この記事の読了目安: 49

自体 事態 違い 意味 使い分け

 

「自体」と「事態」はどちらも「じたい」と読む漢字です。

「考え方自体を改める」「事態が収束する」

このようによく使われている言葉ですが、両者は一体何が違うのでしょうか?今回は「自体」の「事態」について詳しく解説しました。

スポンサーリンク

自体の意味

 

まず、「自体」の方の意味を調べると、次のように書かれています。

【自体(じたい)】

そのもの本来の性質。それ自身。地体。多く名詞の下に付いてその意を強める。

出典:三省堂 大辞林

自体」とは、簡単に言うと「それ自身・そのもの自身」という意味です。使い方としては、以下のように使います。

自体は好きだが、カレーはあまり好きじゃない。

この場合は、「肉そのものは好きだけども、カレーは苦手」ということです。

「自体」は、「人やモノ・物事」など幅広い対象に使います。また、原則として名詞の後につく言葉だと考えてください。

例えば、

  • 「考え方自体
  • 「あの人自体
  • 「スマホ自体

といった使い方です。

つまり、名詞の後に続き、その名詞の性質を伝えるような時に「自体」を使うわけです。

なお、辞書の説明には「自体」=「地体」とも書かれています。「地体(じたい)」とは「モノ本来の性質・本質」という意味です。こちらはあまり使う言葉ではありませんが、覚えておいて損はないでしょう。

スポンサーリンク

事態の意味

 

続いて、「事態」の意味です。

【事態(じたい)】

事のありさま。成り行き。多く、深刻で好ましくない状態をいう。

出典:三省堂 大辞林

事態」とは「物事の様子・成行き」という意味です。例えば、以下のように使います。

  • 事態が収束する。
  • 事態が収まる。
  • 事態が急変する。

「事態」は、「状況」や「状態」など周りの様子も含めた対象に使うのが特徴です。その中でも特に、悪い状態に対して使います。

具体的には、「人間」であれば「ケガや病気」、「会社」であれば「経営不振」、「自然現象」ならば「大雨や台風」といったことです。このように、「事態」とは何かしら良くない状態にある時に使われる言葉となります。

スポンサーリンク

自体と事態の違い

自体 事態 違い 使い分け

 

ここまでの内容を整理すると、

自体」=それ自身・そのもの自身。

事態」=物事の様子・成行き。(特に好ましくない状態。)

ということでした。

両者の違いを簡単に言うと、

自体」は「性質やあり方」を表し、事態」は「状況や状態」を表す。

と言えるでしょう。

「自体」は、対象そのものが持っている性質のことです。例えば、「肉」であれば「やわらかい」、「人」であれば「短気・温和」などの性質を指します。この時に、対象以外の性質は含まないのが一番のポイントです。

一方で、「事態」の方は「対象の状況状態」を指します。「状況」や「状態」というのは、そのものだけではなく周りの様子なども含めた広い言葉です。したがって、こちらは対象の周囲も含めた様子という意味になるわけです。

なお、「事態」の「」という字は「事件」や「事故」などのように悪い出来事に対して使われています。そのため、「事態」も同様に好ましくない状況に対して使うわけです。

まとめると、

自体」=そのもの自身の「性質・あり方」を指す。

事態」=周囲も含めた対象の「悪い状況・状態」を指す。

となります。

ところで、「自体」とよく似た言葉で「自身」があります。これは、「自分自身」「彼女自身」「自身の気持ち」などの使い方があります。

意味としては「自体」とほぼ同じですが、「自身」の方が「モノではなく人に対して使われる」という点が若干異なります。一方で、「自体」の方は人というよりはモノや物事に対して使われます。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後にそれぞれの使い方を例文で確認しておきましょう。

 

【自体の使い方】

  1. 問題自体の難易度は、それほど高くはないようだ。
  2. 体を動かすこと自体、久しぶりのことなので疲れました。
  3. 作品の内容自体に、疑問を感じる人がいたのは事実だ。
  4. 計画自体が、台無しになってしまった。非常に残念だ。
  5. 卵一つ一つの値段自体は、それほど高いものではない。

【事態の使い方】

  1. 人間の真価は、非常事態になったときに発揮される。
  2. 大雨と強風が重なり、事態はどんどん悪化していった。
  3. どうやら彼は最悪の事態に直面してしまったようだ。
  4. 不測の事態に備えて、しっかりと準備しておくつもりです。
  5. 事態対処法命令が、政令によって出されることになった。

 

「自体」は「そのもの」と言い換えられることが多いです。一方で、「事態」の方は「出来事」と言い換えられる場合が多いです。迷った場合は、この2つを当てはめてみてしっくりくる方を選択するのもよいでしょう。

まとめ

 

以上、本記事のまとめです。

自体」=それ自身・そのもの自身。

事態」=(周囲も含めた)物事の様子・成行き。(特に好ましくない状態。)

違い」⇒「自体」は「そのもの自身の性質やあり方」を指し、「事態」は「周囲も含めた対象の悪い状況・状態」を指す。

どちらもよく使われており、混同しやすい言葉です。この記事をきっかけに、ぜひ使い分けできるようになればと思います。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)