この記事の読了時間: 530

措置 処置 違い 意味 使い分け

 

今回は
措置」と「処置
の違いを解説していきます。

 

措置を講じる」

処置を行う」

どちらも同じような言葉なため、
非常にややこしいと思います。

さらに、両者は法律の条文にも
使われているようです。

 

一体どう使い分ければよいのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

措置の意味

 

まずは、
「措置」の意味です。

【措置(そち)】

事態に応じて必要な手続きをとること。取り計らって始末をつけること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

措置」とは、
必要な手続きにより、物事を始末すること」を言います。

「始末」には、
「始めから最後まで」という意味があります。

つまり、
始めから最後まで手続きを行うこと」を
措置」と言うわけですね。

 

例えば、
以下のような使い方をします。

「名誉棄損をされたので、法的な措置を取る。」

この場合は、
「法律によって訴えて、裁判まで行う」
という一連の手続きのことだと考えて下さい。

 

また、「事前に対処する
という意味で使うこともあります。

「防犯対策の措置をとる。」

この場合は、
「犯罪が起きないように事前に対策を行う」
という意味です。

前もって行うことも
一連の物事への対応に含まれるということですね。

処置の意味

 

続いて、
「処置」の意味です。

【処置(しょち)】

状況などを勘案して扱いを決めること。また、その扱い。

けがや病気の治療・手当てをすること。

出典:三省堂 大辞林

処置」には、2つ意味があります。

 

1つ目は、
その場の状況を考えて扱いを決めること
という意味です。

この場合は、以下のように使います。

「お客の急なキャンセルに対し、早急に処置する」

つまり、
急なキャンセルという状況に対して、
何らかの対策をするということですね。

 

2つ目は、
傷や病気の手当てをすること」という意味です。

「けが人に対して、応急処置をとる」

この意味の場合は、
普段から使われているので大丈夫でしょう。

スポンサーリンク

措置と処置の違い

措置 処置 違い 使い分け

 

ここまでの内容を整理すると、

措置」=必要な手続きにより、物事を始末すること。

処置」=その場の状況を考えて扱いを決めること。傷や病気の手当てをすること。

ということでした。

 

両者の違いを
2つの点から比較したいと思います。

 

1つ目は、
物事を完結させるかどうか」です。

 

「措置」は、
全体の経過を重視する言葉です。

したがって、基本的には、
物事を最後まで完結させるのです。

 

一方で、「処置」は、
個々の結果を重視する言葉です。

よって、「処置」の方は、
必ずしも完結を必要としないのです。

 

例えば、
「熱中症で倒れた人への対処法」で比較してみましょう。

 

「処置」は、
水を飲ませたり日影で休ませたりと、
その場の状況の中でできることをします。

一方で、「措置」は、
「病院に連れて行って点滴を打った後、ベッドにつかす」
のように、その人をちゃんと回復させるまで行うのです。

 

何となくイメージできたでしょうか?

 

整理すると、

措置」⇒対処して完結させる

処置」⇒対処するが、必ずしも完結を必要としない

ということですね。

 

2つ目は、
事前に対処するかどうか」です。

 

「措置」は、
事前に対処するという意味でも使います。

一方で、「処置」は、
事前よりも事後に対処する場合に使うのです。

 

例えば、
事前措置」という言葉があります。

これは、
「前もって何かに対処する」という意味ですが、
逆に「事前処置」という言葉は存在しません。

「処置」は、事前に対処するというよりも、
起こってしまったことへの対応
という意味が強いのです。

スポンサーリンク

法律上の使い分け

 

「措置」と「処置」は、
法律用語としても使われています。

法律の場合の意味も押さえておきましょう。

 

まずは、
措置」が含まれる条文です。

職員は、俸給、給料その他あらゆる勤務条件に関し、人事院に対して(中略)適当な行政上の措置が行われることを要求することができる。(国家公務員法第86条)

この場合は、簡単に言うと
手続き」という意味ですね。

 

続いて、
処置」が含まれる条文です。

陪席裁判官は裁判長に告けて前項に規定する処置を為すことを得る。(民事訴訟法第127条2項)

「前項」とは、
「当事者に対して問いかけて、立証を促す行為のこと」です。

この場合の「処置」は、
法令を適用する一連の行為」として用いられています。

 

そして、両方が
含まれている条文もあります。

公安委員会は他の公の機関に対し、その後の処置について必要と認める協力を求めるため適当な措置をとらなければならない。(警察官職務執行法第4条二項)

この場合は、
処置を行うために事前に措置が必要
という意味だと考えて下さい。

別の言い方だと、
「措置によって処置を行うことができる」
と言ってもよいでしょう。

 

このように比較すると、

処置」は個々の扱いについて使い、
措置」はそれを可能にする全体の手続きに使う。

という結論が出せます。

関連記事:>>状況と状態の違いとは?意味や使い分けも

関連記事:>>永久と永遠の違いとは?意味や使い分けも

 

補足すると、
法令名は「処置」よりも
「措置」を使うことが多いです。

例えば、
「〇〇措置法」のような名称です。

これは、
「措置」が「処置」を含めた全体の手続き
という意味だからですね。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では、最後にそれぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【措置の使い方】

  1. 借金を返してくれなかったので、法的措置をとった。
  2. 税金の優遇措置を受けたため、支払うお金が減った。
  3. 防犯対策のための措置を講じるようにしてください。
  4. 事故が起きないように事前に措置をとる。

 

【処置の使い方】

  1. 怪我をした生徒に対し、応急処置を行う。
  2. 熱中症で倒れた人への処置を行う。
  3. 事故現場に向かい、けが人の適切な処置を行った。
  4. 是正処置により、仕事の改善をはかった。

 

※「是正処置(ぜせいしょち)」とは
「ミスした原因を取り除いて再発を防止すること」
を言います。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

措置」=必要な手続きにより、物事を始末すること。

処置」=その場の状況を考えて扱いを決めること。傷や病気の手当てをすること。

両者の違いは、

措置」=完結させる。事前に対処する。

処置」=必ずしも完結しない。事前よりも事後。

処置」は個々の扱いについて使い、
措置」はそれを可能にする全体の手続きに使う。

ということでした。

 

ポイントは、
物事を完結させるかどうか」「事前に対処するかどうか

この2点を押さえることでしたね。

では、今回は以上となります。

スポンサーリンク