この記事の読了目安: 657

実存主義とは何か  意味 わかりやすく 簡単に

 

実存主義」という言葉をご存知でしょうか?

ニーチェキルケゴールサルトルなど
有名な哲学者によって広まった考えです。

哲学的な要素が強いため、
現代文や世界史・倫理の用語としてもよく登場します。

ただ、哲学となると難しい内容なため、
意味を分かりにくいと感じる人も多いようです。

そこで今回はこの「実存主義」について
なるべく簡単に分かりやすく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

実存主義を簡単に

 

まず、「実存主義」の意味を調べると
次のように書かれています。

【実存主義(じつぞんしゅぎ)】

人間の実存を哲学の中心におく思想的立場。合理主義・実証主義に対抗しておこり、20世紀、特に第二次大戦後に文学・芸術を含む思想運動として展開される。キルケゴール・ニーチェらに始まり、ヤスパース・ハイデッガー・マルセル・サルトルらが代表者。実存哲学。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

実存主義」とは、簡単に言うと、
人間一人一人の存在を大事にし、どう生きるか考えること」だと思って下さい。

一言で、「実存哲学」などと呼ばれることもあります。

 

始めに、「実存」の意味から解説していきます。

実存」とは、
現実存在(げんじつそんざい)」の略です。

現実存在」とは、
~~がある(いる)」と言う時の
~~」の部分を指します。

これに対して、
「・・・は~~である」と言う時の「~~」は、
その「モノ」が何かを示すので「本質存在」と言います。

「本質」が普遍的・一般的な存在であるのに対し、
「実存」はそうした普遍性や一般性に収まらない
個別的・具体的・偶然的な存在のことを指します。

 

例えば、以下のような文があったとしましょう。

山田君がいる。」

この場合、
「山田君」は「実存(現実存在)」です。

一方で、

「山田君はやさしい人だ。」

と言った時は、「やさしい人」は「本質存在」となるのです。

なぜ実存が他のモノではなく人間を指すのかと言うと、
人間こそがもっとも個別的・具体的な存在だからです。

 

では、ここでもう一度辞書の説明を振り返ってみます。

人間の実存を哲学の中心におく

※「哲学」とは、
「物事の根本を考える学問のこと」だと思ってください。

「中心におく」とは、
本質よりも実存を中心に置く」という意味です。

つまり、「やさしい人」のような本質ではなく、
「山田君」という存在自体を大事にしようという考えを言っているのです。

 

私たちは、

  • 「あの人は優しい人だ」
  • 「あの人は嫌な人だ」
  • 「あの人は頭が固い人だ」

のようにすぐに人のイメージを決めてしまいます。

こうした考えは、
現に存在する「人」そのものを置き去りにした考えです。

 

人間が優しい動物だろうが嫌な動物だろうが、
現にそこに人は存在します。

であれば、「理想の人間の本質ばかりを求めるのではなく、
肝心の人間そのものをどう捉えるかが大事である。」

こうした考えが、「実存主義」なのです。

スポンサーリンク

サルトルが唱えた実存主義

実存主義 わかりやすく

 

ここまでの内容を整理すると、

実存主義」=人間一人一人の存在を大事にし、どう生きるか考えること。

ということでした。

言いかえれば、「実存主義」とは、
「一人一人の良さや個性を尊重して生きていこう」
という考えを表します。

 

「実存主義」は元々、哲学者である
「キルケゴール」や「ニーチェ」らが先駆者でした。

その後、同じく哲学者である
ヤスパース・ハイデッガー・マルセル・サルトルらによって、
一般的な思想として広まったという経緯があります。

特に、「サルトル(1905~1980年)」という哲学者をきっかけに
「実存主義」は世に大きく広まりました。

 

「サルトル」が放った言葉で、非常に有名なものがあります。

それは、以下の言葉です。

実存は本質に先立つ。

「実存」とは、
先ほどの「山田君」のように実際にそこに存在するものです。

一方で、「本質」とは、
「やさしい」「性格が悪い」など
「対象の性質のこと」でした。

 

つまり、「実存は本質に先立つ」とは、

自分の本質は最初からあるのではなく、
一瞬一瞬の生き方が自分の本質を作り上げていく

という意味なのです。

 

例えば、以下のような文があったとします。

  • 菅義偉は総理大臣だ。
  • 松本人志はお笑い芸人だ。
  • 大谷翔平はメジャーリーガーだ。

 

いずれも世の中で活躍している有名人です。

しかし、
もしも「総理大臣」「芸人」「メジャーリーガー」
などの肩書き(本質)がなかったらどうでしょうか?

彼らは普通の人間と認識される可能性もあるでしょう。

そのため、
「まず実存が先にあり、本質は後からついてくる」
ということを言っているわけです。

 

では、なぜ「サルトル」は「実存」をそこまで重視するのでしょうか?

さらに、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

実存主義が生まれた背景

実存主義 サルトル

 

「実存主義」が生まれた時代は、
「近代の後期」と言われています。

「近代」では、
理性」や「合理性」を重視して人に価値を置く時代でした。

関連:>>近代とはいつからいつまで?現代との違いも解説

関連:>>理性とは?意味や対義語をわかりやすく解説

関連:>>合理的とは?意味を簡単にわかりやすく解説

 

ところが、近代以前(前近代)は、
人ではなく「神が世界の中心」という時代でした。

言いかえれば、「人間を軽視していた」ということです。

人間を軽視すれば、個性や特徴は失われてしまいます。

そこで、個別・具体的な人間の存在を
尊重しようという考え(実存)が生まれました

これが、「実存主義」という考えなのです。

 

時代の流れを整理すると、

「前近代(神が世界の中心)」⇒「近代(人間が世界の中心)」
⇒「個別・具体的な人間存在の尊重」⇒「実存主義

となります。

つまり、「実存主義」とは「人間の存在・役割を大事にしよう
という世の中の流れの中で生まれた考えだったということです。

 

今の世の中では、
「一人一人の存在を認める」
という考えは当たり前にも聞こえます。

しかし、昔はそうでもありませんでした。

例えば、
キリスト教やイスラム教の世界では哲学の中心は「神様」です。

決して私たち人間ではありません。

 

ヒンズー教でも、哲学の中心は「修行僧」や「牛」です。

また、昔の日本でも哲学の中心は「天皇」でした。

 

意外に思うかもしれませんが、
「人間の存在が中心という考え」は当たり前ではなかったのです。

むしろ、歴史的・地理的に見れば、
個人が中心でない哲学のほうが普通でした。

 

「実存主義」は、神様や天皇ではなく、
人間一人一人の生き方を重視する考えです。

したがって、「実存主義」の根本には
人間は自分自身の意思で、主体的な人生をつくれる
という考えがあるのです。

スポンサーリンク

実存主義の使い方・例文

 

では、最後に「実存主義」の使い方を
実際の例文で確認しておきましょう。

 

  1. 実存主義は、人間の本来のあり方を実存に求める考えだ。
  2. 実存主義者は、実存がまずあり、本質は実存によって決まると主張する。
  3. ニーチェやキルケゴールは、実存主義の先駆者として知られている。
  4. 近代を象徴する考えとして生まれたものが実存主義である。
  5. 実存主義は前近代的な考えへの批判・反対から生まれた考えである。
  6. サルトルの実存主義は、実存は本質よりも前にあると考えた。
  7. 実存主義と構造主義は、お互いが正反対同士の思想である。

 

上記のように、「実存主義」という言葉は
近代的な内容をテーマとした文章に登場します。

特に、ニーチェやサルトル、キルケゴールなどの
哲学者と合わせて用いられることが多いです。

その場合は、「構造主義」との
対比で用いられることが多いです。

「構造主義」については、以下の記事を参照してください。

>>構造主義とは?具体例を使いわかりやすく解説

「実存主義」は単体で覚えるのではなく、
「構造主義」と合わせて覚えておくことをおすすめします。

まとめ

 

以上、内容を簡単にまとめると、

実存主義」=人間一人一人の存在を大事にし、どう生きるか考えること。

語源・由来」=「ニーチェキルケゴール」らが先駆者。「サルトル」により大きく広まった。

歴史・背景」=近代以降に、個別的な人間の存在を尊重しようとする流れから生まれた。

ということでした。

 

ポイントは、「実存主義」単体で覚えるのではなく、
当時の時代の流れを把握することです。

大まかな時代背景が分かれば、
なぜ「実存主義」という考えが生まれたのか理解できるでしょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)