この記事の読了目安: 340

 

グランド グラウンド 違い 正しい どっち 意味

 

野球やゴルフの運動場などを「グランド」もしくは「グラウンド」と言います。

この二つには一体どんな違いがあるのでしょうか?また、どちらを使うのが正しいのでしょうか?

本記事では、「グランド」と「グラウンド」の違いについて解説しました。

スポンサーリンク

グランドとグラウンドの違い

 

まず、「グラウンド」の意味を辞書で引くと次のように書かれています。

【グラウンド】

地。地面。土地。

運動場。競技場。球技場。野球場。

基礎。土台。

※グランドとも

【グランド】

グラウンド

出典:デジタル大辞泉(小学館)

上記のように、「グラウンド」という言葉は辞書に正式に載っています。一方で、「グランド」の方は、正式には辞書に載っていません。

多くの辞書では、「グランド」は「グラウンド」の項目の中に補足的に書かれているのが普通です。

これはなぜかと言いますと、外来語の由来だからです。

それぞれは、英語だと次のように言います。

グラウンド」⇒「ground(土・運動場・球技場)

グランド」⇒「grand(壮大な・雄大な・豪華な)

「ground」の方は、私たちが普段からイメージする通りでしょう。一方で、後者の方は明らかに「運動場」や「球技場」とは違う意味である事が分かります。

では、一体なぜ「グランド」という言葉が使われているのかを詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

正しいのはどっちか?

グランド グラウンド 正しいのは 陸上競技場

 

結論から言いますと、「グラウンドの方が正しく、グランドは誤り」ということになります。

まず、「ground」という単語が最初に日本に入って来た時は、日本人は「グランド」と言っていました。なぜなら、ネイティブの発音だと「グラウンド」よりも「グランド」に近い発音だったからです。

ところが、実際に「ground」を発音記号にすると次のようになります。

「graund(aにアクセント)」

つまり、正しいスペルは「グラウンド」だけども、「言いやすい・聞き取りやすい」という理由で「グランド」が広まったわけです。

私たちが使う日本語でも、同じようなケースはあると思います。例えば、「体育」という言葉は正しくは「たいいく」と発音します。

一方で、実際の日常会話では「たいく」と間違って発音する人が多いでしょう。その理由は、「たいく」の方が言いやすくて聞き取りやすいためです。

しかしながら、もしも公式な文書などで「体育」=「たいく」という読みにしては当然誤りとなります。

これと同じで、「グランド」の方は正式な読み方ではないわけです。そのため、「グランド」ではなく「グラウンド」を使うということです。

一般的にも、「グラウンド」と聞けば誰もが「球場」や「運動場」などをイメージするでしょう。ところが、「グランド」だと、場合によっては「壮大な」という意味を連想してしまう人もいるはずです。

このような誤解を避けるためにも、「グランド」を使うのは避けるべきということです。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では、「グラウンド」の使い方を実際の例文で確認しておきましょう。

 

  1. 小学校のグラウンドで野球の練習を始める。
  2. 人工芝付きのサッカーグラウンドを整備した。
  3. 中学校の校庭に陸上競技場としてグラウンドが併設された。
  4. ホームグラウンドで戦えるのは大きなメリットと言える。
  5. グラウンドゴルフは、高齢者向けに考えられたスポーツである。
  6. 彼女のバックグラウンドには、猛練習の積み重ねがあった。

※「バックグラウンド」とは「背景」という意味です。

なお、「壮大な」という意味の時は当然「グランド」を使います。例えば、「グランドスラム(grand slam)」という単語です。「slam」とは「一掃する」という意味です。

元々は、「グランドスラム」はトランプのゲームで勝利した時に使われていました。転じて、現在ではテニスやゴルフの「大会制覇」、野球の「満塁ホームラン」など様々な場面で使われています。

また、「グランドホテル」などの言葉もよく使われています。この場合は、「壮大なホテル」≒「高級なホテル」と考えると分かりやすいでしょう。

まとめ

 

以上、本記事のまとめとなります。

グラウンド」⇒「ground(土・運動場・球技場)

グランド」⇒「grand(壮大な・雄大な・豪華な)

使い分け」⇒「土・運動場・球技場」の意味の時は、「グランド」ではなく、「グラウンド」を使う。

普段の日常会話では「運動場」=「グランド」と発音しても構いません。ただ、実際の文章に書くときは必ず「グラウンド」と書くようにしましょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)