この記事の読了時間: 47

食料 食糧 違い 意味 使い分け

 

「しょくりょう」という言葉は、
2つの漢字が使われていますね。

食料を備蓄する」「食糧危機に陥る」

どちらも似たようなイメージですが、
一体何が違うのでしょうか?

今回は「食料」と「食糧」の違い
について詳しく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

食料の意味・読み方

 

まずは、「食料」の意味からです。

【食料(しょくりょう)】

食用にする物。食べ物。

②食事の費用。また、生活費。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

食料」とは簡単に言うと
食べ物全般のこと」を指します。

したがって、
お米や野菜・肉・魚などあらゆる食べ物
が含まれることになります。

 

主な使い方としては、以下の通りです。

食料を調理して、夕飯の献立を完成させる。

この場合は、
「肉や魚などを調理して、夕飯を完成させる」ということですね。

「食料」の方は、
普段から使っているので分かりやすいでしょう。

 

ちなみに、明治時代の小説などでは、
「食料」=「食事の代金」という意味でも使われています。

上の辞書の説明だと②ですね。

ただし、
現在はこの意味で使われることはほぼありません。

なので、無理して覚える必要はないでしょう。

食糧の意味・読み方

 

続いて、「食糧」の意味です。

【食糧(しょくりょう)】

食用とする物。食物。糧食。特に、米・麦などの主食物をさす。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

食糧」とは、
米や麦などの主食」という意味です。

使い方としては、以下のように使います。

東南アジアで、食糧危機が発生する。

この場合は要するに、
米などの作物が不足する」ということですね。

 

「食糧」は、
「主食」に対して使うのが特徴と考えて下さい。

「主食」とは、
普段の食事で主となる穀物を指し、米や麦以外には、
パンやトウモロコシ・イモなども含まれます。

これらのエネルギー源となる炭水化物系の食べ物のことを、
「食糧」と呼ぶわけです。

スポンサーリンク

食料と食糧の違い

食料 食糧 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

食料」=食べ物全般のこと。

食糧」=米や麦などの主食のこと。

ということでした。

 

両者の違いを一言で言うと、
意味の範囲」ということになります。

 

食糧」は、
主食のみを指すため食べ物の範囲としては狭いです。

一方で、「食料」は、
主食以外も指すため食べ物の範囲としては広いのです。

 

以上の事から考えると、
食料≧食糧」という関係が成り立つことが分かるかと思います。

つまり、
食料のうち、主食となるものが食糧」ということですね。

「食料の中に食糧が含まれる」と考えてもらっても構いません。

 

念のため、両者の語源も確認しておくと、

「食糧」の「糧」には、
蓄える」「携帯する」などの意味があります。

実際に、
「お米」というのは、貯蔵庫に蓄えたり
おにぎりとして持ち歩いたりしますよね?

ここから、「食糧」は
穀物のような食べ物を指すようになったのです。

 

一方で、「食料」の方は
食事の材料」という意味があります。

したがって、本来の意味としては、
「食料」は「料理を作る前の材料」を指すのが適切なのです。

このように、漢字の語源から考えていくと、
両者の違いを理解しやすいでしょう。

 

ちなみに、経済用語としてよく使われる
食糧自給率」があります。

「食糧自給率」とは、
「国内における食糧の消費が、どれだけ国産で賄われているか?」を表した指標です。

本来は、「食糧自給率」が正しいのですが、
最近では「食料自給率」と書く場合もあります。

その理由は、昔に比べて
お菓子やスイーツなど主食以外の割合が
増えてきたからだと言われています。

時代とともに食生活が変化したため、
言葉も変わってきたということですね。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では最後に、それぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【食料の使い方】

  1. 自炊して節約するために、自分で食料を買いに行く。
  2. バーベキューを行うために、食料を調達した。
  3. 生鮮食料品の売り場で、新鮮な魚を購入する。
  4. 売れ残って使い物にならない食料を廃棄する。
  5. 日本は海外から多くの食料を輸入している。

 

【食糧の使い方】

  1. 日本の食糧自給率は、海外に比べて低い。
  2. 各国の食糧問題を解決するために、対策を練る。
  3. アフリカ諸国における食糧事情が悪化する。
  4. 一週間分の食糧を携行するようアドバイスした。
  5. 100年後は、人口爆発により食糧不足が起きると言われている。

 

基本的には、主食か主食じゃないかで判断します。

もしも、どちらを使うか迷った場合は、
その食べ物を持ち運んだり貯蔵したり
するかどうかで考えてみてください。

例えば、
ホウレンソウなどは持ち運んだりはしませんよね?

したがって、
ホウレンソウは「食料」となるわけです。

もちろん、
単に「主食じゃないから」
と判断しても構いません。

関連:>>温めると暖めるの違いとは?意味や使い分けを解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると、

食料」=食べ物全般のこと。本来は「食事の材料」という意味。

食糧」=米や麦などの主食のこと。

ということでした。

覚え方としては、
食料のうち、主食となるものが食糧」と記憶しておきましょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)