この記事の読了目安: 1329

永訣の朝  意味 問題 簡単に 漢字 学習の手引き ノート

 

『永訣の朝』は、宮沢賢治による有名な詩です。高校国語・現代文の教科書にも載せられています。

ただ、この作品はあらすじや語句の意味などが分かりにくいと感じる人も多いと思われます。そこで今回は、『永訣の朝』の現代語訳や言葉の意味、テスト予想問題などをわかりやすく解説しました。

『永訣の朝』の現代語訳

 

けふのうちに今日のうちに

とほくへいつてしまふわたくしのいもうとよ遠くへ行ってしまう私の妹よ

みぞれがふつておもてはへんにあかるいのだみぞれが降って外は変に明るいのだ。

あめゆじゆとてちてけんじや)(雨雪を取ってきてちょうだい) ※()内は妹の言葉で「雨雪(あめゆき)」とは「みぞれ」のこと。

 

うすあかくいつそう陰惨な雪から薄赤く、いっそう暗くむごたらしい様子の雲から

みぞれはびちよびちよふつてくるみぞれはびちょびちょ降ってくる。

あめゆじゆとてちてけんじゃ)(雨雪を取ってきてちょうだい

 

青い蓴菜のもやうのついた青い蓴菜の模様のついた

これらふたつのかけた陶椀にこれら二つの欠けた陶器の茶碗に

おまへがたべるあめゆきをとらうとしてお前が食べる雨雪を取ろうとして

わたくしはまがつたてつぱうだまのやうに私は曲がった鉄砲玉のように

このくらいみぞれのなかに飛び出したこの暗いみぞれの中に飛び出した。

あめゆじゆとてちてけんじや)(雨雪を取ってきてちょうだい

 

蒼鉛いろの暗い雲から蒼鉛色の暗い雲から

みぞれはびちよびちよ沈んでくるみぞれはびちょびちょ沈んでくる

 

ああとし子ああ、とし子

死ぬといふいまごろになつて死ぬという今頃になって)

わたくしをいつしやうあかるくするために私を一生明るくするために

こんなさつぱりした雪のひとわんをこんなさっぷりした雪の一椀を

おまへはわたくしにたのんだのだお前は私に頼んだのだ

ありがたうわたくしのけなげないもうとよありがとう私の健気な妹よ

わたくしもまつすぐにすすんでいくから私もまっすぐに進んでいくから

あめゆじゆとてちてけんじや)(雨雪を取ってきてちょうだい

はげしいはげしい熱やあへぎのあひだから激しい激しい熱や喘ぎの間から

おまえへはわたくしにたのんだのだお前は私に頼んだのだ

 

銀河や太陽 気圏などとよばれたせかいの銀河や太陽 気圏などと呼ばれた世界の

そらからおちた雪の最後のひとわんを空から落ちた雪の最後の一椀を

 

・・・ふたきれのみかげせきざいに二きれの御影石材に

みぞれはさびしくたまつてゐるみぞれは寂しく溜まっている

 

わたくしはそのうへにあぶなくたち私はその上に危なく立ち

雪と水とのまっしろな二相系をたもち雪と水との真っ白な二相系を保ち

すきとほるつめたい雫にみちた透き通る冷たい雫に満ちた

このつややかな松のえだからこの艶やかな松の枝から

わたくしのやさしいいもうとの私の優しい妹の

さいごのたべものをもらっていかう最後の食べ物をもらっていこう

 

わたしたちがいっしょにそだってきたあひだ私たちが一緒に育ってきた間

みなれたちやわんのこの藍のもやうにも見慣れた茶碗のこの藍の模様にも

もうけふおまへはわかれてしまふもう、今日お前は別れてしまう

Ora Orade Shitori egumo)(私は私一人であの世へ行きます

 

ほんたうにけふおまへはわかれてしまふ本当に今日、お前は別れてしまう

あああのとざされた病室のああ、あの閉ざされた病室の

くらいびゃうぶやかやのなかに暗い屏風や蚊帳の中に

やさしくあをじろく燃えてゐる優しく青白く燃えている

わたくしのけなげないもうとよ私の健気な妹よ

 

この雪はどこをえらばうにもこの雪はどこを選ぼうにも

あんまりどこもまっしろなのだあんまりどこも真っ白なのだ

あんなおそろしいみだれたそらからあんな恐ろしい乱れた空から

このうつくしい雪がきたのだこの美しい雪が来たのだ

 

うまれでくるたて

こんどはこたにわりやのごとばかりで

くるしまなあよにうまれてくる

生まれてくるにしても 今度はこんなに自分のことばかりで 苦しまないように生まれてくる

 

おまへがたべるこのふたわんのゆきにお前が食べるこの二椀の雪に

わたくしはいまこころからいのる私は今、心から祈る

どうかこれが兜率(とそつ)の天の食(じき)に変わってどうかこれが天上界の食べ物に変わって

やがてはおまへとみんなとに聖い資糧をもたらすことをやがてはお前とみんなとに聖なる食べ物をもたらすことを

わたくしのすべてのさいはひをかけてねがふ私のすべての幸いを賭けて願う

『永訣の朝』の意味調べノート

 

【永訣(えいけつ)】⇒永遠の別れ。死別。

【けふ(きょう)】⇒今日。

【とほくへいつてしまふ】⇒遠くへ行ってしまう。直接には死ぬこと。死別をいう。

【いもうと】⇒作者と二歳違いの実の妹、宮澤トシ。数え年25歳で死んだ。

【みぞれ】⇒雪が空中でとけかかって、雨とまじって降るもの。ひさめ。 

【おもてはへんにあかるいのだ】⇒みぞれが降る戸外の様子を感覚的に捉えた表現。「へんにあかるい」に不吉な感じが表れている。

【あめゆじゆとてちてけんじや】⇒死にゆく妹の言葉。この言葉を聞いて、「わたくし」は、みぞれのなかに飛び出した。

【うすあかく】⇒ほのかに赤味を帯びているさま。

【陰惨(いんざん)】⇒陰気でむごたらしいこと。暗くむごたらしい感じのこと。「いんざん」は方言の読み。

【びちよびちよ】⇒水気を含んだみぞれの重く降りしきる様子を表した表現。擬態語であると同時に擬声語でもある。

【蓴菜(じゅんさい)】⇒スイレン科の多年生水草。池沼に自生し、葉は楕円形で小さく、粘液を分泌する。夏、水面に紅紫色の花を開く。

【もやう】⇒模様(もよう)。

【かけた陶椀(とうわん)】⇒欠けた陶器の茶碗。「かけた」に質素な生活と長年使い慣れたものへの愛着がしのばれる。

【まがつたてつぱうだまのやうに】⇒大急ぎで飛び出したわたくしの動きを弾丸にたとえた表現。弾丸は一直線に飛ぶが、病室から外に出るまで、あちこち曲がって急がなければならないのでこう言った。作者の狼狽ぶりと、妹に対する精一杯の愛情を感じさせる表現。

【このくらいみぞれのなかに】⇒この暗いみぞれの中に。これまで「へんにあかるい」「うすあかく」と表現されていた明るさが、ここでは端的に「くらい」と表現されている。自分が直面した世界の暗さであり、暗いからこそ数行後の「わたくしをいつしやうあかるくするために」という言葉が、明暗のコントラスト(対比)をもち、いっそう明るく美しいものとなる。

【蒼鉛(そうえん)いろ】⇒「蒼鉛」は原子番号83の元素。元素記号Bi。鉛・スズ・カドミウムと合金を作り、薬用・顔料などに用いる。作者は化学用語を詩の中で自由自在に効果的に使用した。「うすあかくいつさう陰鬱な雲」に応じた表現。

【みぞれはびちよびちよ沈んでくる】⇒みぞれが地の底に沈むように、重く降っているという実感のこもった言い方。心理の底に重く降ってくるような感じを表している。

【とし子】⇒妹の名。本名はトシであるが、こう呼び慣れていたためか。「いもうと」と言わずに、具体的に名を呼ぶことでその愛情を強く表現している。

【わたくしをいつしやうあかるくするために】⇒わたくしが一生の幸いになり、救いになるために、という意。妹の詩を前にして何もしてやれないという兄の気持ちを軽くするために、わざわざ妹は頼み事をしたのだと捉えられる。

【こんなさつぱりした雪のひとわん】⇒びちょびちょと降るみぞれが、ここでは「さっぱりした」と言い換えられている点が重要。「雪」は、妹の美しい心の表象だと考えられる。

【ありがとう~けなげないもうとよ】⇒「けなげな」は「殊勝な。感心な」という意味。「ありがとう」と共に、妹の願いを「わたくし」のためにしてくれたことと感じた作者が、妹に感謝する気持ちを表した言葉。

【まつすぐにすすんでいくから】⇒妹と同じように「わたくし」もまっすぎに生きようと決心し、妹に誓っている言葉。

【熱やあへぎのあひだから】⇒高熱と苦しい呼吸の中で。「あへぎ」は、呼吸の苦しいこと。

【銀河や太陽 気圏(きけん)などとよばれたせかいの】⇒「よばれたせかい」は、呼ばれている天上の世界、の意。作者独特の宇宙観「四次元世界」を表現する言葉。

【雪のさいごのひとわん】⇒妹の最後の食事とする雪の一わん。二つの「の」は、ともに「ひとわん」にかかる。

※前半(銀河や太陽~)では地球を超える宇宙的規模の広がりを言い、後半(そらから落ちた雪のさいごのひとわんを~)では「雪」を、そのような広大な「そら」からの贈り物として受け止める気持ちを表している。

【ふたきれのみかげせきざい】⇒二片の御影石(みかげいし)の石材。「ふたきれ」は「二片」、「御影石」は、花崗岩(かこうがん)の通称。建築・土木用材とする。ここから、実際にみぞれをとろうとする場面になる。

【そのうへにあぶなくたち】⇒みぞれのたまっている「みかげせきざい」の上に不安定に立って。

【雪と水とのまつしろな二相系(にそうけい)をたもち】⇒みぞれを「雪」(固体)と「水」(液体)の要素に分けて表現したもの。次の行の「雫」の様子を表している。「二相系」は「二つのものによって形成され、秩序づけられているかたち」。「相」は「すがた・かたち」、「系」は「系統・体系」という意。

【このつややかな松のえだから】⇒「つややか」は「つやつやとして美しいさま」。松は常緑樹で冬でも青々と葉をつけている。その木を選び、その枝に積もった雪をもらおうとしたのである。

【わたしたちがいつしよに】⇒ここから心中の思いが表現される。

【藍(あい)のもよう】⇒「藍」は、濃い青色。前の「青い蓴菜のもやう」のこと。

【Ora Orade Shitori egumo(オラ オラデ シトリ エグモ)】⇒妹の声。「わたしはわたしひとりであの世へ行きます」の意。「エグ」は「ゆく」。ローマ字書きで音声の印象を強めている。

【ほんたうにけふおまへはわかれてしまふ】⇒本当に今日お前は別れてしまう。妹の死が迫っていることを痛感し、この冷たい現実をゆさぶり壊したい衝動にかられて、「ほんたうに…」という切実な言葉を残した。

【とざされた病室】⇒冷たい外気をさえぎるために、ふすまや障子をしめ切った病室。

【くらいびやうぶやかやのなかに】⇒枕屏風(びょうぶ)や蚊帳(かや)で囲んだ暗い所。「くらい」は「なか」にかかる。室内に屏風を立て蚊帳を吊るしている。昔の習慣で、病人の安静のためだが、病床は暗くなりがちだった。

【あをじろく燃えてゐる】⇒やつれた蒼白い顔色をして、しかも高熱にあえでいる様子。妹の最後の命が燃え尽きようとしているという意味も込められている。

【けなげないもうとよ】⇒最後の生命の火を燃やして病苦と戦い、さらに孤独に耐えて死んでゆこうとする妹をたたえている。

【この雪はどこをえらぼうにも】⇒最上の雪を選ぼうとするのだが、どの雪も真っ白で美しいという意が込められている。雪をたたえた表現。

【あんなおそろしいみだれたそら】⇒重苦しく暗い雪雲の乱れている不吉な空。この「そら」は「銀河や太陽~のそら」ではなく、「陰惨な雲」「暗い雲」と表現された頭上の雲。次行の「このうつくしい雪」の純白さと対比させて、雪の美しさをたたえている。

【うまれでくるたて~うまれてくる】⇒花巻方言。自分の苦しみだけで終わるような生き方ではなく、万人の苦しみを背負っていくような生き方を願うという、仏教信仰に裏付けられた述懐。父が「ずいぶん病気ばかりしてひどかったな。今度生まれる時は人になんぞ生まれてくるなよ。」と慰めたのに対して、妹トシの答えた言葉だと言う。

【兜率の天の食(とそつのてんのじき)】⇒天上界の食べ物。「じき」は仏教での読み方で、「食べ物」を表す。

【おまへとみんなとに】⇒妹のおまえばかりでなく、天界のもろもろの者に、の意。妹の願いを受けて、すべての者の幸福を祈念する作者の願いがある。

【聖い資糧をもたらす(きよいかてをもたらす)】⇒天上の聖なる食べ物となる、の意。「聖い」は「神聖な」、「資糧」は「体を養うもとになるもの、食べ物」、「もたらす」は「持っていく、提供する」の意。

【わたくしのすべてのさいはひをかけてねがふ】⇒自分の幸福とひきかえに、妹と妹が願ったみんなの幸福を願う気持ち。「か(賭)けて」は「失敗したらそれを犠牲にする覚悟で事を行うこと」。死に瀕した妹が、菩薩のような心を獲得して天上界に生まれ変わろうとしているけなげな姿に接して、作者も肉親との死別の悲しみを超えて、大慈悲の世界に生きようと誓っている。悲しみが宗教的覚醒に高められた、感動的な結びとなっている。

『永訣の朝』の本文解説

 

『永訣の朝』は、宮澤賢治が妹の死に向き合った真摯で心深くからの絶唱である。来世では、今度は自分のことばかりで苦しまないように生まれてきたいという妹の願いを、賢治は深い祈りと決意に昇華させ、死にゆく妹の魂に捧げた。

まず、詩の形式としては57行全一連の口語自由詩となっている。前半・後半の二段に大別でき、さらにそれぞれが二節ずつに分けられる。

前半:妹への感謝

①けふのうちに~

妹が死ぬ日のみぞれが降る天候と、()内で妹の願いの言葉が書かれている。

②蒼鉛いろの暗い雲から~

妹の言葉が自分を明るい未来へと向かわせるものであると知り、私は感謝し、精進を誓う。

後半:雪に託した祈り

①…ふたきれのみかげせきざいに~

「わたくし」は松の枝にたまった清らかな雪を、優しい妹の最後の食事として持っていこうとする。けなげにひとり決然と死に臨む妹の姿に、深い切実な悲しみと限りない愛情を感じる。

②わたしたちがいつしよにそだつてきたあひだ~

椀に盛った雪に向かい、これが天上の食べ物となって、妹ばかりでなく、天界のもろもろの者に聖なる資糧(かて)をもたらすことを願い、心からの祈りを捧げる。全体の結びとなっている。

作品の特色

冒頭に「けふのうちに/とほくへいつてしまふわたくしのいもうとよ」とあるように、作者は妹に呼びかける形で書かれている。言葉の特色をあげると、まず「あめゆじゆとてちてけんじや」「Ora Orade Shitori egumo」「うまれでくるたて」など、作者と妹が生まれ育った岩手県花巻地方の土地の言葉を、妹の言葉として用いていることがあげられる。それに()をつけ、詩の中で繰り返し用いることで、全体に反響させている。

また、この詩にはみぞれの降る戸外の自然の情景が描かれているが、その際に「蒼鉛いろの暗い雲」「銀河や太陽 気圏などとよばれたせかい」「雪と水とのまっしろな二相系をたもち」などの表現を使い、人為を超えた自然の世界の硬質で透明な広がりを感じさせている。こうした言葉は、宮澤賢治の他の詩作品にも見られ、作者独特の世界観による特徴とも言える。

作者について宮澤賢治。[1896年~1933年〕。岩手県生まれ、詩人・児童文学者・教員・農業技師。農業改良の研究と指導に従事するかたわら、岩手県の風土や自然科学の知識から生まれた独創的な詩や童話を数多く書いたが、37歳で結核のため死去。『永訣の朝』が書かれたのは1922年(大正11年)のことで、当時、宮澤賢治は26歳、妹トシは24歳であった。トシは当時無名であった賢治のよき理解者であり、その死の衝撃は大きかったと伝えられる。他に『松の針』『無声慟哭』などの関連作品があり、『永訣の朝』とともに、宮澤賢治の生前唯一の詩集『春と修羅(しゅら)』(1924年)に収められている。

『永訣の朝』のテスト対策問題

 

問題1

次の語句からは、「わたくし」のどのような気持ちや心情が読み取れるか?

①うすあかくいつそう陰惨な雲

②みなれたちやわんのこの藍のもやう

③やさしくあをじろく燃えてゐる

④あんなおそろしいみだれたそらから/このうつくしい雪がきたのだ

解答例

①妹の死が近いことへの不吉な予感。

②幼い頃から生活をともにしてきた茶碗に、妹との思い出を懐かしむ気持ち。

③死に近い妹の命をいとおしみ、そのことに耐えかねる思い。

④不吉な予感すらする空から降る雪の美しさに感動する気持ち。

問題2(あめゆじゆとてちてけんじや)の繰り返し表現は、この詩にどのような効果をもたらしているか?
解答例土地の言葉を用いることで、妹の言葉としてのリアリティを感じさせている。また、繰り返し用いることで、詩の前半全体に妹の声を反響させる効果をもたらしている。
問題3

次の詩句には「いもうと」のどのような気持ちや心情が読み取れるか?

①「Ora Orade Shitori egumo」

②(うまれでくるたて/こんどはこたにわりやのごとばかりで/くるしまなあよにうまれてくる)

解答例

①なるべく迷惑をかけず、悲しませず、ひとりで静かに死のうという、安らかな覚悟と孤独な気持ち。

②再び生まれ変わる時がきたら、今度こそは自分の苦しみだけで終わるような生き方ではなく、他者の苦しみを背負って生きるような生き方がしたいという気持ち。

問題4「おまへがたべるこのふたわんのゆきに~~~わたくしのすべてのさいはひをかけてねがふ」には、「わたくし」のどのような祈りや願いが込められているか?
解答例妹が願ったみんなの幸福を願う気持ちと、自分のあらゆる幸福とひきかえにしてもよい、という祈りが感じられる。

まとめ

 

以上、今回は『永訣の朝』について解説しました。この作品は高校国語・現代文の授業においても学習します。ぜひ定期テストの対策として頂ければと思います。

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・宅地建物取引士など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)