この記事の読了目安: 546

人柄 意味とは 例文 使い方 性格 違い 類語

 

「人柄」という言葉は普段からよく使われていますね。

人柄に触れる」

人柄がにじみでる」

ただ、頻繁に使うにもかかわらず、
その具体的な使い方を知っている人は少ないかと思います。

そこで今回は、
「人柄」の使い方について詳しく解説しました。

後半では、紛らわしい「性格」との違いも説明していきます。

スポンサーリンク

人柄の意味

 

まず、「人柄」の意味を調べると、
次のように書かれています。

【人柄(ひとがら)】

自然に感じ取られる人の性質や品格。じんぴん。

品格がすぐれている・こと(さま)。

出典:三省堂 大辞林

人柄」とは、
自然に感じ取られるような人の性質」という意味です。

 

例えば、以下のように使います。

  • 第一印象で人柄が良いと感じた。
  • 人柄の良さそうな好人物。

 

ポイントは、「自然に感じられる」という点ですね。

「人柄」は、その人の見たままの特徴を表します。

要するに、表向きの性質を表すのです。

逆に言えば、「本音や性根・深層心理」などの
その人の根っこの部分の性質を表すものではないと考えてください。

 

ちなみに、人柄にはもう一つ意味があり、
それは「品格がすぐれている」という意味です。

上の辞書の説明だと②に当てはまりますね。

この場合は、
「人格」という言葉自体に良い意味が含まれますので、
素直に相手を褒めるときなどに使うと考えてよいです。

性格の意味

 

似たような言葉で、「性格」があります。

こちらの意味も確認しておきましょう。

【性格(せいかく)】

その人が生まれつきもっている感情や意志などの傾向。

ある物事に特有の傾向や性質。

③〘心〙 その人特有の行動の仕方、ならびにそれを支える心理的な特性。特に感情的・意志的な側面をいうことが多い。キャラクター。

出典:三省堂 大辞林

「性格」には3つ意味がありますが、
一般的には①の意味で使うことが多いです。

すなわち、
その人が生まれつき持っている性質や傾向
という意味ですね。

 

「性格」は、良い意味でも悪い意味でも使います。

例を出すと、

  • 彼は社交的な性格だ。
  • 凶暴な性格の犬。

といった使い方です。

 

また、「性格」は、
先天的な性質を表すことが多いですが、
必ずしもそうとは限りません。

場合によっては、その人の後天的な性質を表す場合もあると考えてください。

 

さらに言うと、「性格」は、
その人の本音や深層心理を表す時に使うことが多い」です。

よく「彼女の裏の性格は怖い」などと言いますが、
あれなどはまさに「性格」という言葉を象徴していますね。

「性格」は、表も裏も含め、
その人の心理面全てを表した言葉なのです。

スポンサーリンク

人柄と性格の違い

人柄 性格 違い

 

では、ここまでの内容を整理しておきます。

 

人柄」=自然に感じ取られるような人の性質。品格がすぐれている。

性格」=その人が先天的・後天的に持っている性質。(本音や深層心理を表すことが多い。)

 

まず、両者の違いを簡潔に言うと、
性格の中に人柄が含まれる」と言っていいでしょう。

例えるなら、スポーツというカテゴリーの中に
サッカーが含まれるような感じですね。

 

「人柄」というのは、
その人が表に醸し出すような目に見える性格です。

もちろん、
この場合は人前に晒すことになるので、
良い特徴を指すことが多いです。

 

一方で、「性格」というのは、その人が表に出す特徴、
そして中に秘めている感情などを総合的に含んだ広い言葉です。

なので、こちらは良い意味でも悪い意味でも使うのです。

 

極端な話、性格が非常に悪くても表面上良い人を装っていれば、
「あの人は人柄が良い」などと呼ばれることもあるでしょう。

これが俗に言う、「偽善者」という人達です。

「性格」というのは直そうと思っても簡単には直せませんが、
「人柄」の方はうまく装うと思えばある程度可能なのです。

 

このように考えると、
「人柄」の方は人と人が接するような時にしか使わないことが分かるかと思います。

逆に、「性格」は人以外にも
血液型の話題、星座の話題など様々な場面で登場することが分かりますね。

これは「性格」の方が広い意味を持った言葉だからだと言えます。

人柄の類語

 

続いて、
「人柄」の類語も確認しておきます。

【性質(せいしつ)】・・・持って生まれた気質。

人間の特徴以外に、物の状態などにも使います。

【人格(じんかく)】・・・個人の持つ一貫した広い特性。

性格と似ていますが、もっと深い意味での人間の本質を表すような時に使います。

【例】⇒「人生の生き方」「仕事への向き合い方」など。

【個性(こせい)】・・・・個人を特徴づけている性質・性格。

性質や性格の中でも、他にはないオリジナリティーを表す時に使います。

【本性(ほんしょう)】・・・心の中で隠している性質。

多く、その人の悪い気持ちを表す時に使います。

気質(きしつ)】・・・個人が本来持っている性質。

「性格」と似ていますが、「気質」は先天的な特徴にしか使いません。

【気性(きしょう)】・・・生まれつき持っている性格。

激しかったり強かったりする性質のみに使います。

【性分(しょうぶん)】・・・生まれつきの性質。天性。

先天的な性質限定で、基本的に悪い性質に対して使います。

【天性(てんせい)】・・・天から与えられた性質。

性質の中でも、「天から与えられた優れた才能」という意味で使います。

どれも似たような意味を持っていますが、
類語としては「先天的に形成される」という意味の言葉が多いですね。

この時点で、先天的にも後天的にも形成される
「性格」とは異なることが分かるかと思います。

 

また、表面的な性質のみを表す「人柄」とは異なり、
類語では「人の奥深くの性質」を表す言葉が多いです。

いずれもよく使われる言葉なので、この機会にぜひ覚えておきましょう。

スポンサーリンク

人柄と性格の使い方・例文

 

では、最後にそれぞれの使い方を例文で紹介しておきます。

 

【人柄の使い方】

  1. 人間の持つ表面的な特徴を、「人柄」と呼ぶ。
  2. 人柄が良い人に見えても、本来の人間性が優れているとは限らない。
  3. 就職活動の面接では、人柄が重視される傾向にある。
  4. 人柄がにじみ出るような挨拶に、初対面だが感心したよ。
  5. 女性の何気ない動作から、人柄がうかがえる方法を見つけた。

 

【性格の使い方】

  1. あいつとは残念ながら性格が合わない。
  2. 生まれつき、人見知りな性格なので苦労しています。
  3. 社交的な性格と言われるが、子供の時はそうでもなかった。
  4. 短気な性格はよくないので直しなさい。
  5. 人柄がいい人に見えるが、本当の性格は悪いに違いない。

 

関連:>>気質の意味とは?性格との違い・類義語も解説

※↑「気質」に関しては上記記事で詳しく解説しています。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回の内容をまとめると、

人柄」=①自然に感じ取られるような人の性質。②品格がすぐれている。

性格」=その人が先天的・後天的に持っている性質。(本音や深層心理を表すことが多い)

【両者の違い】⇒「性格の中に人柄が含まれる(表向きの性格を表したのが人柄)

類語」=「性質・人格・個性・本性・気質・気性・性分・天性」など。

ということでしたね。

 

相手と接する時に、「人柄」を判断することは大事です。

ただ、もっと大事なのは、
その人が本来持っている「性格」を知りえることだと言えるでしょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)