この記事の読了目安: 711

秩序とは 意味 簡単に わかりやすく 反対語

 

秩序」という言葉は普段からよく使われていますね。

秩序を乱す」「秩序を保つ

ただ、よく使われているにも関わらず、
言葉のイメージがつかみにくいと感じる人も多いようです。

そこで今回は、「秩序」の意味を具体例を交えて
なるべく簡単に分かりやすく解説しました。

後半では、「類語」や「対義語」などにも触れています。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

秩序の意味・読み方

 

まず、「秩序」の意味を調べると、
次のように書かれています。

【秩序(ちつじょ)】

物事を行う場合の正しい順序・筋道。

その社会・集団などが、望ましい状態を保つための順序やきまり。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

秩序」とは、簡単に言うと、
順序や決まりのこと」だと思ってください。

一般的には、「秩序」は「決まり
という意味で使われることが多いです。

 

「秩序」の分かりやすい例としては、
交通ルール」が挙げられます。

私たちが生活している社会は、
「交通ルール」という決まりごとがあります。

もしも、「交通ルール」がなければ、
交差点や横断歩道は大混乱になってしまうでしょう。

赤信号や青信号がないのですから当然ですよね。

 

当たり前のことですが、社会は
みんなが交通ルールを守ることによって動いています。

このように、交通ルールがしっかり整備された社会を
秩序が保たれた社会」などと言うわけです。

 

もう一つ、「秩序」の例を挙げましょう。

組織や集団で生活するには、ルールが必ず必要となります。

簡単な例が「校則」です。

「校則」とは、学校のルールのことですね。

 

学校には、様々な「校則」があります。

例えば、以下のようなものです。

  • 制服を着用すること。
  • 髪は染めないこと。
  • アルバイトは禁止。
  • バイク通学は禁止。

 

このようなルールに従ってこそ、
生徒は学校に通うことが許可されています。

ところが、ある生徒が何度注意されても
私服で来たりバイク通学し続けたとします。

そんな時、この生徒のことを
学校の秩序を乱す生徒」などと言うわけです。

 

つまり、「秩序」とは
人が集団で生きていく上でのルールのようなもの
ということですね。

人が社会で生きていくためには、
必ず「秩序」が必要とされます。

逆に言えば、「秩序」がない社会は皆が好き勝手に行動するので、
一種の無茶苦茶な社会だとも言えるのです。

スポンサーリンク

秩序の対義語

秩序 対義語 反対語

 

秩序」の「反対語」は、
混沌(こんとん)」と言います。

意味は以下の通りです。

【混沌(こんとん)】

①天地がまだ開けず不分明である状態。

すべてが入りまじって区別がつかないさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

この場合の「混沌」は、
②の意味を覚えておけば問題ありません。

すなわち、
物事が入り混じって区別がつかない様子」という意味です。

言いかえれば
順番やルールなどがなく、めちゃくちゃな状態
ということですね。

 

混沌」の簡単な例は、
プロ野球の順位」が挙げられるでしょう。

プロ野球というのは、
毎年4月~10月までの長い期間で試合をします。

そのため、8月や9月などのシーズン終盤には、
各チームの順位がはっきりすることがほとんどです。

 

ところが、場合によっては
シーズン終盤になっても複数のチームが上位を争い、
最後の最後まで順位が分からない時があります。

そんな時、
優勝の行方は混沌としている」などと言うわけです。

つまり、順位がはっきりせず、
複数のチームが上位に入り混じっている状態

ということですね。

 

もう一つ例を挙げましょう。

日本だけでなく世界にもルールがあります。

世界のルールは「国際法(こくさいほう)」と呼ばれ、
世界共通の法律のことを指します。

 

しかし、そんな「国際法」というルールに反して
好き勝手をする国が現れたとします。

例えば、
ミサイルを撃ち込んだりテロ行為をしたりといったことです。

こういったケースでよく使われるのが、
世界情勢が混沌とする」という言い方です。

意味としては、
世界のルールなどが破られ、めちゃくちゃな状態になる」ということです。

スポンサーリンク

秩序の類義語

秩序 類語 コスモス

 

一方で、「秩序」の「類義語」は
以下のようなものが挙げられます。

 

  • 順位(じゅんい)
  • 順番(じゅんばん)
  • 規律(きりつ)
  • 規範(きはん)
  • 整頓(せいとん)
  • マナー
  • ヒエラルキー
  • コスモス

 

一般的には、順位や順番が正しければ
秩序正しく並べる」のように使います。

また、規律や規範・マナーなどが守られていれば
秩序を守る」のように使います。

 

ちなみに、最後の「コスモス」とは、
ギリシャ語で「(秩序のある)宇宙」という意味です。

古代のギリシャ人は、
宇宙が生まれる前の状態を「カオス(無秩序な状態)」と名付けました。

そして、宇宙というものが誕生してからは、
「宇宙」は「秩序ある運行に基づいている」と考えられてきました。

このことを「カオス」と対立する概念として、
「コスモス」と名付けたのです。

花の名前である「コスモス」も、
秩序のある形をしているのが由来と言われています。

秩序の英語訳

 

続いて、「秩序」の英語訳です。

「秩序」は、英語だと次の2つの言い方をします。

 

①「order(順序・秩序)」

②「discipline(規律・統制)」

 

①の「order」は「順序・順番」などの訳です。

これは野球の打順の事を「オーダー」
ということからも分かるかと思います。

ここから派生して、「秩序」という意味でも使えます。

そして、②の「discipline」は
「規律・統制」という訳です。

「discipline」は「訓練・修練・しつけ」などの訳もありますが、
ここでは「組織内での規律」という意味で使われています。

 

どちらの単語も使えますが、「order」の方が、
「(社会の広い)秩序」という意味で幅広く使うことができます

「discipline」の方は「order」よりも、
秩序の対象が狭いイメージで考えて下さい。

 

例文だと、次のようになります。

We must keep law and order.(私達は法と秩序を守らなければならない。)

He disturbed the order in this village.(彼はこの町の秩序を乱した。)

You should keep discipline in the classroom.(あなたはクラス内の規律を守るべきだ。)

スポンサーリンク

 

秩序の使い方・例文

 

では最後に、それぞれの使い方を
実際の例文で確認しておきましょう。

 

【秩序の使い方】

  1. 学校の秩序を乱すような行為はあってはならない。
  2. 社会の秩序を保つためには、法の整備が必要である。
  3. 自衛隊は秩序を厳格に守らなければいけない組織である。
  4. マニュアルに書いてあった通り、秩序正しく商品を並べた。
  5. 古代人の宇宙完成イメージは、秩序あるコスモスであった。

 

【混沌の使い方】

  1. ゲーム差2.0以内に上位4チームが入り、優勝の行方は混沌としている。
  2. この八百屋は色々な野菜や果物が不規則に並べられており、混沌としている。
  3. 言葉が使われるより前の世界は、秩序はなく混沌とした世界であった。

 

基本的には、「秩序」は
決まり」もしくは「順番」という意味で使われます。

言い回しとしては、
秩序を守る」「秩序を乱す」「秩序ある」などが多いです。

あとは、現代文などであれば、
どんなテーマの文章で使われるかを把握することですね。

 

よくあるのが「混沌」と一緒に用いられるような場合です。(例文3.)

言葉」というのは、
評論文として扱いやすいテーマと言えます。

言葉が広まっていなかった時代は、
いわば「混沌とした時代」でした。

なぜなら、
言葉がなければルール自体を整備するのが難しいからです。

そこで、
混沌とした世界に言葉を与えることによって、人間は秩序ある社会を作れた」という内容の文章が書かれやすいのです。

このように、社会に秩序をもたらすきっかけとなるような話は、
入試では頻出のテーマと言っていいでしょう。

関連:>>抽象的とは?意味や対義語をわかりやすく解説

関連:>>理論と論理の違いとは?意味をわかりやすく解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると、

秩序」=順序や決まりのこと。

対義語」=「混沌」(物事が入り混じって区別がつかない様子)

類語」=「順位・順番・規律・規範・コスモス」など。

英語」=「order(順序・秩序)」「discipline(規律・統制)」

ということでした。

 

「秩序」という言葉は、
日常的な文章から堅い文章まで幅広く使われています。

この記事をきっかけに、
ぜひ正しい使い方をできるようになってください。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。