この記事の所要時間: 649

円高 円安 わかりやすく 仕組み 子供

 

皆さんは、
円高」と「円安
の意味を説明できますか?

 

テレビや新聞などで、
経済のニュースを聞くことは多いですよね。

「今日は円高です」

「昨日よりも円安です」

何気なく聞いている
「円高」と「円安」ですが
なかなか分かりにくい部分も多いはずです。

そこで今回は、
「円高」や「円安」の意味を
わかりやすく丁寧に解説していきたいと思います。

 

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

円高と円安の意味

 

「円高」と「円安」
の意味を調べると、
次のように書かれています。

【円高(えんだか)】

外国為替相場で、円貨が外国通貨に対して相対的に価値が高いこと。

【円安(えんやす)】

外国為替相場で、円貨が外国通貨に対して相対的に価値が低いこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

一般的な説明だと、

円高」=円の価値が相対的に高いこと。

円安」=円の価値が相対的に安いこと。

と書かれていますね。

関連記事:>>相対的と絶対的の意味をわかりやすく解説

 

しかし、
上記の説明だと分かりにくいため、
もっと簡単に解説していきます。

まず、「お金の種類」についてです。

 

世の中に出回っているお金は、
」だけではありません。

日本では「円」というお金が使われていますが、
実は、世界ではもっと様々なお金が使われています。

 

例えば、
以下のようなお金です。

  • アメリカ⇒ドル
  • ヨーロッパ⇒ユーロ
  • 中国⇒元(げん)
  • 韓国⇒ウォン

言語や文化が違うように、
「国によってお金の種類も違う」ということですね。

 

ここで大事なことは、
価値が高いとか低いというのは、
外国のお金に対して」ということです。

つまり、外国のお金に対して
円の価値が高ければ「円高
円の価値が低ければ「円安」と呼んでいるわけですね。

 

では、価値が高いとか低いというのは、
何を基準に決めているのでしょうか?

さらに、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

円高と円安の仕組み

円高 円安 仕組み

 

ここまで、円の価値について
解説してきました。

では、なぜ円の価値が高くなったり
低くなったりするのでしょうか?

 

その理由は、
世界中の投資家がお金を売ったり買ったりしているからです。

 

彼らは、
外国為替市場(がいこくかわせしじょう)」で、
毎日お金を売り買いしています。

「外国為替市場」とは、
お金同士を自由に売り買いできる場所
だと思ってください。

別の言い方をすると、
お金同士を両替えするところ」ですね。

 

具体的には、
1ドルを持っている人と100円を持っている人が
お金を交換したりしているのです。

 

ここで、実際の「円高・円安」
のケースを見てみましょう。

今現在、
1ドル=100円であったとします。

しかし、その後、
1ドル=90円に変わりました。

この場合「円高」でしょうか?

それとも「円安」でしょうか?

 

答えは・・・「円高」です。

 

「どうして?」

「100円から90円になったから円安じゃないの?」

と思った人も多いはずです。

 

確かに、
100円よりも10円安くなったので、90円です。

しかし、
よーく考えて見てください。

 

今までは、1ドルを買うのに
100円を出せば交換することができました。

ところが、1ドル=90円の場合、
今までよりも10円少なく払っても
同じ1ドルを購入できる
のです。

 

これは円を持っている側としては、
とても有利な取引です。

何しろ、1ドルをもらえた上に、
手元に10円が残るわけですからね。

 

逆に、
1ドル=100円が1ドル=110円になった時、
「円安」になったと言います。

なぜなら、
今までよりも10円多く払わないと、
同じ1ドルを購入できないから
です。

つまり、
円を余計に払わなければいけないほど、
円の価値が下がったということですね。

 

何となく理解できたでしょうか?

 

ここで大事なポイントは、
値段が高いとか安いで考えるのではなく、
お金の価値が高いか低いかで考える
ということです。

 

お金というのは、
多ければ多いほど価値は下がり、
少なければ少ないほど価値は上がります。

 

分かりやすい例だと、
1億円を持っているAさんの1万円と、
2万円しか持っていないBさんの1万円では、
価値が違いますよね?

Aさんにとっての1万円は価値は低いですが、
Bさんにとっての1万円は命と同じくらい
価値が高いものです。

 

つまり、
お金というのは持っている量によって
価値が上下するものなのです。

 

話を戻しますと、
日本国内でも「円」の量が
増えたり減ったりします。

「円」の量は、
日本銀行の政策や海外の事件など、
色々な要因によって増減するからです。

 

したがって、
もしも「円」の量がとても少なくなった場合、
「1ドル=50円」などの超円高になる可能性もありえます。

この場合、
「円」の価値がものすごく高くなった
ということですね。

このように、
円の量とお金の価値に注目することが、
円安と円高を覚える大事なポイントとなるのです。

 

まとめると、

円高」=1ドル100円→1ドル90円。円の量が減ると起こる。

円安」=1ドル100円→1ドル110円。円の量が増えると起こる。

となります。

スポンサーリンク

円高と円安はどっちがいいの?

円高 円安 どっち メリット・デメリット

 

円高と円安は日本にとって
どっちがいいのでしょうか?

これは、会社によって異なります。

 

まず、
輸出をメインにしている企業は、
円安」の方が良い
です。

例えば、
日本から海外に自動車を輸出している企業などですね。

 

日本の自動車を海外の人へ売る場合、
ドルで支払いを受けます。

そのドルを日本の社員に給料として払う場合、
当然、その前に円と交換する必要が出てきますよね。

この場合、
1ドル=100円よりも1ドル=110円のほうが
社員に多くの給料を払うことができるでしょう。

これは企業にとって大きなメリットです。

 

厳密に言うと、
多く手に入れた円(利益)によって、
その分の自動車の価格を下げたりします。

すると、車が売れやすくなるので、
さらに利益が出やすくなるということですね。

このように、「円安」というのは
輸出がメインの企業には追い風となるわけです。

 

逆に、
輸入をメインにしている企業は、
円高」の方が良い
です。

例えば、
海外から日本に食料を輸入している企業ですね。

 

日本の飲食店は、
海外から様々な食料を購入しています。

この場合、
1ドル=100円よりも1ドル=90円のほうが、
多くの食料を安く購入することができます。

 

また、これらの企業は
電気代や運送代をまかなうために、
大量の原油を輸入しています。

原油は海外からしか買えません。

そのため、
値段が安いというのは
輸入企業にとって大きなコスト削減になるのです。

 

まとめると、

輸出がメインの企業」⇒「円安」が良い。

輸入がメインの企業」⇒「円高」が良い。

となります。

スポンサーリンク

円高と円安の基準

円高 円安 基準

 

「円高」と「円安」には、
何か基準があるのでしょうか?

 

例えば、
「〇〇円以上になれば、円安」のように
はっきりした基準があれば分かりやすいですよね?

結論から言うと、
明確な基準はありません。

 

冒頭でも説明した通り、
「為替(かわせ)」というのは毎日変動しています。

したがって、ニュースなどでは

  • 昨日に比べて〇〇円だけ円安になりました。
  • 去年と比べて円高になりました。
  • 7日ぶりに円安で取引を終えました。

のように色々な言い方をするのです。

 

昨日に比べれば「円安」だけど、
おとといに比べれば「円高」などのケースは
しょっちゅうあります。

つまり、
比較するものが何なのかによって変わってくる
ということですね。

 

ちなみに、1960年代までは
「固定相場制」といって「1ドル=360円
と固定されていた時期もありました。

 

しかし、
現在は「変動相場制」となり、
自由に価格が決められるようになっています。

その結果、
売りたい人と買いたい人が自由に売買する市場
となっているのです。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

円高」=1ドル100円⇒1ドル90円。円の量が減ると起こる。輸入企業に有利。

円安」=1ドル100円⇒1ドル110円。円の量が増えると起こる。輸出企業に有利

ということでしたね。

 

この記事をきっかけに、ニュースの内容が
少しでも理解できるようになれば幸いです。

今回は以上です!

スポンサーリンク