この記事の読了時間: 543

あなたは、
酸いも甘いも嚙み分ける」ということわざを知っていますか?

もしもこの言葉を投げかけられたら、
とても喜ばしいことでもあるのです。

「いつかは自分も言われるようなになりたい・・・」

この記事を読み終わる頃には、誰しもがそう思うでしょう。

 

今回は、そんな
「酸いも甘いも嚙み分ける」の意味や語源・類語
などについて詳しく解説しました。

さっそく、見ていきましょう。

スポンサーリンク

酸いも甘いも噛み分けるの意味

 

まずは、基本的な意味です。

【酸いも甘いも噛み分ける(すいもあまいもかみわける)】

人生経験を積んで、人情・世事によく通じている。

出典:三省堂 大辞林

酸いも甘いも噛み分ける」とは、
長い人生で色々な経験を積み、人情や世の中の事をよく知っている」という意味です。

 

例えば、次のような使い方です。

彼は酸いも甘いも嚙み分けた人だから、きっといい知恵を貸してくれるでしょう。

長い人生を経験することで、人は世の中の色々な事を知っていきます。

物事の良し悪し、他人への思いやりがある人は頼れる存在です。

よく知っている人に相談すれば、良いアイデアが生まれることでしょう。

 

このように、
色々な経験により、物事の良し悪しを知っている人のことを
「酸いも甘いも噛み分けている」と言うわけですね。

ちなみに、
「酸いも甘いも知り抜く」や「酸いも甘いも知っている」という表現もあります。

どちらの言い方でも意味は同じだと考えてください。

 

ただし、
酸いも甘いも嗅ぎ分ける」とするのは間違いです。

「嗅ぎ分ける」ではなく「嚙み分ける」が正しい使い方。

ちょっとした違いですが、注意しましょう。

酸いも甘いも噛み分けるの語源・由来

 

次に、「酸いも甘いも噛み分ける」の語源です。

この言葉は、
酸っぱい味と甘い味の区別ができ、良し悪しを知り尽くしていること」から来ています。

分かりやすいように、
「酸い」「甘い」「嚙み分ける」の3つに分けて確認しましょう。

 

「酸い」は、「酸っぱい物・悪いこと」を意味します。

「酸」が付く熟語としては、
「酸味」(酸っぱい味)や「辛酸」(辛い目・苦しい思い)などが有名です。

 

そして、「甘い」は、「甘い物・良いこと」を意味します。

「甘」が含まれる言葉では、
「甘味」(甘い味・面白み)や「甘い汁を吸う」(苦労せずに利益だけ得る)などが代表的です。

最後の、「嚙み分ける」は
「違いを区別して味わうこと」を意味します。

ここで言う違いとは「酸い」と「甘い」の違いなので、
つらくて苦しい人生経験を「酸い」、楽しくて心地よい人生経験を「甘い」に例えています。

 

まとめると、
「酸っぱい味と甘い味を区別して、良い点も悪い点も知り尽くしている」となります。

よって、
長い間に色々な人生経験を積み、人情や世の中の事によく通じている
という意味になるわけです。

スポンサーリンク

酸いも甘いも噛み分けるの類語

酸いも甘いも噛み分ける 類語

 

続いて、「酸いも甘いも噛み分ける」の類語です。

類語には次のような言葉があります。

【機微に通じる(きびにつうじる)】

表面だけでは捉えることのできない微妙な事情や趣を詳しく知っている。

【世慣れる(よなれる)】

多くの経験を積み、世間の事情に通じている。

「世慣れ」は、文字通り「世間のことに慣れる」という意味です。

【花も実もある(はなもみもある)】

外観だけではなく、内容も優れていること。

「花」は外側・外観、「実」は内側・内容に例えられています。

【世故に長ける(せこにたける)】

世間の事情を詳しく知っていること。

「世故」とは、「世間の習慣・俗事・事情」という意味です。

合わせて4つの類語を紹介しました。

この中では、
「世慣れる」と「世故に長ける」が近い言葉だと言えますね。

人生で色々な経験を積んだことを元にして、
良い事も悪い事も何でも知っている様子であれば類語となります。

酸いも甘いも噛み分けるの英語

 

続いて、「酸いも甘いも噛み分ける」の英語訳です。

英語では次のように表現します。

 

taste the bitter and the sweet(苦しみや喜びを味わう)」

know both the bitter and the sweet of life(人生の苦しみや喜びを知っている)」

 

「bitter」は「苦味・苦しみ」、
「sweet」は「甘味・優しさ・喜び」という意味です。

「the bitter and the sweet」と書くことで、
「酸いも甘いも」を表すことができます。

また、「taste」は「味見をする」の意味が一般的ですが、
比喩的な表現として「喜びや悲しみなどを経験する」という意味でも使うことができます。

 

そして後者の方ですが、
「know」は「知っている」、「both」は「両方」という意味です。

最後に「of life」を付けることで、「世間の」という意味が加わります。

 

英文だと、次のような言い方です。

You have tasted the bitter and the sweet.(あなたは酸いも甘いも嚙み分けた人です。)

She has known both the bitter and the sweet of life.(彼女は世間の酸いも甘いも嚙み分けています。)

 

「昔のことが現在につながっている」というイメージで英文を作ります。

これを表現できるのが、現在完了形の継続用法です。

「主語+have/has+過去分詞(動詞の3つ目の形)」とすると、
「ずっと~している」という意味になり、現在に継続していることを表せます。

スポンサーリンク

酸いも甘いも噛み分けるの使い方・例文

 

最後に、
「酸いも甘いも噛み分ける」の使い方を例文で確認しておきましょう。

 

  1. 私の祖父は、世の中の酸いも甘いも嚙み分けた人だ。
  2. 酸いも甘いも嚙み分けて、立派な優しい大人になろう。
  3. 酸いも甘いも嚙み分けているから、心配しないでください。
  4. この地区の自治会長は、酸いも甘いも嚙み分けた頼れる人です。
  5. 彼女の表情は、自信に満ちた酸いも甘いも嚙み分けた笑顔でした。
  6. 先生は酸いも甘いも嚙み分けた人だから、文化祭のことを相談してみよう。

 

基本的には、
この慣用句はプラスのイメージで使うと考えて下さい。

主に身近にいる頼りになる人、
心の支えになってくれるような人を対象とします。

人生経験が豊富で信頼できる人などがピッタリですね。

 

また、言い回しとしては、
「酸いも甘いも嚙み分けた」や「酸いも甘いも嚙み分けて」のように、
形を少し変えて使うことが多いです。

さらに言うと、既に述べたように
「酸いも甘いも知りぬく」「酸いも甘いも知り抜いた」などの表現もよく使いますね。

合わせて覚えておきましょう。

まとめ

 

では、今回のまとめです。

 

酸いも甘いも嚙み分ける」=人生経験を積んで、人情・世事によく通じている。

語源」=酸っぱい味と甘い味を区別して、その良い点も悪い点も知り尽くしていることから。

類語」=「機微に通じる・世慣れる・花も実もある・世故に長ける」

「英語」=「taste the bitter and the sweet」「know both the bitter and the sweet of life」

 

「酸いも甘いも嚙み分ける」は、何でも知っている信頼できる人に使える言葉です。

周りにいる心強い方を表すときに、ぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク