この記事の読了目安: 65

現代日本の開化 解説 要約 わかりやすく 定期テスト対策 問題 授業

 

『現代日本の開化』は、夏目漱石による作品です。高校現代文の教科書にも載せられています。

ただ、本文を読むとその内容や主張などが分かりにくい箇所もあります。そこで今回は、『現代日本の開化』のあらすじや200字要約、学習の手引きなどを簡単に解説しました。

『現代日本の開化』のあらすじ

 

本文は、大きく分けて4つの段落から構成されています。ここでは、各段落ごとのあらすじを簡単に紹介していきます。

あらすじ

①西洋の開化は内発的であって、日本の現代の開化は外発的である。日本の開化は、今まで内発的に展開してきたのが、急に自己本位の能力を失って外から無理やり押されて、外発的に発展したものである。これにより、我々はやむをえず不自然な発展を余儀なくされることになった。

②本来、開化は内発的に進むものなので、外発的開化は人間の心理にも影響を及ぼす。人間の心理は、明と暗の変化を繰り返すことにより内発的に波のように進んでいくものである。だが、それは個人の意識に限らず、人間活力の発展の経路である開化においても本来、内発的に波動を描いて推移していくと考えられる。開化の推移は、内発的でなければ嘘である。

③日本の開化は、西洋の激しい潮流に押された状態にあるため、人々は空虚の感を抱き、どこかに不満と不安の念を抱かなければならない。現代日本の開化は内発的ではなく、外発的である。それなのに、あたかも内発的であるかのごとき顔をして得意でいるのはよろしくない。これは実体を伴わない皮相上滑りの開化である。

④皮相上滑りの開化は問題が多い。だからといって、ただ上滑りの開化をやめるのでは、西洋が長い間かけて築いた開化に追いつくために想像を絶する活力を要し、神経衰弱になってしまうだろう。できるだけ神経衰弱にかからない程度において、内発的に変化していくことが一つの解決策である。

『現代日本の開化』の要約解説

 

あわせて読みたい明治における日本の開化は、西洋の開化の強い力に無理押しされて起こった外発的なものである。本来、開化は内発的に進んでいくものなので、無理な力による外発的な開化では、日本人の心理に大きな影響を及ぼし、人々は空虚感や不満などを抱えることになる。現代日本の開化は外発的なのに、内発的であるような顔をするのはよくない。日本の将来のためには、神経衰弱にかからない程度に内発的に変化していくことが必要である。(197文字)

この作品は、明治44年(1911年)に夏目漱石が和歌山で行った講演を記録したものです。つまり、「書き言葉」ではなく「話し言葉」のテキストということになります。

当時の日本は、日清戦争そして日露戦争にも勝利し、言わば絶頂の時期です。ところが、今みたいにネットやSNSなどの情報網がない時代ですから、どうしても世界の中の日本は見えてきません。

そんな状況の中で、漱石は自身がロンドンへ留学した経験をもとに、現在の日本、そしてこれからの日本について述べた内容となっています。

ポイントとしては、江戸時代から明治の近代国家への移行において、漱石が日本の開化をどのように捉えていたかを読み取ることです。この作品が書かれた当時と今では、当然、時代背景が大きく異なるため、当時の日本がどのような状況にあったかということを考えることも重要となります。

『現代日本の開化』のテスト対策問題

 

問題0

次の傍線部の仮名を漢字に直しなさい。

①必要な条件をグビしている。

②残りワズかな食糧を惜しむ。

③もう少しのシンボウである。

コウバイがきつい坂道だ。

⑤実験で魚をカイボウする。

ナンギな話をもちこむ。

ミレンが残る結果となった。

キョギの申し立ては許されない。

⑨米をハッコウさせてお酒を作る。

シンキな趣向に目をみはる。

ゴヘイが生じるような発言。

⑫難民のキュウジョウを見かねて支援する。

解答①具備 ②僅 ③辛抱 ④勾配 ⑤解剖 ⑥難儀 ⑦未練 ⑧虚偽 ⑨発酵 ⑩新奇 ⑪語弊 ⑫窮状
問題1「西洋の開化・・・・は内発的であって、日本の現代の開化は外発的である」とあるが、「内発的」「外発的」とはどういうことか?
解答例

「内発的」⇒内から自然に生まれ出て、それが形になっていくことであり、自己本位の能力を有していること。

「外発的」⇒外からの強い力によって、ある種の形式をとることで、自己本位の能力を失っていること。

問題2「開化の推移はどうしても内発的でなければ嘘だ」とあるが、それはどのような「推論」によって説明されているか?
解答例個々人の意識は明瞭・不明瞭な状態を弓形の曲線のように絶え間なく繰り返す。多人数の意識や長時間の意識も同様な動きをする。このような弧線の連鎖で進むのが開化であるなら、その推移は内発的に次の波に移行するのでなくてはならない。
補足

筆者は第二段落で「開化の推移」を「意識作用」にたとえて説明している。この段落では、次の順で「推論」が展開されている。

①心理学における意識作用の原理を紹介⇒②多人数・長時間における意識作用への推論。⇒③「開化」と「意識」との相関。

問題3

次の表現は、それぞれどのようなことを述べているか?

①天狗にさらわれた男のように無我夢中で飛びついていく

②食客をして気兼ねをしているような気持ち。

③子どもが背に負われて大人と一緒に歩くようなまね

解答例

①突然の西洋の開化に、自国の開化の拠って立つべき足場を失いながらも、必死で西洋の開化についていこうとすること。

②西洋の開化に便乗して国家の体裁を保たなければならないという肩身の狭い思い。

③地道に内発的な開化を推し進めることができず、ただ西洋の開化を取り入れて水準を保とうとすること。

補足

①「天狗」は西洋の圧倒的に進んだ開化を表し、「さらわれた男」は内発的な開化を進めてきた日本が突然自己本位の能力を失ったことを表す。「無我夢中で飛びついていく」は、選択の余地なく日本が外発的に開化せざるを得ない様子をたとえたもの。

②「食客」は本来、「他人の家に居着いて食わせてもらっている人」を意味するが、ここでは西洋の開化をそのまま使っている日本の開化の状態を表した表現。内心では負い目を感じて、居心地の悪い様子をたとえたもの。

③「子ども」は日本の開化の現状を表し、「大人」は西洋の開化を表す。「背に負われて」「一緒に歩くようなまね」から、西洋に頼りきっているのに自力で歩いているかのように錯覚している日本の状態をたとえたもの。

問題4筆者が「きわめて悲観的の結論」に至ったのはなぜか?
解答例日本は開国以来、西洋の開化を外発的なものとして皮相的に受け入れたため、内発的な開化ができずに上滑りを続けている。この状況を回避する合理的な解決策は見当たらず、国家の存続には西洋の開化を上滑りしながらも追いかけなければいけないから。
補足この前の文を読むと、「その上に、今言った現代日本が~どうすることもできない」とある。つまり、ここで言う「悲観的」とは、現代日本の開化が内発的なものでないために、西洋の開化を皮相的に受け入れざるを得ず、それを拒めば神経衰弱になってしまいどうにもならない様子ということ。
問題5「苦い事実を臆面なく・・・・悪いところは大目に見ていただきたいのであります。」から、筆者のどのような思いが読み取れるか?
解答例聴衆に対して、挑発的とも言えるような皮肉な表現がある一方で、へりくだった言い回しの表現もある。それは、鬱屈した感情があるものの、事の重大さを考え、改めてほしいという筆者の真摯な思いである。当時の日本人が、日清戦争・日露戦争に勝利し自信過剰になっている状況を警告し、開化の現実は西洋の開化の上滑りであり、遅々として進んでいない窮状にあることの理解を聴衆に求める思いが読み取れる。

まとめ

 

以上、今回は『現代日本の開化』について解説しました。ぜひノート代わりにして頂ければと思います。なお、本文中の漢字や重要語句については以下の記事でまとめています。

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・宅地建物取引士など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)