この記事の読了目安: 720

無常ということ 要約 解説 現代語訳 意味調べノート 漢字 わかりやすく

 

『無常ということ』は、小林秀雄による評論文です。高校現代文の教科書にも取り上げられています。

ただ、本文を読むとその内容が分かりにくい箇所もあります。そこで今回は、『無常ということ』のあらすじや要約、意味調べ、現代語訳などを含め簡単に解説しました。

『無常ということ』のあらすじ

 

本文は、大きく分けて4つの段落から構成されています。ここでは、各段落ごとのあらすじを簡単に紹介していきます。

あらすじ

①先日、比叡山の山王権現の辺りをうろついていると、『一言芳談抄』にある文が心に浮かび、しみわたった。あの時、自分は何を感じ、何を考えていたのだろうか。

②あれほど自分を動かした美しさはどこに消えてしまったのか。消えたのではなく、取り戻す術を自分は知らないのかも知れない。あの時はよけいなことは何一つ考えなかった。僕は、ある充ち足りた時間があったことを思い出しているだけだ。あの時は、実に巧みに鎌倉時代を思い出していたのではなかったか。

③歴史は、新しい見方とか新しい解釈とかいう思想にやられてしまうような脆弱なものではない。解釈を拒絶して動じないものだけが美しい。死んでしまった人間というのは、まさに人間の形をしてしっかりとしているが、生きている人間などというものは、どうもしかたなのない代物である。そうだとすると、生きている人間とは、人間になりつつある一種の動物かもしれない。

④思い出が、僕らを一種の動物であることを救う。記憶するだけではいけないのだろう。上手に思い出すことは非常に難しいが、それが過去から未来に向かって飴のように延びた時間という蒼ざめた思想から逃れる唯一の本当に有効なやり方のように思える。常なるものを見失った現代人は、自らのおかれた一種の動物的状態がわかっていないのである。

『無常ということ』の要約解説

 

要約歴史は新しい見方や解釈などという思想にやられるような脆弱なものではない。多くの歴史家が一種の動物にとどまるのは、心を虚しくして思い出すことができないからだ。思い出は僕らを一種の動物であることを救うため、上手に思い出すことが現代における最大の妄想から逃れる唯一のやり方である。無常は人間のおかれる一種の動物的状態であり、それへの気づきである。常なるものを見失った現代人は、その事を分かっていない。(197文字)

本文はまず、第一段落と第二段落で話の導入および具体例が示されています。次に、第三段落と第四段落で「歴史とは何なのか?」「無常とは何なのか?」といったことが語られています。

全体を通して筆者が主張したいことは、第三段落と第四段落に集約されていると言えます。 つまり、歴史の見方や解釈などといった思想は歴史の魂とは無縁である。常なるものを見失った現代人は、自らのおかれた動物的状態が分かっていない。こういった主張です。

『無常ということ』の意味調べノート

 

【ある人いはく、~申すとなり云々】の現代語訳

⇒「ある人の言うことには、山王権現に、わざとかんなぎの格好をした新米の女房が、十禅寺の前で、夜更け方、人が寝静まってから、とんとんと、鼓を打ち、すずしげな声で、どうでもこうでもよろしゅうございます、などとうたった。その心を人に強く問われて言うことには、生死無常の有り様を思うと、現世のことはどうでもこうでもよろしゅうございます。なにとぞ来世は浄土に生まれますようにと申し上げたということである。」『一言芳談抄』の引用から始めることで、読者になぞめいた感じをもたせ筆者の語りに誘い込んでいる。

【いい文章だと心に残った】⇒本文の核をなす筆者の率直な感想。

【突然、この短文が、~心にしみわたった】⇒『一言芳談抄』の言葉が、無意識的に圧倒的訴求力で迫り、何らかの強くて明確な印象を心に残した。「突然」が、思いもよらぬインスピレーションの発動を、「絵巻物の残欠」が過去の遺産(歴史)がもつ力を、「細勁な描線」が明確な印象を表現している。

【残欠(ざんけつ)】⇒遺物などの一部が欠けて不完全であること。

【 あやしい思い】⇒初めての経験に心が動いて、そのことを抑え切れない状態。「あやしい」には、古語で「不思議だ」「神秘的だ」「程度が甚だしい」などの意味がある。

【取るに足らぬある幻覚】⇒「経験」を「幻覚」という言葉で規定しようとするのだが、それは「便利な考え」としてすぐ否定される。「幻覚」などではないということを強調している。

【遜色(そんしょく)】⇒他と比べて劣る様子。

【それをつかむに適したこちらの心身のある状態】⇒「それ」とは「美しさ」のこと。「心身のある状態」とは「新しい見方とか新しい解釈とかいう思想からはっきりと逃れた状態」のこと。

【こんな子どもらしい疑問】⇒「あれほど自分を動かした美しさはどこに消えてしまったのか」ということ。

【萌芽(ほうが)】⇒物事の始まり。きざし。

【僕は決して美学には行きつかない】⇒自分の体験は個別的・具体的なものであり、抽象化し、概念化された「美学」ではないということ。

【確かに空想なぞしてはいなかった】⇒比叡山での体験を振り返って、「見方・解釈」という知的なものを排除して残ったものが「青葉が太陽に・・・はっきりと遡った」という事実だったということ。つまり、「よけいなことは何一つ考え」ないという「心身のある状態」であったということ。「空想」とは、ここでは「特定の見方・解釈を施すこと」を意味する。

【そういうぐあいな考え方】⇒「どのような自然の、・・・順応したのだろうか」という分析的な考え方。

【一片の洒落にすぎない】⇒分析的な考え方を揶揄した表現。

【充ち足りた時間(みちたりたじかん)】⇒『一言芳談抄』の鮮やかに浮かび上がった文章をはっきり辿り、よけいなことは何一つ考えなかった時間。

【今はうまく・・・思い出していたのではなかったか】⇒「今」とは、あれこれと分析しながらこの文章を書いている時。「あの時」とは、純粋体験から感動を受けた時。「思い出す」という行為の違いに着目。

【手管(てくだ)】⇒人を操る駆け引きの手段。「手管めいた」の「めいた」は「そう見える」という意。

【動かし難い形】⇒解釈や見方というもので、あれこれと分析したり説明することができるようなものではないもの。

【脆弱(ぜいじゃく)】⇒もろくて弱いこと。

【合点(がてん)】⇒納得。

【晩年の鷗外が考証家に堕した】⇒晩年の鷗外が、創作ではなく史実中心の作品を書くようになったということ。

【堕す(だす)】⇒堕落する。

【歴史の魂】⇒ここでは、歴史の根底・本質の意。

【推参(すいさん)】⇒自分のほうから押しかけて訪問すること。ここでは、鷗外が「解釈」というものから逃れることで、「歴史の魂」に到達しえたことを意味する。

【代物(しろもの)】⇒対象物をあなどっていう言い方。

【のっぴきならぬ】⇒避けることも退くこともできない。

【蒼ざめた思想】⇒生気のない冷たい思想。

【妄想(もうそう)】⇒ありもしないことを想像して事実だと信じること。

【成功の期はあるのだ】⇒「上手に思い出すこと」によって「過去から未来に向かって飴のように延びた時間という蒼ざめた思想」から逃れることができるということ。

【この世は・・・ようなものではあるまい】⇒無常とは仏教の所説などではなく、「人間のおかれる一種の動物的状態」、つまり人間的な惑いにあるのだということ。

『無常ということ』のテスト対策問題

 

問題0

次の傍線部の仮名を漢字に直しなさい。

①夜がける。

ゲンカク症状に悩む。

③他の作品と比べてもソンショクない。

ハンコウ的な態度をとる。

⑤不規則な生活にす。

⑥被害モウソウに陥る。

解答①更 ②幻覚 ③遜色 ④反抗 ⑤堕 ⑥妄想
問題1「そんなつまらぬこと」とはどういうことか?
解答例『一言芳談抄』が兼好の愛読書だったとか、『徒然草』のうちに置いても遜色ないということ。
問題2あの時は、実に巧みに思い出していたのではなかったか。とあるが、「あの時」とはいつのことか?
解答例比叡山で筆者が『一言芳談抄』の短文を思い出した時。
問題3「実は、何を書くのか判然しないままに書き始めている」とあるが、筆者がこの文章を書いたきっかけは何か?
解答例心に去来した感銘・感情を「思想」や「知識」によって規定するのではなく感情の生まれる萌芽から解き明かそうとしたこと。
問題4

本文中の次の部分は、それぞれどういうことを述べたものか?

①そういう便利な考え

②自分が生きている証拠だけが充満し、その一つ一つがはっきりとわかっているような時間

③この一種の動物という考え

④過去から未来に向かって飴のように延びた時間という蒼ざめた思想

解答例

①自分が感じ、考えた疑問を「幻覚」として何事もなかったように取り扱うこと。

②よけいなことは何一つ考えることなく、自分の心を動かした体験がはっきりとわかる瞬間。

③生きている人間は対象を解釈することに懸命になって「対象そのもの」へ心を向けることがないために、曖昧で不明瞭な存在となっているという考え。

④人間の個別的な生とは関係なく、過去から未来への時間軸の中で合理的に説明される思想。

問題5筆者は、「歴史」と「思い出す」ということの関係はどうあるべきだと述べているか、説明しなさい。
解答例「歴史」は普遍的・合理的に解釈したり、分析したりするものではない。自分の生との関わりの中で個別的・具体的に「思い出す」ことで、自分の存在を明らかにする関係でなければならない。

まとめ

 

以上、今回は『無常ということ』について解説しました。この評論は、一つ一つの言葉や話の流れを理解すれば難しくありません。ぜひ正しい読解をできるようになって頂ければと思います。

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・宅地建物取引士など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)