この記事の読了時間: 735

テクノロジーとは 意味 具体例 使い方

 

テクノロジー」という言葉は、
日々のニュースでよく目にしますね。

テクノロジー企業」「テクノロジー株」

また、現代文や科学の用語としても使われています。

ただ、実際にはこの言葉の意味が
分かりにくいと感じる人が非常に多いようです。

そこで今回は、
「テクノロジー」の意味を具体例も交えて
なるべく簡単にわかりやすく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

テクノロジーの意味

 

まず、「テクノロジー」の意味を辞書で引くと、
次のように書かれています。

【テクノロジー】

科学技術。科学的知識を各個別領域における実際的目的のために工学的に応用する方法論。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

テクノロジー」とは、一言で言うと
科学技術」のことを表します。

また、辞書の説明にはないですが、
人間の使う技術全般」という意味で使う場合もあります。

ただし、一般的には、
「科学技術」という意味で使うことが多いです。

 

では、「科学技術」とは
一体どういう意味なのでしょうか?

「科学技術」は、
「科学」と「技術」が組み合わさってできた言葉です。

科学」とは、簡単に言うと、
理科的な知識のこと」だと考えて下さい。

 

例えば、以下のような「知識」は「科学」だと言えます。

  • コンピュータ内部の仕組み。
  • 物体が落ちてくる時の速度。
  • 動物・植物の細胞の仕組み。
  • 自動車内部の機械の構造。
  • おしべとめしべの仕組み。
  • 水素と酸素が結合する法則。

 

そして、「技術」とは、
科学を生かして、人間の生活に役立たせる方法」のことを言います。

念のため、「技術」の意味も調べると、
次のように書かれています。

【技術(ぎじゅつ)】

①物事を取り扱ったり処理したりする際の方法や手段。また、それを行うわざ。

科学の研究成果を生かして人間生活に役立たせる方法。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

上記②の意味が「科学技術」の「技術」に該当します。

つまり、「科学技術(テクノロジー)」とは、
理科的な知識を使って生活を役立たせるもの」を言うわけですね。

では、大まかな定義が分かったところで、
「テクノロジー」の具体例を見ていきましょう。

スポンサーリンク

テクノロジーの具体例

テクノロジー 具体例

 

私たちにとって、
身近な「テクノロジー」は何があるでしょうか?

 

最も分かりやすいものとしては、やはり
スマートフォン」が挙げられるでしょう。

「スマートフォン」の内部は電気回路が含まれており、
まさに理科の知識によって設計されています。

その結果、私たちは
ネット接続、電話回線、GPSなど
多くの便利な機能を使うことができます。

今や小学生ですらスマホを持つ時代であり、
「スマホ」=「生活必需品」ですよね。

よって、「スマートフォン」は
「テクノロジー」と呼べるのです。

 

また、「テレビ」や「」なども
「テクノロジー」として挙げられます。

テレビや車の内部も、
スマホと同様に理科の知識を使って設計・製造されています。

そして、これらの知識により、
私たちは情報を得たり長距離を移動することができて、
日々の生活を便利にする恩恵を受けられているのです。

 

他には、「SNS」なども
「テクノロジー」の一部だと言えるでしょう。

例えば、
「Twitter」や「Facebook」「Instgram」。

これらのSNSは、プログラマーという人達が作った
コンピュータプログラムによって設計・構築されています。

プログラミングなどはまさに科学の領域ですよね。

これらの理科の知識によって、
私たちは日々、様々な人から情報を得たり、
逆に情報を発信することで日々の生活を豊かにしています。

そのため、SNSもまぎれなく「テクノロジー」だと言えるのです。

このように、
理科の知識によって生活が便利になるものであれば、
それは間違いなく「テクノロジー」と呼べるのです。

テクノロジーの主な種類

テクノロジー 種類

 

「テクノロジー」には様々な種類があります。

なぜなら、理科的な知識を使った技術は、
世の中にたくさんあるからです。

そのため、以下によく使われる代表的なものを3つ挙げました。

 

①バイオテクノロジー

②ハイテクノロジー

③インフォメーションテクノロジー

 

バイオテクノロジー

 

バイオテクノロジー」とは、
生物工学」のことを意味します。

「生物工学」とは、生物を使って、
薬や食料の生産など人間の役に立つことをする技術です。

例えば、新しい薬を開発したとして、
それがどれくらい効果や副作用があるか実験したいとします。

しかし、いきなり人間にその薬を使ってしまうと、
後々、大きな悪影響を与えてしまうかもしれません。

そこで、人間に近い生物であるマウスに
薬の実験投与を行い、あらゆるデータを取得したとします。

このような技術を「生物(バイオ)を使った技術」という意味で
「バイオテクノロジー」と言うのです。

ハイテクノロジー

 

ハイテクノロジー」とは、
先端的な科学技術のこと」を意味します。

「先端的」というのは、
流行の先を行く」という意味だと考えて下さい。

例えば、GoogleやAmazonといった
アメリカの巨大企業はまさに世界の最先端をいっています。

GoogleはYouTubeなどを運営している企業ですし、
Amazonは宅配業界において常に先をいっています。

このような企業を、
「時代の先をいっている企業」という意味で
ハイテク企業」などと言うのです。

基本的には、時代の先を行く技術であれば、
それは「ハイテクノロジー」と呼びます。

なので、広い意味では
バイオテクノロジーなども含まれる場合があります。

インフォメーションテクノロジー

 

インフォメーションテクノロジー」とは、
コンピュータ技術全般のこと」を指します。

これは英語で「Information Technology」と言い、
略して「IT」とも呼びます。

日本語では「情報技術」とも訳されている言葉です。

「インフォメーションテクノロジー」は、
パソコンやスマホなどの機器が当てはまります。

その他、アプリやAIなどコンピュータをベースとした技術は、
全て情報技術に含まれることになります。

どれも私たちの生活に役立つものですが、
この中では一番「IT」がなじみがあるでしょう。

スポンサーリンク

テクノロジーを論じたテーマ

テクノロジー 現代文 テーマ

 

ここまで、「テクノロジー」の
意味や例について解説しました。

しかし、実際にどのような文章で
「テクノロジー」という言葉が出てくるのか気になる所ですね。

現代文で「テクノロジー」が出てくるテーマは、主に2つあります。

 

1つ目は、
道具」と「科学技術」を比較した内容です。

 

冒頭でも説明した通り、「テクノロジー」は、
人間が使っている技術全般も含まれます。

したがって、
古くからあるナイフやオノなどの道具も
広い意味ではテクノロジーに含まれるのです。

このように、道具も含めて
多くの技術がテクノロジーに含まれるとしたら、
当然それぞれの比較をしたくなるでしょう。

 

例えば、同じテクノロジーでも
ナイフやオノなどはある程度制御できますが、
原子力発電所などは制御できない面があります。

そこで、こういった問題点を指摘した文章が書かれるのです。

一般的には、
コントロールできる「道具」に対して、
コントロールできない「科学技術」
というテーマで書かれることが多いです。

 

2つ目は、
科学・テクノロジー・人」という
三者の関係を論じた内容です。

 

「科学」というのは、抽象的な知識の体系です。

関連:>>抽象的とは?意味や対義語をわかりやすく解説

 

一方で、「テクノロジー」というのは、
具体的なモノとなって私たちの前に現れます。

そして、
私たちのほとんどは、科学的な知識なしに
スマホなどのテクノロジーに依存していますよね。

 

そこで、
無知の科学と便利なテクノロジーが結びつくことによって
人間に悪影響を与えてるのでは?
」ということが論じられるのです。

一番多いのが、テクノロジーが与える人間への影響を
良い面・悪い面と比較しながら話を展開するものです。

スポンサーリンク

テクノロジーの使い方・例文

 

最後に、「テクノロジー」を使った
例文を確認しておきましょう。

 

  1. 文字や言語についても、広い意味ではテクノロジーと呼ぶことができる。
  2. 現代のテクノロジーは、多くの科学と結びついているため、両者は切っても切り離せない関係である。
  3. インフォメーションテクノロジーの発達により、コンビニのレジは将来的に全て無人化される予定だ。
  4. 遺伝子組み換えや細胞融合など、私たちが生きる時代はバイオテクノロジーの全盛期である。
  5. 今日の日経平均株価は、ハイテク株を中心に売り注文が殺到したため、全面的に下落した。
  6. アメリカのテクノロジー企業はグーグル・フェイスブック・アマゾンなどが代表的である。

 

「テクノロジー」は、上記のように
現代文のテーマ、日々の経済ニュースなど、
様々な場面で使うことができます。

テクノロジー単体でも使えますが、
他の単語と組み合わせて使われることが多いです。

なお、「ハイテク」とは、
ハイテクノロジー」の略です。

主に、「ハイテク株」「ハイテク企業」などの使い方をします。

関連:>>科学と化学の違いとは?意味や使い分けを解説

まとめ

 

以上、今回は「テクノロジー」について解説しました。

まとめると、

テクノロジー」=科学技術。広い意味で「技術全般のこと」

科学技術」=理科的な知識を使って生活を役立たせるもの。

身近な例」=スマホ・車・テレビ・SNSなど。

使い方」=バイオテクノロジー・ハイテクノロジー・インフォメーションテクノロジーなど。

となります。

 

私たちの生活は、テクノロジーにあふれています。

この記事をきっかけに、
世の中にどんなテクノロジーがあるのか注目してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)