この記事の読了目安: 642

羅生門 意味調べ  意味段落 解釈

 

『羅生門』は、芥川龍之介の作品の中でも有名なものです。学校の国語の教科書などにもたびたび登場します。

ただ、作中に出てくる言葉は辞書に載っていないものも多く、意味が分かりにくい表現もあります。

そこで本記事では、「羅生門」に出てくる言葉の意味をなるべくわかりやすく解説しました。

スポンサーリンク

第一段落の言葉一覧

 

下人(げにん)】⇒身分の低い者。
雨やみ(あまやみ)】⇒雨がやむこと。
丹塗り(にぬり))】⇒赤色または朱色により塗ること。
丸柱(まるばしら)】⇒断面が円形の柱。
朱雀大路(すざくおおじ)】⇒平城京・長岡京・平安京で、中央を南北に通じる大路。
市女笠(いちめがさ)】⇒ 頭にかぶる笠の一種。多年草で編み、中央に巾子形 (こじがた)という突起を作る。
辻風(つじかぜ)】⇒渦(うず)を巻いて吹く、強く激しい風。
飢饉(ききん)】⇒干ばつなどにより食糧が不足し、人々が飢えること。
洛中(らくちゅう)】⇒京都の市中。都の中。対義語は「洛外(らくがい)」。
さびれる】⇒活気がなくなり、さびしくなる。ひっそりする。
一通(ひととおり)りではない】⇒普通ではない。尋常ではない。
旧記(きゅうき)】⇒古い記録。昔の記録を記した文書。
仏像(ぶつぞう)】⇒礼拝の対象として作られた仏の彫像や画像。
仏具(ぶつぐ)】⇒仏前に供える器物や道具の総称。
丹(に)】⇒赤い色もしくは丹色(にいろ)。
箔(はく)】⇒金属を薄く平たく打ち延ばしたもの。
薪の料(たきぎのしろ)】⇒薪の材料。燃料にするための細い枝や割り木など。
元より(もとより)】⇒言うまでもなく。もちろん。
顧みる(かえりみる)】⇒気にかかる。心にとどめ考える。
狐狸(こり】⇒狐(きつね)と狸(たぬき)。

スポンサーリンク

盗人(ぬすびと)】⇒他人の物を盗み取る者。どろぼう。盗賊。
日の目が見えなくなる】⇒日が沈み、暗くなる。太陽が沈み、見えなくなる。
足踏(あしぶ)みをしない】⇒足を踏み入れない。
鴟尾(しび)】⇒屋根頂部の水平な棟(むね)の両端に付けた、魚の尾形をした飾り。
ことに 】⇒特に。とりわけ。
胡麻(ごま)をまいたように】⇒黒く転々と散らばるように。
啄む(ついばむ) 】⇒鳥がくちばしでつついて食う。
刻限(こくげん)】⇒時間。時刻。
洗いざらした】⇒何度も洗って色あせた。
襖(あお) 】⇒両方の脇をあけたままで、縫い合わせず、襴(らん)のない上着。
暇を出す(ひまをだす)】⇒使用人などをやめさせる。仕事をやめさせる。
衰微する(すいびする)】⇒勢いが衰えて弱くなること。
永年(えいねん)】⇒ながねん。ながい年月。
余波(よは)】⇒ある事柄が周囲へ及ぼす影響。
途方に暮れる(とほうにくれる)】⇒ どうしてよいか分からず、困る。
平安朝(へいあんちょう)】⇒ 平安時代。
サンチマンタリスム】⇒感傷的な気分。感傷におぼれる心理的傾向。
申の刻(さるのこく)】⇒午後三時~午後五時。申の刻下がりだと午後の4時~5時頃。
けしき(気色)】⇒気配。物事の様子。
何をおいても】⇒まず第一に。どんな物事にも優先して。
差し当たり(さしあたり)】⇒今のところ。今しばらくの間。

スポンサーリンク

とりとめもない】⇒特にこれと言ったまとまりがない。
聞くともなく聞く】⇒なんとなく聞く。
甍(いらか)】⇒屋根の頂上の部分。屋根に葺 (ふ)いた棟瓦 (むねがわら) 。
遑(いとま)】⇒ひま。用事のない時間。「暇(いとま)」とも書く。
築土(ついじ)】⇒ 土をつき固めて造った屋根のついた塀。
低徊(ていかい)】 ⇒行ったり来たりすること。
あげく】⇒色々なことをした時の最終的な結果。
局所(きょくしょ)】⇒全体の中の限られた部分。
逢着(ほうちゃく)】⇒出会うこと。出くわすこと。
かたをつける 】⇒物事の決着をつける。始末をつける。
くさめ(嚔)】⇒くしゃみ。
大儀そうに(たいぎそうに)】⇒しんどそうに・気力がなさそうに。
火桶(ひおけ)】⇒木をくり抜いて作った木製の丸形の火鉢。
汗袗(かざみ)】⇒衣類に汗がにじむのを防ぐために着る下着。
憂え(うれえ)】⇒心配。
ともかくも】⇒とにかく。他の事はどうであっても。
楼(ろう)】⇒遠くを見るために作った高い建物。
目につく】⇒注意が向く。
聖柄(ひじりづか)】 ⇒柄(つか)を三鈷(さんこ)の形状にこしらえた刀。
太刀(たち)】⇒長くて大きい刀の総称。
鞘走る(さやばしる)】⇒刀身が自然に鞘(さや)から抜け出る。

スポンサーリンク

第二段落の言葉一覧

 

息を殺す(いきをころす)】⇒呼吸の音を抑えて、じっとする。
高(たか)をくくる 】⇒大したことはないと軽く見る。
ただの者ではない】⇒普通の者ではない。
やもり】⇒ヤモリ科の爬虫類。
足音を盗む(あしおとをぬすむ)】⇒足音を立てないようにする。
無造作に(むぞうさに)】⇒念入りでないさま。技巧をこらさないさま。
おぼろげながら】⇒はっきりしないながら。
おし(唖)】⇒言葉を発することができない人。
腐乱する(ふらんする)】⇒腐って形が崩れる。
檜皮色(ひわだいろ】⇒檜の樹皮のような赤黒い色。
暫時(ざんじ)】⇒しばらく。少しの間。
虱(しらみ)】⇒シラミ目の昆虫の総称。吸う口をもち、人畜の吸血害虫。
頭身(とうしん)の毛も太る】⇒恐怖で毛が逆立つ。
憎悪(ぞうお)】⇒ひどく憎むこと。憎み嫌うこと。
語弊がある(ごへいがある)】⇒言葉の使い方が適切でないため、誤解を招きやすい。
未練(みれん)】⇒あきらめきれない気持ち。
合理的(ごうりてき)】⇒道理や論理にかなっているさま。

スポンサーリンク

第三・四段落の言葉一覧

 

弩(いしゆみ)にはじかれたように】⇒ぱっと勢いよく。
おのれ】⇒おまえ。
罵る(ののしる)】⇒わめき立てる。声高に非難する。
鋼(はがね)】⇒炭素を含むかたい鉄。鋼鉄。
わなわな】⇒こきざみに体が震えるさま。
肩で息を切る】⇒肩を上げ下げしながら苦しそうに呼吸をする。
執拗く(しゅうねく)】⇒執念深く。
全然(ぜんぜん)】⇒すっかり。とても。
円満(えんまん)】⇒調和がとれていておだやかなこと。
成就(じょうじゅ)】⇒成し遂げること。
検非違使庁(けびいしちょう)】⇒ 京都の治安維持を担当する役所。
今し方(いましがた)】⇒ついさっき。ほんの少し前。
縄をかける(なわをかける)】⇒捕まえる。
肉食鳥(にくしょくちょう)】⇒ワシ・タカなど他の動物の肉を食べる鳥。
あえぐ 】⇒苦しそうに呼吸をする。
鬘(かずら)】⇒髪の毛を補うために添える毛髪。
存外(ぞんがい)】⇒思いのほか。案外。
侮蔑(ぶべつ)】⇒見下してさげすむこと。
蟇(ひき)】⇒ひきがえる。
口ごもる(くちごもる)】⇒声が口の中にこもり、はっきりしない。
なんぼう】⇒どんなに。

スポンサーリンク

四寸(しすん)】⇒約12センチ。「寸」は尺貫法の長さの単位で1寸は約3.03センチ。
太刀帯(たてわき)】⇒皇太子や御所を警備した役人。
陣(じん)】⇒ 詰め所。特定の者が集まって詰めている所。
往んだ(いんだ)】⇒行った。
疫病(えやみ)】⇒悪性の伝染病。
死ななんだら】⇒ 死ななかったら。
菜料(さいりょう)】⇒ おかずの材料。
するのじゃて】⇒するのだから。
されば 】⇒だから。そんなわけで。
大目に見る(おおめにみる)】⇒過失や悪い点を厳しくとがめず、寛大に扱う。
柄(つか)】⇒刀剣などの手で握る部分。
冷然(れいぜん)】⇒少しも心を動かず、冷ややかでいる様子。
意識の外に追い出される】⇒頭の中から消される。
きっと】⇒間違いなく。
嘲る(あざける)】⇒バカにして笑う。見下して笑う。
念を押す(ねんをおす)】⇒注意して確かめる。
襟髪(えりがみ)】⇒首の後ろ側の髪。
噛(か)みつくように】⇒激しい態度で相手に迫るように。
引剥(ひは)ぎ】⇒追いはぎ。通行人を襲い、衣服・持ち物などを奪い取ること。
恨(うら)むまいな】⇒恨まないだろうな。
手荒い(てあらい)】⇒扱い方や動作が荒々しい様子。
またたく間】⇒まばたくほどの非常に短い間。
夜の底(よるのそこ)】⇒はしごの下の真っ暗闇。

まとめ

 

以上、本記事では『羅生門』の言葉の意味を一覧にしてまとめました。高校の現代文などでも学ぶ内容であるため、ぜひ今回の内容を何度も読み理解して頂ければと思います。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)