この記事の読了時間: 56

英断の意味とは 使い方 類語 対義語

 

英断を下す」

「彼の英断により~」

「英断」という言葉は、
政治やビジネスなどでよく使われていますね。

漢字だけを見ると、何だか
勇ましい雰囲気を感じるのではないでしょうか?

果たして本当にイメージ通りなのか気になる所です。

 

この記事では、
「英断」の意味・使い方・類語・反対語
などを解説していきたいと思います。

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

英断の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【英断(えいだん)】

思いきりよく物事をきめること。すぐれた決断。

出典:三省堂 大辞林

英断には、
2つ意味があります。

1つ目は、
思い切りよく物事を決める
という意味です。

【例】⇒社長は今後の会社のために英断を下した。

この場合は、簡単に言うと
「思い切った決断をした」ということですね。

 

具体的には、

  • 「大胆な人事異動を行う」
  • 「過去にない設備投資をする」
  • 「リストラを敢行する」

といったものです。

このように、
思い切りがよく、大胆な決断をする場合
「英断」を使うと考えて下さい。

 

そして2つ目は、
すぐれた決断」という意味です。

【例】⇒大臣の意思決定は、まさに英断だった。

この場合は、
「大臣の決定がすぐれていた」
ということですね。

 

2つ目の意味は、原則として
「よい判断」「すぐれた判断」など
ポジティブな使い方をすると考えて下さい。

 

整理すると、

英断」=①思い切りよく物事を決める。すぐれた決断。

となります。

 

①の場合は、
「英断を下す」「英断を下した」のように
現在完了形で使うことが多いです。

対して、②の場合は
「英断だった」「英断でした」
のように過去形で使うことが多いですね。

 

思い切りのよさ・大胆さなどは
判断を下した瞬間に分かるものです。

一方で、すぐれた決断かどうかは、
ある程度時間が経ってからでないと分かりません。

そのため、
両者の使い方に微妙な違いが出てくるのでしょう。

スポンサーリンク

英断の語源

 

「英断」という言葉は、
」と「」が合わさってできたものです。

「英」は、「くさかんむり(艹)」に
「美しさ」を表す「央」から成り立っています。

すわなち、
美しい花」を表しているわけですね。

 

ここから、
」=「(他よりも)すぐれている
という意味になるのです。

 

一方で、
」は「決断」「断定」などがあるように
決める・定める」という意味があります。

転じて、
何かの意思決定をする時に
使われているわけです。

 

まとめると、

英断」=「他よりもすぐれた決断

となります。

 

つまり、
「思い切りの良さ」などは
元々の意味に含まれていない
わけですね。

 

すぐれた判断というのは、
「結果的に大胆であった」ということが多いです。

したがって、
「大胆さ」は「元々の意味から派生したもの」
と考えるのが妥当でしょう。

英断の類語・反対語

英断 類語 対義語

 

「英断」の
「類語」は以下の通りです。

【決断(けつだん)】

事の是非を判断して決めること。

【決心(けっしん)】

ある物事をしようと心を決めること。

【裁断(さいだん)】

物事の善悪を判断して決めること。

【勇断(ゆうだん)】

勇気を出して決断すること。

【果断(かだん)】

思いきって物事を行うこと。決断力のあること。

「類語」は比較的多いですが、
全くの同義語はないという印象ですね。

 

大まかなイメージとしては、
英断は決断の中に含まれる語
と考えると分かりやすいのではないでしょうか?

つまり、
決断の中でも特にすぐれた判断や
大胆な判断を「英断」と言うわけですね。

 

逆に、「対義語」としては
愚断(ぐだん)」が挙げられます。

「愚断」とは、
愚(おろ)かな決断のこと」です。

 

「すぐれた決断」の「反対語」は、
「すぐれていない決断」を意味します。

したがって、
「賢くない」という意味で
「愚断」を使うわけですね。

 

また、「決断力に乏しい」という意味では、
不断(ふだん)」も使えます。

どちらの言葉も普段はあまり使いませんが、
覚えておいて損はないでしょう。

関連記事:>>英気と鋭気の違いとは?意味や使い分けも

英断の英語

 

続いて、
「英語訳」です。

「英断」は英語だと
次のように言います。

 

a wise decision(すぐれた決断)」

a decisive judgment(思い切った判断)」

 

「wise」は、「賢い・賢明な」

「decisive」には、
「決断力のある」という意味があります。

この2つに「決断」や「判断」を示す
「decision」「judgment」をつけるわけですね。

 

例文だと、

He must take a wise decision.
(彼はすぐれた決断をする必要がある。)

She made a decisive judgment for this matter.
(彼女はこの問題に対して、思い切った決断をした。)

などがあります。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では、「英断」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. トップの英断により、10名の命が失われずに済んだ。
  2. 指揮官の英断がなければ、この試合は負けていただろう。
  3. 今後の運命をかけた一世一代の英断を下した。
  4. 彼が下した英断は称賛に値します。心から感謝したいです。
  5. やることはやりました。後は、社長の英断を仰ぎましょう。
  6. 国交省は、道路の大規模工事を行う英断を下した。

 

「英断」は、
「2つの意味で使われる」
ということでした。

ただし、用例としては
すぐれた決断」という意味で使うことが多い
と考えて下さい。

 

すでに説明した通り、元々の語源は
「他よりもすぐれている」という意味です。

したがって、原語に忠実に従うならば、
こちらの意味で使う方が望ましいわけですね。

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容を簡単にまとめると

英断」=①思い切りよく物事を決める。すぐれた決断。

語源」=他よりもすぐれた決断。

使い方」⇒①は「現在完了形」②は「過去形」が多い。

ということでした。

 

ポイントは、
「語源と時系列を把握しておくこと」
だと言えるでしょう。

この記事をきっかけに、
ぜひ正しい使い方を覚えてくださいね。

今回は以上です!

スポンサーリンク