この記事の読了目安: 358

称賛 礼賛 絶賛 違い

 

相手の人を褒めることを、「称賛」もしくは「絶賛」と言います。さらに、場合によっては「礼賛」と言ったりもします。

これらの言葉はどう使い分ければいいのでしょうか?本記事では「称賛」と「絶賛」の違い、さらに「礼賛」についても解説しました。

スポンサーリンク

称賛の意味

 

まずは、「称賛」の意味からです。

【称賛/賞賛(しょうさん)】

ほめたたえること。賞賛。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

称賛」とは「ほめたたえること」を意味します。

「称賛」は、日常的なシーンから改まったシーンまで幅広く使うことができます。主な使い方としては、以下の通りです。

  • 上司が部下を称賛する。
  • 監督が選手を称賛する。
  • 総理が大臣を称賛する。

上記全てが「ほめる」という意味です。単に「ほめる」という言い方だと、フランクすぎる印象を与える場合があります。

例えば、「監督」や「総理」というのは、おごそかで権力のある役職です。したがって、このような人が主語になる場合は、「ほめる」ではなく「称賛」を使うのです。

「ほめる」という言い方は、どちらかというと「子供をほめる」「友達をほめる」などのようにくだけた場面で使うことが多いです。

スポンサーリンク

絶賛の意味

 

続いて、「絶賛」の意味です。

【絶賛(ぜっさん)】

絶大な賛美。また、この上なくほめること。

出典:三省堂 大辞林

絶賛」とは「この上なくほめること」を意味します。つまり、普通にほめるのではなく、「ものすごくほめること」を表した言葉となります。

主な使い方としては、以下の通りです。

  • 監督は選手のプレイを絶賛した。
  • 多くの人から絶賛された映画だ。

「絶賛」も同様に様々なシーンで使うことができます。したがって、目上の人に限らず子供や学生などが主語になることもあります。

また、場合によっては前に「大」をつけて「大絶賛」という言い方もします。例えば、「彼女の演奏は大絶賛の嵐だった」のような使い方です。

スポンサーリンク

礼賛の意味

 

最後に、「礼賛」の意味です。

【礼賛(らいさん)】

ほめたたえること。ほめ尊ぶこと。

②仏を拝み、その功徳をほめたたえること。

出典:三省堂 大辞林

礼賛」とは「ほめたたえること・ほめ尊ぶこと」という意味です。

「礼賛」は、ただほめるだけではなく相手を尊敬するような場合に使います。例えば、過去に普通の人ではなし得なかった大偉業を達成した人に対して、「偉大な功績を礼賛する」などと言います。

元々この言葉は、仏教の用語からきました。「礼」という字は、「礼儀」「お礼」などがあるように「敬う」という意味があります。したがって、「相手をほめつつ尊敬する」という意味で「礼賛」と言うわけです。

なお、「礼賛」は場合によっては「感謝する・ありがたく思う」などの意味で使うこともあります。できればこの事も頭に入れておくとよいです。

スポンサーリンク

称賛・絶賛・礼賛の違い

 

ここまでの内容を整理すると、

称賛」=ほめたたえること。

絶賛」=この上なくほめること。

礼賛」=ほめたたえる・ほめ尊ぶこと。

ということでした。

つまり、三者の違いは「ほめる程度」ということになります。

「称賛」は普通にほめる場合に使い、「絶賛」は格別にほめる場合に使います。そして、最後の「礼賛」は、相手を尊敬する程ほめる場合に使うのです。

したがって、それぞれのほめる大きさを記号で表すと、礼賛」>「絶賛」>「称賛ということになります。

一般的には、「称賛」と「絶賛」を使うことがほとんどです。対して、「礼賛」を使う場面というのはそれほど多いものではありません。その理由は、「礼賛」は心の底から相手を尊敬するような時にしか使わないためです。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を例文で紹介しておきます。

 

【称賛の使い方】

  1. 彼の毎日の努力は称賛されるべきである。
  2. 仕事のできる新入社員なので、上司から称賛されている。
  3. 称賛」と「非難」は、紙一重とも言われている。
  4. 彼の活躍は海外メディアから連日称賛された。

【絶賛の使い方】

  1. 監督は彼女の巧みな演技を絶賛した。
  2. 彼の作品は多くの作家から絶賛されている。
  3. 一流の料理人が絶賛したメニューがこちらだ。
  4. そこまで絶賛するほどすごい選手ではない。

【礼賛の使い方】

  1. 彼が残してきた偉業は、礼賛に値する。
  2. イチローの記録達成は礼賛すべき偉業である。
  3. 毎日健康でいられることに礼賛する。

 

まとめ

 

以上、本記事のまとめとなります。

称賛」=ほめたたえること。

絶賛」=この上なくほめること。

礼賛」=ほめたたえる・ほめ尊ぶこと。

使い分け」⇒「称賛」は普通にほめる場合に使い、「絶賛」は格別にほめる場合に使う。「礼賛」は、相手を尊敬する程ほめる場合に使う。

いずれの言葉も、相手をほめる行為を表したものです。ほめる程度の大きさとしては、「礼賛」>「絶賛」>「称賛」だと覚えておきましょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)