この記事の読了時間: 430

提示 呈示 違い 使い分け 意味

今回は、「提示」と「呈示
の違いを解説していきます。

「何かを出す」という意味で2つの言い方がありますね。

「免許証を提示する」

「カードを呈示する」

これらの「ていじ」は、一体どう使い分ければいいのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

提示の意味

 

まずは、「提示」の意味からです。

【提示(ていじ)】

その場に持ち出して、人にわからせること。

出典:三省堂 大辞林

提示」とは、
持ち出して、相手に分からせること」を言います。

この場合の「持ち出す」とは、
具体的な物から抽象的な物まで広く含まれると考えて下さい。

例えば、以下のような使い方です。

  • 免許証を提示する
  • 根拠を提示する
  • データを提示する

 

いずれも形のある具体的な物から、
形のない抽象的なものまで幅広く使われていますよね。

このように、
何らかのものを相手に見せて、理解してもらうような場合に
「提示」を使うわけです。

呈示の意味

 

続いて、「呈示」の意味です。

【呈示(ていじ)】

相手に差し出して見せること。

出典:三省堂 大辞林

呈示」とは、
差し出して、相手に見せること」を言います。

「差し出す」とは、
「相手にパッと出すようなイメージ」だと思ってください。

つまり、
「確認のために相手に見せる」ということですね。

 

こちらも例文を紹介しておきます。

  • カードを呈示する
  • 身分証を呈示する
  • パスポートを呈示する

「呈示」は、
目に見えるような具体的な物を出す場合に使うのが特徴です。

逆に言えば、データや根拠など
目に見えないようなものには使わないと考えて問題ありません。

提示と呈示の違い・使い分け

提示 呈示 違い 使い分け

ここまでの内容を整理すると、

提示」=持ち出して、相手に分からせること。

呈示」=差し出して、相手に見せること。

ということでした。

 

両者の違いを簡単に言うと、

提示」は「呈示」を含んだ言葉。

となります。

イメージ的には、
「提示」という大きな項目の中に、
「呈示」が入っている感じですね。

提示 呈示 違い 図「提示」の方は、
相手に分からせるために出します。

出す物はカードなどはもちろん、問題や条件など
相手に理解してもらう全ての物が含まれます。

一方で、「呈示」の方は、
単に相手に見せるために出します。

よって、こちらは
主にカードや免許証など、
確認やチェックをする物が基本となるのです。

 

また、「提示」は意味の範囲が広いので、
抽象的な物にも使われます。

つまり、
形のある物からない物まで幅広く含むということですね。

一方で、「呈示」の方は
抽象的な物は含まれません。

「呈示」は、
基本的に形のある物に対して使うのです。

 

まとめると、以下のようになります。

提示」=分からせるために出す。形のある物・ない物全て

呈示」=単に見せるために出す。形のある物

 

ちなみに、新聞やテレビなどのメディアでは、
提示」を使うことで統一しているようです。

逆の言い方をすれば、
「呈示」の方は使わないということですね。

理由については、
「提示」の方が「呈示」よりも
広い意味を持っているからだと思われます。

 

元々、この2つは
明治時代までは両方使われていました。

特に、法律の条文では
半々程度の割合で併用されていたのです。

しかし、
昭和29年の「法令用語改正」によって、
以下のようなルールが決定しました。

【次のものは、統一して使う。「提示/呈示」⇒「提示・示す」】

ここから、各メディアも「右にならえ」で
「提示」で統一したわけですね。

よって、結論的にはどちらも使うことはできるが、
提示」の方がより一般的な言葉ということになります。

提示・呈示の類義語

 

「提示・呈示」の「類義語」も確認しておきましょう。

 

明示(めいじ)」⇒明らかに示すこと。

表示(ひょうじ)」⇒はっきりと表し示すこと。

指示(しじ)」⇒物事をそれと指し示すこと。

提出(ていしゅつ)」⇒書類・資料などを、特定の場に出すこと。

掲示(けいじ)」⇒人に伝えるべき事柄を、紙に書くなどして示すこと。

提案(ていあん)」⇒議案や意見などを出すこと。また、その議案や意見。

 

この中では、「明示」が一番意味が近いと言えます。

「明示」の方が「明らかにする」という意味が少し強いですが、
ほぼ同じ意味(同義語)と考えてよいでしょう。

一般的な言葉だと、
見せる・見せつける・示す
などで言い換えることもできますね。

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を
例文でチェックしておきましょう。

 

【提示の使い方】

  1. 無実の証拠を提示し、相手に納得してもらった。
  2. 今回の企画の条件を提示したが、彼は乗り気ではなかったようだ。
  3. 具体的な問題を提示し、チーム全体の改善を図る。
  4. 客観的なデータを提示し、他人との差を理解してもらう。
  5. 出来高込みという条件付きで、年俸を提示する。

 

【呈示の使い方】

  1. コンビニで、ポイントカードの呈示を行う。
  2. 薬局に行った際に、お薬手帳の呈示を求められた。
  3. 本物の警察官か確認するために、警察手帳の呈示を求める。
  4. 学生証を呈示すると、その図書館に入ることができる。
  5. 小切手の呈示期間をちゃんと確認する。

 

関連:>>表示と標示の違いとは?意味や使い分けを解説

関連:>>措置と処置の違いとは?意味や使い分けを解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると、

提示」=持ち出して、相手に分からせる。形のある物・ない物全て

呈示」=差し出して、相手に見せる。形のある物

「使い分け」⇒報道機関では、提示」で統一。

ということでした。

「提示は広い意味で使い、呈示は狭い意味で使う」

と覚えておきましょう。

では今回は以上です。

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)