この記事の所要時間: 347

 

今回は
正鵠を射る
の意味を解説していきます。

 

この慣用句は、
2つの言い方があります。

「正鵠を射る」

「正鵠を得る」

どちらも同じように使うので、
非常にまぎらわしいですね。

 

そのため、
語源なども合わせて
解説していきたいと思います。

では、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

正鵠を射るの意味

 

「正鵠を射る」
の意味を辞書で引くと、
以下のようにあります。

【正鵠を射る(せいこくをいる)】

物事の急所・要点を正しくおさえる。正鵠を得る。正鵠を失わず。

出典:三省堂 大辞林

正鵠を射る」は、
せいこくをいる」と読みます。

意味としては、
物事の急所や要点を正しくおさえる
ことを言います。

 

簡単に言うと、
大事な点をついている
ということですね。

 

例えば、
以下のように使います。

彼の正鵠を射る主張は、人々を納得させた。

この場合、彼の主張が
大事な点を正確におさえていたため、
人々を納得させたわけですね。

 

また、「正鵠を射る」は、
「正鵠を得(え)る」や
「正鵠を失わず」とも言います。

 

それぞれの語源は違いますが、
意味自体は同じです。

したがって、
3つのうちどれを使っても問題ない
ということになります。

スポンサーリンク

正鵠を射るの語源

正鵠を射る 語源

 

「正鵠を射る」は、
中国の漢字が語源です。

 

「正」と「鵠」は、
どちらも「的(まと)」という
意味があります。

「的」とは、
矢やダーツなどを投げる時に
当てるものですね。

 

この「的の中心」を正確に射ることが、
現在の「要点をつく」という
意味になったと言われています。

 

では、「正鵠をる」の方は、
どこから来ているのでしょうか?

 

これは、
もう一つの説から来ています。

「正鵠」の「鵠」は、
「鳥」と書くように「白鳥
という意味もあります。

 

昔の中国では、
的の中央に「白鳥」の絵を描いていました。

中国の「礼記(らいき)」という書物では、
矢を放って白鳥に命中させることを、
「正鵠を失わず」と書いています。

 

「失う」は、日本語では
「得る」の反対語です。

ここから、
矢が的をとらえるかどうかを
「得る/失う」で表現したと言われているのです。

 

つまり、
「射る」と「得る」は、
どちらも語源があるということですね。

 

時系列的には、
日本に最初に入ってきたのは、
「正鵠を得る」の方だと言われています。

時代で言うと、明治時代の頃ですね。

 

その後、昭和になると、
「正鵠」に「的」の意味もあることが判明し、
「正鵠を射る」が普及したのです。

 

ちなみに、
「正鵠」のことを慣用読みで
せいこう」と読む場合もあります。

「慣用読み」とは、
間違って定着した読み方や
発音しやすいので言い換えられた
読み方のことです。

スポンサーリンク

正鵠を射るの類語・英語

 

「正鵠を射る」の
「類語」は以下の通りです。

 

  • 本質をつく
  • 本質をとらえる
  • 核心をつく
  • ポイントをつく
  • ツボをつく
  • 良い指摘をする

 

いずれも、
大事な所をつく
という点が共通していますね。

 

そもそも「正鵠」という言葉自体に、
「本質・核心・要点」などの意味があります。

したがって、
「本質・核心をつく」
という意味になるわけですね。

 

また、「正鵠を射る」は
英語だと以下のように言います。

to hit the mark」(的中する)

hit the nail on the head」(核心を突く)

 

文章だと、

「You hit the nail on the head.」
(あなたの指摘は正鵠を射ている)

「His answer was right to the point.」
(彼の答えは正鵠を射ていた)

などがあります。

使い方・例文

 

実際の使い方を、
例文で確認しておきましょう。

 

  1. リーダーの指摘は、まさに正鵠を射ていた。
  2. 彼の推理は、正鵠を射るものが多い。
  3. あの政治家は、正鵠を射る言葉で支持を集めてきた。
  4. 見事に正鵠を射られたので、返答できなかった。
  5. 言い方はきついが、彼女が指摘した欠点は正鵠を得ていた。
  6. 話しがうまい人が、必ずしも正鵠を得ているとは限らない。
  7. 興奮して話し出すと、正鵠を失うことになる。
  8. 彼の意見は、完全に正鵠を失ったものだった。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

正鵠を射る」=物事の急所や要点を正しくおさえる。

ということでしたね。

 

一言で、
本質をつく・核心をつく
などと覚えてもいいでしょう。

今回は以上となります!

スポンサーリンク