この記事の所要時間: 543

伝統 文化 違い 伝承 意味 

伝統」と「文化

どちらも日本の習慣を表す時に
使う言葉ですよね?

さらに、似たような言葉で
伝承」も使われているようです。

 

日本人としてよく使うこれらの言葉。

一体どう使い分ければよいのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

伝統の意味

 

まずは、
「伝統」の意味です。

【伝統(でんとう)】

ある集団・社会において、歴史的に形成・蓄積され、世代をこえて受け継がれた精神的・文化的遺産や慣習。

出典:三省堂 大辞林

伝統」とは、簡単に言うと
世代を超えて歴史的に形成されたもの
だと思ってください。

 

例えば、
「伝統ある和菓子屋」であれば、

  • 100年もの歴史があるお店
  • 祖父の代から経営しているお店

といった意味になります。

 

このように、
古くから時間をかけて作られ、脈々と受け継がれていくもの
「伝統」と言うわけです。

 

ポイントは、
歴史的に長い」という点ですね。

「伝統」は、国や地域・お店など
様々な対象に使うことができます。

しかし、いずれも共通しているのは、
「古くから受け継がれて行われている」
という点なのです。

文化の意味

 

続いて、
「文化」の意味です。

【文化(ぶんか)】

学問・芸術・宗教・道徳など、主として精神的活動から生み出されたもの。

出典:三省堂 大辞林

文化」とは、簡単に言うと
人間が作り出した精神的なものすべて
だと思ってください。

 

上記の例だと、
学問や芸術・宗教・道徳などは
いずれも具体的な形がありませんよね?

このように、
目に見えない精神的な創作物
「文化」と呼ぶわけです。

 

「ポイント」は、
文化は精神的活動によって生み出される
という点ですね。

 

世の中には、
形のないものは他にたくさんあります。

科学・哲学・音楽・占い

ところが、これらの言葉は
大昔から存在していたわけではありません。

 

歴史的に見ても、
人間は頭の中で考えることにより、
様々なものを作り出してきました

そして、思考があったからこそ、
人類は発展してきたとも言えます。

この思考こそが、
「文化そのもの」と言えるわけですね。

スポンサーリンク

伝統と文化の違い

伝統 文化 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

伝統」=世代を超えて歴史的に形成されたもの。

文化」=人間が作り出した精神的なものすべて。

ということでした。

 

両者の違いを一言で言うと、
文化の中に伝統が含まれる」となります。

イメージ的には、
「文化」という大枠の中に
「伝統」が入る感じですね。

 

分かりやすい例で説明してみましょう。

 

私たち日本人は
家に上がる時にくつを脱ぎますよね?

これは、
伝統でもあり文化でもあります。

なぜなら、世代を超えて
ずっと守られているルールだからです。

「和」というしきたりは、
まさに日本人が生み出した精神的なものですよね。

 

一方で、
「SNSの普及」はどうでしょうか?

 

最近では、
ツイッターやフェイスブックなどが
当たり前のように使われるようになりました。

実はこれらは、
伝統ではなく単なる文化なのです。

SNSは世代を超えるどころか、
ここ数十年の話ですからね。

 

つまり、
文化の中には伝統があるものもあれば、
伝統がないものもある
わけです。

 

文化は、最初に
ある特定の地域や集団で生まれます。

そして、「文化」の中でも特に
「次世代へと引き継がれたもの」が
「伝統」となるのです。

伝承の意味

 

似たような言葉で、
「伝承」があります。

「伝承」の意味も確認しておきましょう。

【伝承(でんしょう)】

①(古くからの言い伝え・風習などを)受けついで伝えて行くこと。また、その事柄。

伝えきくこと。

出典:三省堂 大辞林

伝承」とは、
古くからの風習を受け継ぎ、伝えていくこと
を言います。

 

まず、大事な点として
伝承は民俗学的な意味を持つ
ということは押さえておきましょう。

 

民俗学」の意味は、
以下の記事を参照してください。

>>民俗学と民族学の違いとは?意味を簡単に解説

 

実は「伝承」は、
英語だと「folklore」とも言います。

「folklore」とは、
庶民の間で伝わっている文化のこと」です。

例えば、
「村で行われる祭事のしきたり」などですね。

 

一方で、「伝統」は
歌舞伎や茶道・日本舞踊など
国の一つとしての文化を指すことが多い
です。

つまり、同じ伝えていくものでも
「伝承」と「伝統」では
文化の種類が微妙に異なるわけですね。

 

また、漢字の補足をしておくと、

「伝承」の「」は「伝える」

」も同じく「引き継ぐ・伝える」
という意味があります。

すわなち、「伝承」はただ伝えるだけでなく
強い意思を持って次世代へ伝える
という意味がこめられているわけです。

 

民間伝承などは、まさに
子供に対して強い意思を持って伝えた文化
と言えるでしょう。

 

もちろん、
「伝統」にも「後世へ伝える」という意味はありますが、
「伝統」は人々の意思に関係なく自然に残ったものも含まれます。

こういった点でも、
「伝承」と「伝統」は異なるわけですね。

 

ちなみに、「伝承」には
伝えていく事柄」という名詞的な意味もあります。

ですので、
「伝承も文化の一部」と考えてください。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では、最後にそれぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【伝統の使い方】

  1. ベーゴマは日本の伝統的な遊びの一つである。
  2. 占いは、中国の伝統によって脈々と受け継がれてきた。
  3. そろばんを使う伝統は、現代では失われつつある。
  4. 伝統的な建築技術によって、建てられた家だ。
  5. 伝統を守るためにも、森林伐採は減らしたい。

 

【文化の使い方】

  1. 漫画やアニメは日本を代表する文化の一つだ。
  2. 戦後に欧米の食文化が入ってきたので、肉料理が増えた。
  3. 東西文化の交流により、経済を発展させていこう。
  4. ダイイングテーブルで食事をするのは、日本の文化となった。
  5. 「着物を着る」という文化は、現在でも残りつつある。

 

【伝承の使い方】

  1. 民間伝承により、神社の祝詞を伝えていく。
  2. 昔の人は文献などの書物ではなく、伝承に頼っていた。
  3. 伝承や神話を元に、先住民の舞踊を再現する。
  4. 名前の由来は、各部族の伝承によるものだった。

 

すでに説明した通り、
「伝統と文化は意味が重なる部分もある」
ということでしたね。

「伝統文化」という言葉もあるように、
両者は同じような使い方をすることもあります。

したがって、
「必ずしも違いが表れるわけではない」
ということも頭に入れておきましょう。

関連:>>文化と文明の違いとは?意味をわかりやすく解説

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容を簡単にまとめると

伝統」=世代を超えて歴史的に形成されたもの。

文化」=人間が作り出した精神的なものすべて。

伝承」=古くからある庶民の文化を、伝えること。

ということでした。

 

違いとしては、

文化の中に、伝統伝承が含まれる

伝承は強い意思を持って伝えていく

と覚えておきましょう。

では、今回は以上です!

スポンサーリンク