンク

正しい使い分けは?

車両 車輌 どっち

 

それぞれの漢字の違いは理解できました。

 

では、結局の所どれを使えばよいのでしょうか?

 

実は、使い分けの一つの目安として「常用漢字」があります。

「常用漢字」とは、
「一般人が日常生活において、これくらいは使うだろう」
という目安を国が示したものです。

 

この中に、
」と「」は入っていません。

 

そのため、
新聞やテレビなどのメディアでは、
車両」に統一
して使っています。

別の言い方をすると、
車輌」や「車輛」は一切使わないということですね。

これに倣い、小中学校などの義務教育・国の公文書などでも、
原則として「車両」を使うようにしているようです。

 

ややこしいのは、メディアや公文書以外では、
車輌」と書いている業界が意外とあることですね。

例えば、
電車やバス・タクシーなどの公共機関です。

車や鉄道関係に就職している方なら、
そのあたりはご存知でしょう。

 

しかし、
車輌」という漢字は単なる略字ですから、
読み書きをする上で使うことはおすすめしません。

また、「車輛」の方も難しい漢字ですので、
使う必要性を感じないでしょう。

 

したがって、私たち一般人としては、
車両」を使うべきという結論になります。

しゃりょうの使い方・例文

 

では、最後にそれぞれの使い方を
実際の例文で確認しておきましょう。

 

車両の使い方】

  1. 車や電車などの乗り物を車両と言う。
  2. 大型車両に関する法規制が改正された。
  3. 車両に侵入してきた人物が犯人の可能性が高い。
  4. 警察車両によって、取り締まりが行われた。

 

車輛の使い方】

  1. 木南車輛製造(株)は、かつて日本に存在した鉄道会社だ。
  2. 第二次世界大戦前は、多くの車輛が開発された。
  3. 彼はご機嫌な様子で、車輛の方へ向かっていった。

 

車輌の使い方】

  1. 車輌編成は10両から構成されております。
  2. 車輌の名義変更に必要な書類を提出してください。
  3. 弊社は、車輌整備を主な業務としています。

 

すでに説明した通り、「車両」は、
基本的に新聞やTVなどのニュースで使います。

なので、私たちが何か文章を書くときも
それに従い「車両」を使えば問題ありません。

 

対して、「車輛」は
1945年以前の文章に対して使うことが多いですね。

例えば、かつて戦前に存在していた会社などです。

また、その当時に書かれた小説文などに
使われることもあります。

いずれにせよ、「車輛」は
現代ではほとんど使わないと考えてください。

 

最後の、「車輌」は
自動車業界・鉄道業界だけが独自に使っている印象です。

いわば、専門用語に近いイメージですね。

「車輌」は実際には略語ですが、
ビジネスでは言葉の原義・歴史などはそこまで重視されません。

そのため、今でもなお
「車輌」を使っている業界が多いのです。

 

↓【以下の記事もおすすめです】

関連:>>乗せると載せるの違いとは?意味や使い分けも

関連:>>迎えると向かえるの違いとは?意味や使い分けも

まとめ

 

いかがでしたか?

 

内容を簡単にまとめると、

しゃりょう」=車輪のついた乗り物全般。

車両」=大昔から使われていた漢字

車輛」=戦前は主流だったが、元々は「両」につけ加えた漢字。

車輌」=車輛の略字。(厳密には存在しない漢字)

ということでしたね。

 

使い分けに関しては、
「唯一の常用漢字である車両を使う」
と覚えておきましょう。

では、今回は以上です。

スポンサーリンク