この記事の所要時間: 435

 

今回は
張る」と「貼る
の違いを解説していきます。

 

「はる」には、
2通りの漢字が使われていますね。

「ポスターを貼る

「テントを張る

上記の「はる」には、
一体どんな違いがあるのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

張るの意味

 

まずは、
「張る」の意味です。

【張る】

広がりのびる。

のばし広げる。

一面におおう。

いっぱいにする。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

張る」には多くの意味がありますが、
ここでは主な4つを紹介します。

 

それぞれの使い方は、
以下の通りです。

  1. 根を張る
  2. テントを張る
  3. 池に水が張る
  4. バケツに水を張る

 

「張る」という言葉は、
引っぱってピンと張るイメージ
だと思ってください。

つまり、
何かを引っ張ったり広げたりする感じですね。

 

一般的には、「張る」は、
テントや糸など「張力」のかかる物に対して
使うことが多いです。

 

また、建築関係としては
以下のような使い方もします。

  • タイルを張る
  • フローリングを張り替える

こちらも、
床一面に建材が広がるようなイメージですね。

貼るの意味

 

続いて、
貼る」です。

「貼る」の意味は、
単体では辞書にはのっていません。

 

「え?のってないの?」
と思った人も多いでしょう。

その理由は、
「貼る」は常用漢字ではないからですね。

 

「常用漢字」とは、
「一般人が日常生活において、これくらいは使う」
という目安を国が示したものです。

この中に、
「貼る」は含まれていません。

 

したがって、多くの辞書では、
「貼る」は「張る」の中に補足的に書かれています。

以下、
「張る」の項目からの引用です。

(「貼る」とも書く)のりなどでくっつける。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「貼る」の使い方は、以下の通りです。

  • シールを貼る
  • 切手を貼る
  • ポスターを貼る

 

「貼る」のイメージは、
ぺたっとくっつける」といった感じですね。

つまり、
何かを「糊(のり)」などで引っ付けるような時
貼る」を使うわけです。

関連記事:>>添付と貼付の違いとは?意味や読み方も解説

 

また、「貼る」も、
建築用語として使われています。

 

例えば、
以下のような使い方です。

  • クロスを貼る
  • 壁紙を貼る

こちらも、のりなどの接着剤を
使用して施工する場合に使います。

スポンサーリンク

張ると貼るの違い

張る 貼る 違い クロス

 

ここまでの内容を整理すると、

張る」=引っ張ったり広げたりする。

貼る」=のりなどで引っ付ける。(常用漢字外)

ということでした。

 

両者の違いを2つの点から
比較したいと思います。

 

1つ目は、
常用漢字かどうか」です。

 

「張る」は、
「常用漢字」です。

よって、
テレビや新聞などのメディアは、
張る」または「はる」を使うことで統一
しています。

 

一方で、
「貼る」は常用漢字ではありません。

したがって、
「貼る」は読み書きの世界では、
基本的に使わないのです。

 

2つ目は、
建築業界での使い方」です。

 

「建築業界」では、
「張る」と「貼る」は
どちらも使われています。

その理由は、
「読み書き」の世界ではなく、
「家を建てる」世界だからですね。

 

「建築業界」では、一般的に
以下のように使い分けされているようです。

張る」⇒「のり」を使わないで施工する場合。

貼る」⇒「のり」を使って施工する場合。

関連記事:>>施行と施工の違いとは?意味や読み方も

 

「張る」の場合は、
施工時に「のり」を使いません。

具体的には、
釘やモルタルを使った
タイル・外壁などの施工ですね。

 

一方で、「貼る」の場合は
施工時に「のり」を使います。

こちらは、接着剤を使った
クロスや壁紙の施工ですね。

 

簡単に言えば、

【のりで接着するときは「貼る」、それ以外は「張る」】

と覚えてもよいでしょう。

 

まとめると、

張る」⇒常用漢字。施工時に「のり」を使わない。

貼る」⇒常用漢字外。施工時に「のり」を使う。

となります。

関連記事:>>敷設と布設の違いとは?意味や使い分けも

 

ちなみに、
必ずしも上記のような使い分けが
されているわけではないようです。

 

正式なルールではなく、
あくまで「建築業界の慣習的なもの」
と考えたほうがよいでしょう。

一般的には、
不動産・リフォーム業界なども
建築業界に合わせているようです。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

それぞれの使い方を
改めて確認しておきましょう。

 

【張るの使い方】

  • 寒くなって来たので、お風呂に水を張る
  • 壁一面に張られた鏡に自分の姿が映った。
  • 部屋中に、緊張の糸が張りつめていた。
  • 外壁屋が、サイディングを張る作業に入った。

 

【貼るの使い方】

  • クロスの貼替え費用を、見積もってもらう。
  • 履歴書に自分の証明写真を貼る
  • 忘れないように、パソコンに付箋を貼る
  • 200円分の切手を、封筒に貼る

 

一般的な読み書きの場合は、
「貼る」はひらがなで書くという選択肢もあります。

つまり、
貼る」⇒「はる」ということですね。

もちろん、
「貼る」と書いても
決して間違いではありません。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

張る」=引っ張ったり広げたりする。(常用漢字)

貼る」=のりなどで引っ付ける。(常用漢字外)

ということでしたね。

 

建築の場合は、

【のりでくっつける時は「貼る」、それ以外は「張る」】

と覚えておきましょう。

今回は以上です!

スポンサーリンク