この記事の読了目安: 68

抽象とは 意味 わかりやすく

 

今回は、
抽象的」の意味や使い方を解説していきます。

「抽象」という言葉は、
現代文によく出てくるというイメージですね。

抽象的な思考」「抽象的な言葉

普段から何となく使われていますが、
実際は分かりくいと感じる人も多いようです。

そのため、図や例などを使って
なるべく簡単に分かりやすく説明しました。

では、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

抽象の意味

 

まず、「抽象」の意味を辞書で引くと、
次のように書かれています。

【抽象(ちゅうしょう)】

いくつかの事物に共通なものを抜き出して、それを一般化して考えるさま。他との共通点に着目し、一般的な観念へとまとめ上げること。

頭の中だけで考えていて、具体性に欠けるさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

抽象」とは、
他との共通点に着目し、一般的な観念にまとめること」を意味します。

「観念」とは、簡単に言うと、
「物事に対して持つ考えのこと」だと思って下さい。

 

「抽象」の意味は難しいため、
図を使って説明したいと思います。

最初に、下記の図をご覧ください。

抽象的 意味 わかりやすく 対義語 例文

この図は、
上に行けば行くほど「抽象化」されており、
下に行けば行くほど「具体化」されていると言えます。

具体(ぐたい)」とは「抽象」の反対語で、
(=姿や形)を(そな)えている」という意味です。

要するに、目に見える姿や形があるので、
「具体」というわけですね。

 

ここで、「抽象」を理解するために、
もう一度上の図を確認してください。

Aさんは「ポチ」を、
Bさんは「小春」をそれぞれ飼っていました。

飼い主であるAさんにとって、
「ポチ」は、茶色くて短足でタレ目な犬です。

つまり、具体的な存在だと言えます。

 

しかし、
そんなポチを「犬」と呼んだとき、
ポチを抽象化したことになります。

なぜなら、「犬」と呼んだ瞬間に
「茶色くて短足でタレ目」という具体的な性質が取り除かれてしまうからです。

「犬」と呼んだ時点で、
一般的な「犬」と同じ扱いになってしまうということですね。

つまり、「抽象」とは
具体的なものが持つ共通した性質の一つに注目し、
それを抽(ひ)き出して、一般化すること
」だと言えます。

 

ポチも小春も「」という共通点を持っています。

この「犬」という共通点を見つけて、
1つの意味(犬)としてまとめることが「抽象」なのです。

 

ちなみに、
何が具体的で何が抽象的かは状況によって変わってきます。

先ほどの図だと、「猫」という言葉は、
ニャン太やタマから見れば「抽象的」ですが、
哺乳類や動物から見れば「具体的」といえます。

したがって、文章を読むときは、
「具体」と「抽象」が何を指しているかを
柔軟に読み取る必要があると言えるでしょう。

 

いずれにせよ、「抽象」というのは
共通要素を見つけてまとめる(一般化する)こと」です。

したがって、
「抽象的」の意味も簡単に分かるはずです。

 

「抽象的」一般的であるさま。転じて、具体性に欠けて分かりにくいさま。

 

名詞の後ろに「的」がつくと、
「~であるさま・~な様子」という意味になるわけですね。

スポンサーリンク

抽象の使い方・例文

 

では、「抽象」という言葉は、
実際にどのように使えばよいのでしょうか?

以下に例文を用意しましたので、確認しておきましょう。

 

  1. ほ乳類という抽象的概念に対し、全員が同じ絵を描くことは難しい
  2. あなたの話はかなり抽象的なので、具体的な例を挙げた方がいい。
  3. 「好きな食べ物は甘い食べ物である」という言い方は、非常に抽象的だ。
  4. ベーゴマやお団子、着物などを抽象すると、日本文化ということになる。
  5. 野球・サッカー・テニスを抽象すると、およそスポーツと呼ばれるものになる。
  6. 抽象的な思考をすることにより、ビジネスでのアイデアを高めていく。
  7. 抽象画の価値というものは、人によっては全く分からないものである。

 

1.の「哺乳類」は、
先ほどの図だとかなり上の方に位置しています。

このように、上の方に位置する名称は、
具体的な性質が取り除かれたものだと言えます。

したがって、「抽象的」を用いるわけですね。

 

また、2.は日常会話でもよく使われています。

相手の話が「抽象的」、すなわち
「具体性が欠けていて分かりにくい」ということです。

例えば、「愛」や「平和」「心」など、
抽象的な言葉ばかりを使って話している人がいたとしましょう。

当然、具体的な姿や形がない言葉なので、
相手にとっては分かりにくく聞こえます。

このような場合に、
「あなたの話は抽象的だ」などと言うのです。

 

さらに、「抽象的」という言葉は6.のように、
ビジネスで使われる場合もあります。

ビジネスでは、「一つの課題に対して抽象度を高めていくことで、
アイデアを生み出していく
」という意味で使われることが多いです。

共通認識をすることにより、ビジネスを俯瞰的に見ることができ、
結果的に視野も広がるのでこの抽象的思考を実践している企業も多いです。

なお、7.の「抽象画」とは、
人物や果物など具体的なものを表現するのではなく、
頭の中で思い描いたものを表現した作品のことを指します。

スポンサーリンク

抽象の英語訳

 

次に、英語訳を見ていきます。

 

「抽象」は英語で「abstract」「abstraction」などと言います。

また、「抽象的」だと「abstract」「abstractive」などとも言います。

「abstract」は、
名詞、形容詞、どちらの意味でも使うことが可能です。

一般的には、「抽象」は「abstraction」、
「抽象的」は「abstract」を使うことが多いですね。

 

例文だと、以下のようになります。

His opinion was abstract.(彼の意見は抽象的であった。)

This question  is important to raise the abstraction level.(この問題は抽象化レベルを上げることが重要だ。)

スポンサーリンク

抽象の対義語・類義語

抽象 意味

 

では最後に、
「対義語」と「類義語」を確認していきます。

対義語

 

「抽象」の対義語は、
すでに説明した通り「具体(ぐたい)」と言います。

「具体」の意味は以下の通りです。

 

具体」=はっきりした姿や形をもっているさま。

 

「具体」も「抽象」と同様に、
「具体的」「具体化」といった形で使われます。

例えば、以下のような使い方です。

「もっと具体的に説明してください。」

この場合はつまり、
「何か姿や形を想像できるような分かりやすい説明をしてください」という意味ですね。

類義語

 

一方で、「抽象」の類義語は、
一般化」「普遍化」などが挙げられます。

 

一般化」=共通する性質を抽象し、一つの概念にまとめること。

普遍化」=特殊なものから普遍的な法則や概念を作り出すこと。

 

「普遍」や「概念」については、
以下の記事を参照してください。

>>普遍的の意味とは?対義語や使い方も解説

>>概念と観念の意味の違いをわかりやすく解説

また、「抽象」と同じくらい大事な用語として、
捨象(しゃしょう)」があります。

捨象」を理解していないと、
本当の意味での「抽象」を理解していないと言っても過言ではありません。

そのため、「捨象」の意味も
確認しておくことをおすすめします。

>>捨象の意味を簡単にわかりやすく解説

まとめ

 

以上、内容を簡単にまとめると、

抽象」=他との共通点に着目し、一般的な観念にまとめること。

抽象的」=一般的であるさま。転じて、具体性に欠けて分かりにくいさま。

対義語」=「具体」(はっきりした姿や形をもっているさま)

類義語」=「一般化」「普遍化」

英語訳」=「abstract」

ということでした。

 

ポイントは、冒頭で用意した図を
頭の中にイメージしておくことですね。

上に行けば行くほど抽象化(一般化)される

このように覚えておけば、意味を忘れることはないでしょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)