この記事の読了目安: 637

オリエンタリズムとは 意味 具体例 わかりやすく

 

オリエンタリズム」という言葉をご存知でしょうか?

実はこの言葉は、
現代文や世界史の用語としてよく出てきます。

特に「異文化」について書かれた文章では頻出です。

ところが、実際にはイメージが
つかみにくいと感じる人も多いようです。

そこで今回は、
そもそもオリエンタリズムとは何なのか
といったことをなるべく簡単に解説しました。

後半では、具体例や時代背景などにも触れています。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

オリエンタリズムの意味

 

まず、「オリエンタリズム」の意味を調べると、
次のように書かれています。

【オリエンタリズム】

オリエント世界(西アジア)へのあこがれに根ざす、西欧近代における文学・芸術上の風潮。東洋趣味。

東洋の言語・文学・宗教などを研究する学問。東洋学。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

オリエンタリズム」は、多くの辞書だと
東洋趣味」と書かれています。

東洋趣味」とは、
西洋の人たちが東洋の文化に対して
あこがれや好奇心を抱くことです。

しかし、
一般的にはこの意味で使われることはほとんどありません。

 

オリエンタリズム」は、
西洋人が自分の都合のいいように西洋以外を見る見方
という意味で使われることが多いです。

 

なぜこのような意味に変わってしまったのか、
順を追って説明していきます。

まず、「オリエンタリズム」は英語で「orientalism」と書き、
「orient」はラテン語の「oriens」に由来します。

「オリエンス(oriens)」とは、
太陽が昇る方角」という意味です。

つまり、「東側」ということですね。

このことから、「オリエント」は、
広い意味で「西洋以外の東側諸国全般」を指し、
狭い意味で「西アジアやエジプト」を指すと言われています。

 

ここで一つの疑問が浮かび上がります。

それは「西とか東は何を基準に決めているのか?」ということです。

考えてみれば、当たり前のことですよね。

私たちの国、「日本」はアジアの東ということで「極東」と呼ばれています。

また、アラビア半島やその周辺地域は
「中近東」と呼ばれています。

 

しかし、日本が極東にあるという基準は
誰が何によって決めたのでしょうか?

実は、これらの基準は
全てヨーロッパ人が決めたのです。

 

日本が「極東」と呼ばれるのは、
ヨーロッパから見て極めて東にあるからであり、

アラビア周辺国が「中近東」と呼ばれるのは、
ヨーロッパから見て近い東にあるからです。

つまり、
これらの言葉は「西洋中心主義」によって
作り出されたものだったわけですね。

西洋中心主義」とは、
ヨーロッパ文明が世界の中心である」とする考え方のことです。

そして、この考え方に異議を唱えたのが
パレスチナ出身の批評家である「サイード(1935年~2003年)」という人物です。

スポンサーリンク

サイードが唱えたオリエンタリズム

 

サイードは著書『オリエンタリズム』の中で、
西洋人のオリエント(東洋)に対する見方には、
「西洋中心主義」が色濃く反映されていると主張しました。

サイードによれば、西洋は東洋に対して、
文学や絵画などを通じて「受動性・非合理性・幼児性・停滞
といった負のイメージを押し付けたと言います。

そのことで、西洋の優位性を確認してきたと言うのです。

 

サイードが『オリエンタリズム』を発表してから、
「東洋趣味」という概念が実は植民地主義的な考え方だった
ということが世に広まりました。

実際に、西洋人は西洋と東洋を全く別の物とみなし、
前者を発達した文明、後者を未開の文明とみなしていたのも事実です。

「未開の文明」とは、要するに、
「遅れていて野蛮な文明」ということですね。

 

そして、西洋人は東洋文明を遅れていると考えることにより、
自分たちこそが世界の中心であるというアイデンティティを確立するようになりました。

関連:>>アイデンティティとは?意味や使い方をわかりやすく解説

こうした西洋による身勝手な東洋のイメージを、
サイードは「オリエンタリズム」と呼んだということです。

 

つまり、「オリエンタリズム」というのは、
西洋による東洋への見方を批判的に表した言葉だったわけですね。

当時の世界は「帝国主義」と言い、
強い国家が弱い国家を侵略するのが当たり前の時代でした。

具体的に言うと、スペインやポルトガル、フランスなどの
ヨーロッパ諸国がアジアやアフリカなどの周辺国を次々と植民地にしていたのです。

そして、西欧諸国はこの帝国主義的な植民地支配を正当化してきました。

このような時代背景もあり、
サイードは西洋中心主義の「オリエンタリズム」を強く批判したということです。

スポンサーリンク

オリエンタリズムの具体例

オリエンタリズム 具体例

 

「オリエンタリズム」の大まかな意味は理解できました。

では、身近にあるオリエンタリズムの具体例は何があるでしょうか?

 

例えば、
西洋医学」と「東洋医学」です。

 

西洋医学」とは、欧米を中心に入ってきた
現代医学の主流と言われている医学です。

簡単に言うと、
「病院に行って薬をもらい、それを飲んで治す医学」ということですね。

病気がひどい場合は、手術を行う場合もあります。

 

一方で、「東洋医学」とは、
鍼(はり)やお灸(きゅう)、整体などによって
体の不調を治す医学のことです。

「東洋医学」は、
元々は中国が起源と言われています。

ツボと呼ばれる体の箇所を刺激することにより、
内臓の調子を良くして、体全体の健康を整えていくという考え方です。

 

もちろん、
それぞれメリット・デメリットがあります。

西洋医学は、
骨折や出血など急性的な病気に対しては有効です。

なぜなら、急性的な病気は、
麻酔を打って体にメスを入れる方が
治りは早いと言われているからです。

 

一方で、目に見えない部分の慢性的な病気については、
西洋医学は向いてないと言われています。

例えば、
頭痛や便秘などの慢性的な症状です。

これらの不調は、薬を飲んで治すというよりも、
食生活や運動、ツボ押しなどによって
内臓の機能を根本的に治すのが有効と言われているのです。

 

どちらも良い面・悪い面がありますが、
もしも「オリエンタリズム」の面から医学を語るなら、
「東洋医学は遅れている医学」ということになります。

なぜなら、
オリエンタリズム」は西洋中心の考え方だからです。

「オリエンタリズム」の根本には、
「西洋以外の思想は自分の都合のいいように見てよい」という考えがあります。

したがって、医学をオリエンタリズムの観点から見ると
どうしても西洋医学中心になってしまうのです。

これが良いか悪いかは別として、
現代医学の主流が西洋なのは過去の歴史も関係しています。

それは先ほども述べた通り、
西洋諸国が戦争で勝ってきたという影響です。

スポンサーリンク

オリエンタリズムの使い方・例文

 

では、「オリエンタリズム」という言葉は
実際にどのように使われているのでしょうか?

例文を見て、確認しておきましょう。

 

  1. オリエンタリズムの言説は、ヨーロッパ中心主義的なものである。
  2. 西洋列強の植民地主義とオリエンタリズムは深く関わっている。
  3. オリエンタリズムとは、優秀な西洋と劣等の東洋との間に明確な区別を設ける考えであった。
  4. ナポレオンのエジプト遠征は、ヨーロッパのオリエンタリズム形成のきっかけになった。
  5. サイードは東洋を「不気味なもの・異質なもの」とする西洋の姿勢をオリエンタリズムと呼び、批判した。
  6. ジャポニズムはオリエンタリズムから生じたものと言われている。

 

上記のように、「オリエンタリズム」は
西洋による身勝手な東洋のイメージ」という意味で使うのが基本です。

内容としては、
「西洋中心主義」「ヨーロッパ中心主義」を批判するような形で使われます。

現代文のテーマとして登場する場合は、
単なる「東洋趣味」という意味では使われないので注意してください。

 

なお、最後の例文の「ジャポニズム」とは、
「西洋における日本趣味」のことです。

西洋人が日本の美術や工芸品に心酔するような時に使われます。

関連:>>文化と文明の意味の違いとは?わかりやすく解説

まとめ

 

以上、内容をまとめると下記のようになります。

オリエンタリズム」=辞書の説明だと「東洋趣味」。

実際は「西洋人が自分の都合のいいように西洋以外を見る見方」という意味で使うことが多い。

「サイード」が、自著で西洋の東洋への見方を批判したことで世に広まった。

 

具体例や時代背景も説明したので、
理解が深まったのではないでしょうか。

「オリエンタリズム」という言葉の裏には、
西洋と東洋双方の歴史が含まれているものと認識しておきましょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)