この記事の所要時間: 438

抽象とは 意味 わかりやすく

 

今回は、
抽象的」の意味を
解説していきます。

 

「抽象」という言葉は、
「現代文によく出てくる」というイメージですね。

一見簡単そうに見えますが、
実は分かりくいと感じる人も多いようです。

そのため、図などを使って
ていねいに解説したいと思います。

 

では、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

抽象の意味

 

「抽象」
の意味を辞書で引くと
以下のように書かれています。

【抽象(ちゅうしょう)】

いくつかの事物に共通なものを抜き出して、それを一般化して考えるさま。他との共通点に着目し、一般的な観念へとまとめ上げること。

②頭の中だけで考えていて、具体性に欠けるさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

抽象」とは、
他との共通点に着目し、一般的な観念にまとめること
を言います。

 

観念」の意味が分からない人は、
以下の記事を参照してください。

>>概念と観念の意味をわかりやすく解説

 

「抽象」の意味は難しいため、
図を使って説明したいと思います。

抽象的 意味 わかりやすく 対義語 例文

上記の図は、
上に行けば行くほど抽象化されており、
下に行けば行くほど具体化されている
と言えます。

具体(ぐたい)」とは、「抽象」の対義語で、
(=姿や形)を(そな)えている」
という意味です。

目に見える姿や形があるので、
「具体」というのですね。

 

ここで、「抽象」を理解するために、
もう一度上の図を見てください。

 

Aさんは「ポチ」を、
Bさんは「小春」をそれぞれ飼っていました。

飼い主であるAさんにとって、
「ポチ」は、茶色くて短足でタレ目な犬です。

つまり、具体的な存在だと言えます。

 

しかし、
そんなポチを「」と呼んだとき、
ポチを抽象化したことになります。

 

なぜなら、「犬」と呼んだ瞬間に
「茶色くて短足でタレ目」という具体的な性質が
取り除かれてしまうからです。

「犬」と呼んだ時点で、
一般的な「犬」と同じ扱いになってしまう
ということですね。

 

つまり、「抽象」とは
具体的なものが持つ共通した性質の一つに注目し、
それを抽(ひ)き出して、一般化すること
」だと言えます。

 

ポチも小春も「」という共通点を持っています。

この「犬」という共通点を見つけて、
1つの意味(犬)としてまとめることが
抽象」なのです。

 

何となく意味を理解できましたか?

 

ちなみに、
何が具体的で何が抽象的かは、
状況によって変わってきます。

 

先ほどの図だと、「猫」という言葉は、
ニャン太やタマから見れば抽象的ですが、
哺乳類や動物から見れば具体的といえます。

したがって、文章を読むときは、
「具体」と「抽象」が何を指しているかを
柔軟に読み取る必要があると言えるでしょう。

 

いずれにせよ、「抽象」というのは
共通要素を見つけてまとめる(一般化する)こと
を言います。

「抽象」の意味が分かったので、
「抽象的」の意味も簡単に分かるはずです。

 

「抽象的」一般的であるさま。転じて、具体性に欠けて分かりにくいさま。

 

名詞の後ろに「的」がつくと、
「~であるさま、~な様子」
という意味になるわけですね。

スポンサーリンク

抽象の対義語・類義語

抽象 意味

 

それぞれの
「対義語」と「類義語」
も押さえておきましょう。

対義語

 

「抽象」の対義語は、
すでに説明した通り「具体」となります。

「具体」の意味は以下の通りです。

 

具体」=はっきりした姿や形をもっているさま。

 

「具体」も「抽象」と同様に、
「具体的」「具体化」といった形で使われます。

例えば、
以下のような使い方です。

「もっと具体的に説明してください。」

この場合は、
「何か姿や形を想像できるような
分かりやすい説明をしてください」という意味ですね。

類義語

 

一方で、
「抽象」の類義語は、
一般化」「普遍化」などが挙げられます。

 

一般化」=共通する性質を抽象し、一つの概念にまとめること。

普遍化」=特殊なものから普遍的な法則や概念を作り出すこと。

 

「普遍」の意味については、
以下の記事を参照してください。

>>普遍的の意味とは?対義語や使い方も解説

 

また、
「抽象」と同じくらい大事な用語として、
捨象(しゃしょう)」があります。

捨象」を理解していないと、
本当の意味での「抽象」を理解していない
と言ってもよいです。

そのため、「捨象」の意味も
押さえておくことをおすすめします。

>>捨象の意味を簡単にわかりやすく解説

スポンサーリンク

使い方・例文

 

「抽象」という言葉は、実際に
どのように使えばよいのでしょうか?

以下に例文を用意しましたので、
確認しておきましょう。

 

  1. ほ乳類という抽象的概念に対し、全員が同じ絵を描くことは難しい
  2. あなたの意見は抽象的で分かりづらいので、具体的な例を挙げて説明して下さい。
  3. 「好きな食べ物は甘い食べ物である」という言い方は、非常に抽象的だ。
  4. ベーゴマやお団子、着物などを抽象すると、日本文化ということになる。
  5. 野球・サッカー・テニスを抽象すると、およそスポーツと呼ばれるものになる。
  6. 抽象画の価値というものは、人によっては全く分からない。

※「抽象画」とは、
人物や果物など具体的なものを表現するのではなく、
頭の中で思い描いたものを表現した作品のことです。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回は、「抽象的」
の意味について解説しました。

 

まとめると、

抽象」=他との共通点に着目し、一般的な観念にまとめること。

抽象的」=一般的であるさま。転じて、具体性に欠けて分かりにくいさま。

対義語」⇒「具体」(はっきりした姿や形をもっているさま

ということでしたね。

 

なかなか難しい内容ですが、
理解できれば大きな武器となるはずです。

今回は以上となります!

スポンサーリンク