この記事の所要時間: 446

通時的 共時的 意味 わかりやすく

 

今回は、
通時的」と「共時的
の意味を解説していきます。

 

この2つの言葉は、
現代文の用語というイメージですよね。

また、言語学の分野でも
よく使われているようです。

難しそうなイメージですが、
一体どんな意味なのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

通時的の意味

 

まずは、
「通時的」の意味です。

【通時的(つうじてき】

言語学者ソシュールの用語。関連する複数の現象や体系を、時間の流れや歴史的な変化にそって記述するさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

通時的」とは、
時間や歴史の流れによって、変化を見ること
だと思ってください。

 

分かりやすい例を挙げましょう。

「文化」というのは、
歴史的に見て様々な変化がありました。

 

例えば、
食べ物・住居・宗教などの変化です。

これらの文化を
実際に研究するとなった場合、
様々な方法がありますよね。

 

その中の一つとして、
「歴史的な流れの中で文化を調べる」
という方法があります。

日本で言えば、
江戸→明治→大正→昭和→平成」のように、
歴史の流れに沿って研究するのです。

 

このような研究方法は、まさに
通時的な研究」と言うことができるでしょう。

 

つまり、
物事を歴史的にタテに見ること」を
通時的」と呼ぶわけですね。

共時的の意味

 

続いて、
「共時的」の意味です。

【共時的(きょうじてき)】

言語学者ソシュールの用語。時間の流れや歴史的な変化を考慮せず、一定時期における現象・構造について記述するさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

共時的」とは、
変化ではなく、固定的な構造を見ること
だと思ってください。

 

こちらも、先ほどと同じ
「文化」を例にして説明します。

 

文化について調べる場合、
共時的な研究」というのは、
ある一定の時代を調べる」という意味になります。

 

例えば、
「江戸時代についての文化を調べる」
のようなことですね。

この場合、
明治や昭和の文化については考慮されません。

あくまで、江戸時代限定です。

 

つまり、
物事を同時代のヨコの関係で見ること」を
共時的」と呼ぶわけですね。

スポンサーリンク

通時的と共時的の違い

通時的 共時的 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

通時的」=時間や歴史の流れによって、変化を見ること。

共時的」=変化ではなく、固定的な構造を見ること。

ということでした。

 

つまり、
両者の違いを簡単に言うと

物事を時間の縦軸で見るのが「通時的

物事を時間の横軸で見るのが「共時的

だと言えるでしょう。

 

通時的」は、「間をす」と書きます。

つまり、
時間を通すように過去にさかのぼって
物事を見るのです。

 

一方で、「共時的」は、
有する」と書きます。

つまり、
同じ時代や同じ時間を共有することによって
物事を見るのです。

 

イメージの仕方としては、

通時的」=「時間的な広がり・歴史

共時的」=「空間的な広がり・地理

と覚えると分かりやすいですね。

 

どちらも広がりがありますが、
「通時的」は「過去」→「現在」→「未来」
のように時間的に広がる見方です。

一方で、「共時的」は
アジア・ヨーロッパ・アフリカなど
地理的にも広がる見方なのです。

 

ちなみに、似たような言葉として
通時態」と「共時態」があります。

 

通時態(つうじたい)」とは、
言語のあり方を時間軸に沿ってとらえる状態
という意味です。

そして、
共時態(きょうじたい)」とは、
ある言語の特定時点における状態」という意味です。

 

どちらも、
「ソシュール」という学者の用語で、
言語学を扱った文章に出てきますね。

スポンサーリンク

通時的・共時的の類語

通時的 共時的 類語

 

「通時的・共時的」の
「類語」には以下のものがあります。

 

通時的の類語】

経時的(けいじてき)

⇒時間の経過をたどるさま。

縦断的(じゅうだんてき)

⇒物事を縦方向にとらえるさま。

共時的の類語】

構造主義(こうぞうしゅぎ)

⇒全体の大きな枠組みの中で、個々のものをとらえる考え方。

構造主義」も、
大学入試によく出てくる大事な用語です。

そのため、
受験生は以下の記事も
確認しておくことをおすすめします。

>>構造主義とは?具体例を使いわかりやすく解説

横断的(おうだんてき)

⇒物事を横方向にとらえるさま。

 

以上が「類語」となります。

類語もしっかり覚えておけば、
意味をイメージしやすいですね。

 

ちなみに、
同義語」としては
以下の2つも挙げられます。

「通時的」⇒「時間的

「共時的」⇒「空間的

こちらも覚えておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を、
実際の例文で確認しておきましょう。

 

  1. 通時的な方法によって、過去の歴史を調査する。
  2. 伝統というのは、先人たちの風習を通時的に真似することである。
  3. 世界史は、通時的な勉強だけではなく、共時的な勉強も必要だ。
  4. 共時的な方法によって文明を調べると、新たな発見ができるものだ。
  5. 当時のヨーロッパにおける、共時的言語学について研究した。
  6. 日本語を通時的に考えると、様々に変化してきた言語と言えるが、共時的に考えれば、国内に様々な方言が存在する言語と言える。

※「共時的言語学」とは、
歴史的考察を排除して、ある言語の一時期を調べる学問のことです。

関連記事:>>文化と文明の違いとは?意味をわかりやすく解説

関連記事:>>文化相対主義とは?具体例や問題点を解説

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

通時的」=時間や歴史の流れによって、変化を見ること。(縦軸で見る)

共時的」=変化ではなく、固定的な構造を見ること。(横軸で見る)

ということでしたね。

 

ぜひ正しい意味を
理解していただければと思います。

今回は以上です!

スポンサーリンク