この記事の読了目安: 530

クレールという女 解答 テスト問題 学習の手引き 教科書 簡単に

 

『クレールという女』は、高校現代文の教科書で学ぶ随想です。そのため、定期テストの問題にも出題されています。

ただ、実際に本文を読み進めると、その内容が分かりにくい箇所もあります。そこで今回は、本作のあらすじや学習の手引きなどを含め解説しました。

『クレールという女』のあらすじ

 

本文は、大きく分けて4つの段落から構成されています。ここでは、各段落のあらすじを簡単に紹介していきます。

あらすじ

①まだ大学院生だった四十年前、夢中になって読んだあの本を、今読んだらどんなふうか知りたい気がした。家のあちこちを探したが見当たらないので、久しぶりに図書館へ行くことにした。懐かしい公園の小道を歩いていると、数年前、病気で死んだ弟が、子どもの時の格好のまま、出てきそうな気がした。あの頃は、まだ戦争が済んで間もなく、私たちはこれからどう生きればいいのか、二度とあんな戦争に巻き込まれないようにするには何をすればいいのかを、夜を通して話し合った。本を回し読みしては、本と生活を一つにつなげようと必死だった。

②図書館で見つけたのは『人間のしるし』という本だった。あらすじはこうだ。第二次世界大戦中、ドイツ軍の捕虜としてオーストリアの収容所で服役していたジャンは、そこで、彼の妻クレールの友人であるジャックに出会う。ジャックとクレールがお互いに手紙を出し続けていることを知り、さらにジャックが持っていた結婚前のいきいきとしたクレールの写真を見てジャンは嫉妬する。釈放後、ジャンが盗み読んだクレールの日記には、自分の生活に意味を与えてくれたジャックへの思いと、女としてしか評価してくれないジャンへの不満がつづられていた。やがて、ジャンは少しずつ、変わり始める。その後ジャンは逮捕され、半年の牢獄生活の後、家に戻ってみると逮捕されたクレールの残した日記で、自分への愛情を知る。小説は、ジャンが再び抵抗運動に身を投じるだろうと思わせる言葉で終わっている。

③『人間のしるし』が、あの時代に私たちをとりこにした一つの理由は、それが抵抗運動について書かれたものであったからだ。だが、もう一つの重要な理由は「人間らしく生きる」とは何かという問題が、根本のところで提示されていたからだろう。人間とは、男女とはいったいなんだろう。私たちは三人の生き方を通して、共通の世界観とか、自由なままでいる中での愛とかについて何時間もじゃべり続けたが、まだ本当の人生を経験していなかった私たちの言葉は、軽くて容易だった。

④音楽に全てをかけ、クレールを「純粋に」愛することだけを考え、性急に命を終えたジャックは、一つの思想でしかない。ジャックに嫉妬しながら悩み苦しみ抜いて生きたジャンこそが、より人間らしいやり方でクレールを愛したのではなかったか。それが、あれから四十年たった今、私が出した答えだった。あの本を友人たちと読んだ頃、人生がこれほど多くの翳りと、それと同じぐらいの豊かな光に満ちているとは想像もしていなかったのだ。

『クレールという女』の本文解説

 

戦後の混迷の時代に学生時代を過ごした筆者は、「人間らしさ」とは何か、人間とは、男女とは、といった問題について当時の仲間たちと真剣に語り合った。

しかしそれは、まだ本当の人生を歩き始める前の若者たちの議論であり、今思えば「私」たちの間に流れる言葉は、たとえようもなく軽く、容易だった。

今の筆者にとっては、悩み苦しみながら、どうにもならない矛盾を内に秘め、それでもひたすら生きていくことこそが、真の「人間らしさ」なのだと思えている。

一方で、筆者は、そんな青春時代の自分たちを単に浅はかだと思っているわけではない。

まだ本当の挫折やそれを乗り越えた時の深い喜びを知らない若者が、純粋に理想を求めることは当然のことで、むしろそうした思いに胸を躍らせていた青春時代を懐かしく回想しているのである。

『クレールという女』のテスト対策問題

 

問題0

次の傍線部の仮名を漢字に直しなさい。

①本だなを整理する。

ひまな時間。

カンソな衣服。

センリョウされた町。

⑤容疑者をシャクホウする。

⑥ベゴニアを植え込んだカダン

⑦村に行くためのユイイツの交通手段。

⑧収容所にヨクリュウされる。

キョウグウの似た二人。

⑩突然の出来事にトウワクする。

カンセイな住宅街。

解答①棚 ②暇 ③簡素 ④占領 ⑤釈放 ⑥花壇 ⑦唯一 ⑧抑留 ⑨境遇 ⑩当惑 ⑪閑静
問題1「本と生活を一つにつなげよう」とは、どういうことか?
解答例本に書かれていることから、これからの自分たちの生きる手がかりを見つけ、現実の生活で実践しようということ。
問題2「自分の所有物として愛しているにすぎない」とは、どういうことか?
解答例相手を意志の持った独立した人間として認めず、ただ自分の生活を彩ってくれるものとして自己のために独占しようとしているにすぎないということ。
問題3「まだ本当に歩き始めてもいない人生」とは、どういうことか?
解答例まだ若く、今後どう生きるかを仮定の上でしか考えられていないということ。
問題4「私は彼の生活を美しくし、彼の家に生気を与えるため(だけ)に存在しているのだ」とあるが、クレールはどのような生き方を望んでいたか?
解答例男性に優しくされて彼を喜ばせるためだけに生きるのではなく、生き方に対する共通の信念を互いに持ちながら愛する男性と生きる喜びを分かち合えるような生き方。
補足クレールは、ジャックのように祖国のために抵抗運動に身を捧げるような生き方を望んだ。しかしもっと大きな視点で言えば、自分の行動を自分で決定するような一人の独立した人間としての生き方を望んだと言える。妻として、女として、優しく愛されて相手を満足させるためだけに生きるのではなく、一人の人間として生き方に対する共通の信念を分かち合える相手と愛し合い、生きていきたかったということである。
問題5「ジャンは少しずつ、変わり始める」とあるが、どのように変わり始めたのか?
解答例自己愛や所有愛の対象としてではなく、自由を求め、共通の目的のもとにともに生きる存在として、クレールを愛するようになった。
問題6「『人間らしく生きる』とは何かという問題が、根本のところで提示されているように思えた」とあるが、当時の「私」たちは「人間らしく生きる」とはどのようなことだと考えていたか?
解答例男女や家庭といった枠にとらわれず、自分の行動を自分自身で決定できる自由で強靭な考えで、理想に従い、社会と関わり合いながら生きてゆくこと。
問題7「あれから四十年、『人間のしるし』への、それが私の答えだった。」とあるが、「私」は、ジャンとジャックの生き方を、それぞれどのように捉えるようになったか?
解答例

「ジャン」⇒愛や嫉妬に苦しみながらも、人生の矛盾を抱えながら生きた、より人間らしい生き方。

「ジャック」⇒あまりにも「純粋」で観念的な、一つの思想でしかない生き方。

まとめ

 

以上、今回は『クレールという女』について解説しました。内容が分かった上で、もう一度本文を読み返してみるのもよいでしょう。なお、作中に出てくる重要語句については以下の記事でまとめています。

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・宅地建物取引士など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)