この記事の所要時間: 522

 

今回は、
多文化主義
について解説していきます。

 

皆さんは、
「多文化主義」という言葉を
聞いたことがありますか?

この言葉は、
「文化」や「歴史」をテーマとした
「現代文」によく出てきます。

特に、文化系の学部の入試には
よく出題されているようですね。

 

一体どのような意味なのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

多文化主義の意味

 

まずは、
「多文化主義」の意味です。

【多文化主義(たぶんかしゅぎ)】

一つの国家ないし社会の中に、複数の異なる人種・民族・集団のもつ文化の共存を認め、そのための方策を積極的にすすめる考え方。

出典:三省堂 大辞林

多文化主義」とは、
一つの国家や社会の中で、異なる文化の共存を
積極的に進めようとする考え方」です。

簡単に言うと、
一つの国で色んな文化を認めよう!
という考えですね。

 

元々この言葉は、1970年以降の
「カナダ」や「オーストラリア」で
誕生したと言われています。

今では、
「カナダ」や「オーストラリア」は、
一つの国として独立していますよね?

 

ところが、
昔は「イギリス」に支配されていた
という歴史があります。

そのため、
現在でも原住民や白人の子孫など、
複数の民族・言語・文化が入り混じっているのです。

 

このような国では、
お互いの文化を共存する政策を行っています。

例えば、
学校教育で、複数の言語を教える
ようなことです。

 

普通の国であれば、
「母国語」を中心に言語を学ぶと思います。

日本で言えば、義務教育で教えるのは
せいぜい「日本語」と「英語」くらいですよね。

 

しかし、
多文化主義の国では、
複数の言語を文化として持っています。

そのため、多種多様な言語を
子供に教えているわけですね。

 

このように、「多文化主義」とは、
自国内で複数の文化を共存させ、
お互いを認め合う考えのこと
を言うのです。

スポンサーリンク

多文化主義のメリット

多文化主義 メリット

 

「多文化主義」には、
どんなメリットがあるでしょうか?

大まかに2つに分けて解説したいと思います。

 

1つ目は、
文化の対等性」です。

 

「多文化主義」が生まれる前は、
「文化」には対等性がありませんでした。

 

わかりやすい例として、
ヨーロッパの国々が行った
植民地主義」があります。

「植民地主義」とは、
他国の領土をどんどん支配していこう
という考えのことです。

 

実際に「植民地主義」により、
15世紀~20世紀頃のアジアやアフリカは、
多くの土地を支配されてしまいました。

 

当時の主流としては、
「少数民族は、支配的民族に同化すべき」
という考えでした。

しかし、
この考え方だと、少数民族の文化は
全く尊重されていないことになります。

 

こうした流れで出てきた考えが、
多文化主義」だったのです。

 

「多文化主義」は、
文化の価値を平等視します。

したがって、
全ての文化を対等にみなす
というメリットがあるのです。

 

2つ目は、
文化の多様性」です。

 

「多文化主義」は、
一つの国に様々な文化が共存しています。

言いかえれば、
それぞれの文化の恩恵を受けられる
ということです。

 

身近な例で言うと、
「食文化」が挙げられるでしょう。

 

私たちの身の回りには、
さまざまな食文化があります。

  • 「ハンバーグやステーキなどの肉料理
  • 「ラーメンやチャーハンなどの中華料理
  • 「ピザやパスタなどのイタリアン

どれも元々日本にはなかった食文化です。

最近では、
日本の寿司料理なども
海外で好まれているようですね。

 

もしも、
これらの食文化がなければ、
毎日の生活は味気ないものとなってしまうでしょう。

 

つまり、
「多文化主義」があるからこそ、
現在の私たちの文化が成り立っている

とも言えるわけですね。

スポンサーリンク

多文化主義の問題点

多文化主義 問題点

 

一方で、
「多文化主義」にも問題点はあります。

 

1つ目は、
価値観の強制」です。

 

この問題点は、
文化相対主義」の内容とも似ています。

「文化相対主義」については、
以下の記事を参照してください。

>>文化相対主義とは?具体例や問題点を解説

 

「多文化主義」は、
個々の文化の価値を平等視する考えでした。

「価値を平等に考える」
ということは、逆に言うと
すべての文化を相手に認めてもらう」ということです。

 

イメージ的には、

  • 「文化なんだから、何でも認めて!」
  • 「文化なんだから、いいでしょ?」

このような感じですね。

 

例えば、一つの民族の間に、
いけにえ」の文化があったとします。

「いけにえ」とは、
「生きた動物を殺して神様に捧げる儀式」のことです。

とても残虐な風習ですよね。

 

しかし、
「多文化主義」の考えだと、
このような風習も認めなくてはいけません。

もしも自国内に
「いけにえ」を美化する移民が入ってきたら、
その考えを共有しないといけないのです。

 

2つ目は、
価値観の衝突」です。

 

「文化を共存させる」ということは、
リスクをともなう場合があります。

 

例えば、
「キリスト教」と「ユダヤ教」は、
比較的価値観が近い宗教だと言えます。

なぜなら、
同じ一つの神様を信じている宗教だからです。

 

一方で、
「キリスト教」と「仏教」は、
全く正反対の考え方です。

「キリスト教」は、
「世界に神様は一人しかいない」という考えです。

一方で、「仏教」は、
「全てのモノに神様が宿る」という考えです。

 

もしも、それぞれの宗教を信じる人が、
一緒に生活することになったらどうでしょうか?

うまくいくイメージがわきませんよね。

 

最近の例だと、
ヨーロッパでは多くの人種を
労働者として受け入れました。

その結果、イスラム教徒が多数移住し、
国内にもう一つの国があるような
状態になってしまったのです。

 

当然、考えが違う人同士が集まれば、
紛争などは起きやすくなります。

このように、「多文化主義」とは、
文化同士を衝突させる可能性があるわけです。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

多文化主義」=一つの国家や社会の中で、異なる文化の共存を積極的に進めようとする考え方。

【メリット】⇒「文化の対等性・多様性

【問題点】⇒「価値観の強制・衝突

ということでしたね。

 

「多文化主義」には、
良い面・悪い面の両方があります。

したがって、
「どちらが良いか?」という疑問には、
「正解がない」とも言えるでしょう。

 

今回は以上となります!

スポンサーリンク