この記事の読了目安: 82

生物の多様性とは何か 現代文 福岡伸一 学習の手引き 教科書 意味調べ

 

『生物の多様性とは何か』は、福岡伸一氏による評論文です。教科書・現代の国語にも収録されています。

ただ、本文を読むと筆者の主張が分かりにくいと感じる部分もあります。そこで今回は、本作のあらすじや要約、語句の意味などを含めわかりやすく解説しました。

『生物の多様性とは何か』のあらすじ

 

本文は、内容により3つの段落に分けることができます。ここでは、各段落ごとのあらすじを簡単に紹介していきます。

あらすじ

①私は蝶を飼育することで、虫たちが自らの食べ物を限定していることを学んだ。それは限りある資源を巡って、異なる種どうしが無益な争いを避けるために、生態系が作り出したバランスである。そのバランスを維持しているのは、個々の生命体の活動そのものなのだ。

②この世界には、秩序あるものに対して等しく破壊しようとする力が降り注ぐ、エントロピー増大の法則がある。エントロピー増大の法則を防ぐために、物は頑丈に作られている。生命はこの工学的な発想とは全く別で、わざと仕組みを柔らかく作る方法を採用した。生命は自らをあえて壊し、壊しながら作り直し、エントロピー増大の法則により破壊されることに先回りし、何とかその恒常性を保つようになったのだ。では、なぜ生命は壊されながらも一定の恒常性を保ちうるのか。それは、その仕組みを構成する要素が非常に大きな数から成り、多様性に満ちているからだ。動的平衡においては、相互依存的、相互補完的であるからこそ、大きくバランスを失することがないのだ。

③生物は地球環境というネットワークの結節点に位置している。その結び目が多いほど、ネットワークは強靭で柔軟、可変的で回復力を持つものとなる。地球環境という動的平衡を維持するためにこそ、生物の多様性が必要なのだ。生物の多様性は、動的平衡の強靭さ、回復力の大きさを支える根拠なのだ。だが、地球環境はしなやかであるものの、薄氷の上に成り立っている。全ての生物は分際を守っているのに、ヒトだけが分際を逸脱している。今、私たちが考えなければならないのは、生命観と環境観のパラダイム・シフトなのである。

『生物の多様性とは何か』の要約&本文解説

 

200字要約生命が絶えず壊されながらも一定の秩序や恒常性、平衡状態を保てるのは、その仕組みを構成する要素が非常に大きな数からなり、多様性に満ちているからだ。生物の多様性は、動的平衡の強靭さ、回復力の大きさを支える根拠となっているのだ。だが、全ての生物が自らの分際を守っている一方で、ヒトだけが分際を逸脱し、連鎖と平衡をかく乱している。今、私たちヒトは生命観と環境観のパラダイム・シフトを考えなければならない。(198文字)

私たちが住むこの宇宙では、「エントロピー増大の法則」に逆らうことができません。「エントロピー増大の法則」とは、整っているものには、等しくそれを破壊しようとする力が降り注ぐ、という法則のことです。

例えば、形あるものが壊れたり、熱ある物が冷めたり、輝くものが色あせたりといったことです。私たちが、道路や橋、建物などを頑丈に作るのも、この法則によって物が破壊されるのを防ぐためです。

一方で、生命の時間は何万年、何億年と物よりもはるかに長いですから、生命はわざと自らの仕組みを柔らかくし、緩く作るようにしました。そして、エントロピー増大の法則に先回りし、自らをあえて壊し、壊しながら作り直すことで、恒常性を保つようになりました。

つまり、生物はエントロピー増大の法則にさらされながらも、動きながら、変化しながら、バランスをとって生き延びてきたということです。

では、なぜ生物は自らを壊しているのに、一定のバランスを保てているのか?という疑問ですが、そこで必要になってくるのが「生物の多様性」です。

一つ一つの生物は不安定で恒常性とは程遠いものだとしても、そこに多様性があれば全体としてバランスを保つことができます。また、お互いに頼り合い、(相互依存)、お互いに欠点を補い合うことで(相互補完)、全体としてシステムを保つことができます。

つまり、一つ一つの生物に多様性があるからこそ、生物は全体として一定のバランスを保てているということです。

さらに筆者は、「地球環境という動的平衡を保持するためにこそ、生物多様性が必要なのだ」とも述べています。

動的平衡」とは「動きながら(変化しながら)、バランスをとっていること」という意味です。

私たち生物は、変化をせずに止まった状況では生き延びていくことはできません。どうしても動きながら変化しながら、バランスをとっていく必要があります。

地球上に生物が存在し続けるためにはこの動的平衡が必要であり、動的平衡を保持するためには「生物の多様性」が必要ということです。

最終的に筆者は、人間以外の動物は、分際(身の程)をわきまえているが、人間だけは分際を忘れて逸脱していると述べています。したがって、私たちは生命観と環境観のパラダイム・シフトを考えなければならないと結論付けています。

これはつまり、私たちは今までの生命や環境に対する考え方を改めて、自分たちの思考の枠組み・考え方を根本的に変える必要があるということです。

『生物の多様性とは何か』の意味調べノート

 

【所狭しと(ところせましと) 】⇒場所が狭く感じられるさま。

【かたくな】⇒融通のきかぬさま。頑固であるさま。

【無益(むえき)】⇒役に立たないこと。利益のないこと。

【他ならぬ(ほかならぬ)】⇒それ以外のものでは決してない。

【黙々(もくもく)】⇒黙って一つの事をし続けるさま。

【排泄(はいせつ)】⇒生物が不要な物質を体外に出すこと。

【結節点(けっせつてん)】⇒つなぎ合わされた部分。ここでは、生物同士が何かと何かを結ぶ場所を表す。

【循環(じゅんかん)】⇒ひとまわりして、また元へ戻ることを繰りかえすこと。

【動的平衡(どうてきへいこう)】⇒動きながら(変化しながら)、バランスをとっていること。

【担保(たんぽ)】⇒保証すること。

【保全(ほぜん)】⇒保護して安全にすること。

【消長(しょうちょう)】⇒勢いが衰えたり盛んになったりすること。

【恒常性(こうじょうせい)】⇒時間が経っても一定の状態が保たれている性質。

【秩序(ちつじょ)】⇒整った状態。整然とまとまっている状態

【色あせる(いろあせる)】⇒色が薄くなる。美しさなどがなくなる。

【凌駕(りょうが)】⇒他をしのいでその上に出ること。

【蓄積(ちくせき)】⇒たくさんたくわえること。

【律する(りっする)】⇒一定の規範を設けて統制・管理する。

【相互依存(そうごいぞん)】⇒お互いが依存し合っていること。「依存」とは「他に頼って存在すること」という意味。

【相互補完(そうごほかん)】⇒お互いが補完し合っていること。「補完」とは足りない部分を補い、完全なものにすること。

【ミクロ】⇒極めて小さいこと。微小。

【駆動(くどう)】⇒動力を与えて動かすこと。

【サステナブル】⇒持続可能であるさま。

【多岐(たき)】⇒物事が多方面に分かれていること。

【強靭(きょうじん)】⇒しなやかで強いこと。

【可変的(かへんてき)】⇒変わることができるさま。

【殲滅(せんめつ)】⇒滅ぼしつくすこと。

【食物連鎖(しょくもつれんさ)】⇒生物が互いに食う・食われるの関係によって、連鎖的につながっていること。

【精妙(せいみょう)】⇒極めて細かく巧みであるさま。

【共生(きょうせい)】⇒共に生きること。

【共進化(きょうしんか)】⇒共に進化すること。

【漠然(ばくぜん)】⇒ぼんやりとして、はっきりしないさま。

【局所的(きょくしょてき)】⇒全体の中で限られた部分であるさま。

【典型的(てんけいてき)】⇒その類の特徴・性質をよく現しているさま。

【エゴ】⇒自分の利益を中心に考えて、他人の利益は考えない考え。「エゴイズム」の略。

【理念(りねん)】⇒ある物事についての、こうあるべきだという根本的な考え。

【薄氷(はくひょう)】⇒薄く張った氷。

【分際(ぶんざい)】⇒身分・地位の程度。身の程。

【逸脱(いつだつ)】⇒決められた枠から外れること。本筋から外れること。

【かく乱(かくらん)】⇒かき乱すこと。

【占有(せんゆう)】⇒自分の所有とすること。

【パラダイム・シフト】⇒古いパラダイムから新しいパラダイムへ変化すること。「パラダイム」とは「ある時代における広く共有された考え方」、「シフト」とは「変わること・移行すること」という意味。

『生物の多様性とは何か』のテスト対策問題

 

問題1

次の傍線部の仮名を漢字に直しなさい。

①昆虫をサイシュウする。

ムエキな争いをしない。

③血液がジュンカンする。

クドウする機関車。

ハクヒョウの上に成り立つ。

レンサ反応を起こす。

解答①採集 ②無益 ③循環 ④駆動 ⑤薄氷 ⑥連鎖
問題2「なぜ常に動的なものに、ある種のバランス、恒常性が保たれうるのか。」とあるが、その理由を筆者はどのように述べているか?100文字以内で答えなさい。
解答例秩序あるものを破壊しようとするエントロピー増大の法則に対し、仕組みを柔らかく、緩く作り、破壊される前に自らを壊しつつ作り直すという動きを常に行えば、蓄積するエントロピーを捨てることができるから。(97文字)
問題3「地球環境という動的平衡を保持するためにこそ生物多様性が必要なのだ。」とあるが、なぜか?100文字以内で答えなさい。
解答例地球環境はさまざまな元素から成り立っている動的ネットワークだが、その結節点に位置して循環を駆動するのが生物であり、生物が多様であればそのネットワークは強靭で柔軟、可変的で回復力を持つものとなるから。(99文字)
問題4

次の内、本文の内容を表したものとして適切でないものを選びなさい。

(ア)ニッチとは、本来は隙間を表す意味ではなく、全ての生物が守っている自分のための僅かな窪み=生態学的地位のことである。

(イ)エントロピー増大の法則による破壊に先回りし、生物は自らをあえて壊し、壊しながら作り直すことで、揺らぎながらもその恒常性を保つことができた。

(ウ)生態系における生命は、互いに食う・食われるの弱肉強食の関係にあり、どちらかが一方的に殲滅されるということはない。

(エ)人間の効率思考により、生物の多様性が局所的に失われたとしても、動的平衡に決定的な綻びがもたらされるようなことはない。

解答例(エ)「多様性が局所的に失われると、それは動的平衡に決定的な綻びをもたらす。」と本文中にはある。

まとめ

 

以上、今回は『生物の多様性とは何か』について解説しました。ぜひ定期テストの対策として頂ければと思います。

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・宅地建物取引士など。