この記事の読了目安: 77

鏡の中の現代社会 要約 ワーク 定期テスト 学習の手引き わかりやすく

 

高校現代文の授業で『鏡の中の現代社会』という評論を学びます。ただ、本文を読むとその内容や筆者の主張などが分かりにくい部分も多いです。

そこで今回は、『鏡の中の現代社会』のあらすじや学習の手引き、定期テスト対策などをわかりやすく解説しました。

鏡の中の現代社会のあらすじ

 

本文は、大きく三つの段落に分けられており、それぞれの段落は行空きによってさらに分けられています。ここでは、各段落ごとのあらすじを簡単に紹介していきます。

あらすじ

①自分自身を知ろうとする時、人間は鏡の前に立ち、そうとう離れた所に立たないと全体を見ることができない。同様に、自分の生きている社会を見る時も、いったんは離れた世界に立ってみることが必要である。そのことにより、自明(あたりまえ)だと思ってきたことが、「あたりまえではないもの」として見えてくる。ブレヒトの言う、「異化効果」、社会学の<自明性の罠からの解放>である。

インドやメキシコやブラジルに行った日本人は、その国が大嫌いになるか大好きになるかのどちらかが多い。ぼく自身は大好きになったほうだが、その理由はよくわからない。

②異国のバザールやメルカードでの値引き交渉やバスを待つ様子を見ていると、彼らは時間そのものを楽しんでいるように見える。時間を「使う」とか「費やす」とか「無駄にする」とか、お金と同じ動詞を使って考えるという習慣は「近代」の精神で、彼らにとっては時間は基本的に「生きる」ものである。

異国で日本のニュースを見る機会があった。それは、日本の東京近郊の駅で電車が一時間ほど遅れたために乗客が騒ぎを起こしたというものである。ぼくにとってはあたりまであった世界が、こちらでは狂気のように語られる。近代社会の基本構造は、ビジネスである。「忙しさ」の無限連鎖のシステムとしての「近代」が遠い鏡には狂気として映るのだ。

十四世紀前半以降、ヨーロッパの人たちは時計を見上げながら「近代」を育んできた。時間という枠組みの中に人間たちの生がおかれたのである。

③メキシコのインディオは、「死者の日」のために何日も前から準備をし、墓場で「自分の死者たち」と一日を過ごす。この時、ごちそうを一人分多く余分に作っておく。これはメキシコの生者の社会の投影だが、社会学にとっても究極の理想の社会とは何かということを考えさせてくる。

ウェーバーはその著書で、近代社会の基本的な精神の典型例として、「Time is money(時は金なり)」というフランクリンの生活信条を掲げている。時間を貨幣と同じように考えて、「使う」精神こそが資本主義社会、つまり「近代」の社会を形成してきたことを解き明かしている。インディオが、生活を合理化しようとすれば、真っ先に削り落とされるのは「余分の一人分」だろう。しかし、その時この社会からは本質的なものが削り落とされ、人生は何かを失うことになるだろう。社会の「近代化」の中で、人間は多くのものを獲得し、多くのものを失った。獲得したものは、計算できるもの、目に見えるものだが、失ったものの多くは計算できないもの、目に見えないものである。

現代から離れた世界が嫌いになる理由は、目に見えるもの、計算できるもの、言葉にしやすいものが多い。反対に、好きになる理由は、目に見えないもの、測定できないもの、言葉では説明できないものが多い。しかし、人間が生きていく上での一番の核心は、目に見えないもの、数量化できないもの、言葉にはなりにくいものが多い。ぼくたちは今、近代の後の新しい社会のかたちを構想し、実現できるところに立っている。この時に大切なのは、現代社会と異世界の両方を見て、人間の可能性を知り、人間のつくる社会の可能性について想像力の翼を獲得することなのだ。

鏡の中の現代社会の要約解説

 

要約自分の生きている社会を見る時は、いったん離れた世界に立つことが必要である。異世界に立つことで、私たちは「自明性の罠」から解放され、近代以降の社会が失ってしまった、計算できないもの、目に見えないものなどの人間が生きる上での核心も見えてくる。本当によい社会のかたち、「生き方」のかたちを構想し、実現するには、異世界と現代社会の両方を見て、人間の可能性について想像力の翼を獲得することが大切である。(196文字)
本文解説

筆者が主張したい内容は、「自分自身を異世界の鏡に映すことで、現代の社会が何を失ってしまったかを知ることができる」というものです。

筆者は、社会が近代化する中で人間は多くのものを獲得したけども、逆に多くのものも失ってしまったと述べています。失ったものとしては、「計算できないもの」「目に見えないもの」「言葉によって表現することができないもの」などが挙げられています。

例えば、人の心や感情(怒り・喜び・悲しみ・やさしさ)といったものは目に見えるものではありません。しかし、こういったものが、人間が生きていく上で一番核心にあるものだと述べています。

私たちの生活の中では、いつやってくるか分からない電車やバスをのんきに待っていることなどはできるはずがありません。しかし、こう考えてしまう自明性こそが罠であり、その罠から解放されるには、異世界に身を置いてみることが大事なのだと筆者は主張しているのです。

本文で使われている「異世界」は、ブラジルやメキシコなどの外国を指しています。しかし、私たちの「友人」や「知人」もまた、一種の「異世界」だと考えることもできるかもしれません。そう考える時、私たちは改めて「想像力の翼」の大切さを感じることができるでしょう。

鏡の中の現代社会のテスト対策問題

 

問題0

次の傍線部の仮名を漢字に直しなさい。

キチに富む。

②責任をホウキする。

③食物レンサ

④映画にさそう。

さびしい思い。

ミリョク的な人。

ムイに過ごす。

⑧時間をロウヒする。

ツバサを広げる。

解答①機知 ②放棄 ③連鎖 ④誘 ⑤寂 ⑥魅力 ⑦無為 ⑧浪費 ⑨翼
問題1「旅と旅行」は、どう違うと述べているか?
解答例「旅行」はスケジュール通りに行動できるが、「旅」は思いがけないことが起きてスケジュール通りに行動できない。
問題2「お金と同じ動詞を使って考える」とは、どういう考え方か?
解答例無駄をなくして、いかに時間を有効に使うかという考え方。
問題3「遠い鏡に映された狂気。」とは、どういうことか?
解答例日本から距離的にも文化的にも遠く離れた異国から見ると、日本の駅で乗客が騒ぎを起こしたことは、とても正常とは思えないほど狂気に満ちたものとして感じられるということ。
問題4「三本針もふつう」とは、どういうことか?
解答例現代の社会では、日々の生活を秒単位で行動することがふつうになっているということ。
問題5「積極的な言い方をすれば、」とあるが、「積極的」とはどういう点を言うのか?
解答例現在の状況を、困ったことだと悲観することなく、本当によい社会を実現するのに絶好の機会と捉える点。
問題6

次のそれぞれの例を通して、筆者はどのようなことを述べようとしたのか?

①バザールなどでの値引き交渉

②異国で見た日本のニュース

③ヨーロッパの都市の広場に設置された大時計

④メキシコの「死者の日」

⑤ベンジャミン・フランクリンの生活信条

解答例

①「異国」と西欧や日本の現代社会では、金銭や時間に対する感覚が異なるということ。

②日本人の時間に対する感覚が、「異国」からすると理解を超えた「狂気」として見られていること。

③ヨーロッパの近代社会では、「時間」という枠組みの中で人間が生きていくことになったということ。

④メキシコの社会には、未知の他者をこだわりなく受け入れる、合理性を超えた感覚があるということ。

⑤無駄をなくして時間を有効に使おうとする精神が、現代社会の豊かさをもたらしたこと。

問題7①「使われた時間」と②「生きられた時間」は、それぞれどのような時間だと述べているか?
解答例

①何かの目的のために有効に費やすことのできた時間。

②楽しく充実感をもって過ごした時間。

補足「使われた時間」というのは「お金と同じ感覚で扱われた時間」という意味なので、何かを手に入れるという明確な手段がある。対して、「時間を生きる」ということは「時間」そのものが大事だという考え方で、「時間」が「手段」として捉えられることはない。
問題8

次の部分はそれぞれどのようなことを述べているか?

①「忙しさ」の無限連鎖のシステムとしての「近代」

②方法としての異世界

解答例

①世の中がどれだけ発展しても、それに応じて忙しくなっていくのが、お金や時間を効率的に使うことを前提とする資本主義の構造的な本質だということ。

②自らを省み、客観的に認識するための比較対象の材料として扱われる異世界、ということ。

問題9「鏡」を通して、我々の社会を見ることの意義について、筆者はどのように考えているか?
解答例<自明性の罠から解放>されて、自らの社会のあり方を客観的に認識し、よりよい社会を築いていく手がかりが得られると考えている。

まとめ

 

以上、今回は『鏡の中の現代社会』について解説しました。近代社会について論じた文章は、入試でも出題されやすいです。ぜひ内容を正しく理解して頂ければと思います。なお、本文中の重要語句については以下の記事でまとめています。

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・宅地建物取引士など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)