この記事の所要時間: 59

 

今回は
秩序」の意味について
解説したいと思います。

 

「秩序」という言葉は、
日常生活でもでよく使う印象ですね。

「秩序を保つ」

「秩序を乱す」

一体どのような意味なのでしょうか?

 

さっそく、見ていきましょう。

スポンサーリンク

秩序の意味

 

「秩序」
の意味を辞書で引くと、
以下のようにあります。

【秩序(ちつじょ)】

物事を行う場合の正しい順序・筋道。

その社会・集団などが、望ましい状態を保つための順序やきまり。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

秩序」とは、
順序や決まりのこと」だと思ってください。

 

一般的には、
「秩序」は「決まり(ルール)」という意味
で使われることが多いです。

では、
「秩序」の具体例は何があるでしょうか?

 

例えば、
交通ルール」です。

 

私たちが生活している社会は、
「交通ルール」という決まりごとがあります。

もしも、
「交通ルール」がなければ、
横断歩道や交差点は大混乱になってしまいます。

赤信号や青信号が、
ないのですから当然ですね。

 

当たり前のことですが、
みんなが交通ルールを守ることによって、
社会は動いています。

 

このように、
交通ルールがしっかり整備された社会を
秩序が保たれた社会」と言うのです。

 

もう一つ、
「秩序」の例を挙げましょう。

組織や集団で生活するには、
ルールが必ず必要となります。

 

簡単な例が、「校則」です。

「校則」とは、
学校のルールのことですね。

 

学校には、様々な「校則」があります。

例えば、
以下のようなものです。

  • 制服を必ず着用する
  • 髪は染めない
  • バイク通学は禁止

このようなルールに従ってこそ、
生徒は学校に通うことが許可されています。

 

ところが、ある生徒が、
何度注意されても私服で来たり、
バイクで通学し続けたとします。

そんな時、この生徒のことを

学校の秩序を乱す

と言うわけです。

スポンサーリンク

秩序の対義語・類義語

秩序 意味 わかりやすく

 

「秩序」を理解するには、
反対の言葉も知っておく必要があります。

 

秩序」の対義語は、
混沌(こんとん)」となります。

 

「混沌」
の意味は以下の通りです。

【混沌(こんとん)】

①天地がまだ開けず不分明である状態。

すべてが入りまじって区別がつかないさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

この場合の「混沌」は、
②の意味を覚えておけば大丈夫です。

 

つまり、
物事が入り混じって区別がつかない様子
ということですね。

 

「入り混じって区別がつかない」
というのは、言いかえれば
順番やルールなどがなく、めちゃくちゃな状態
ということです。

 

簡単な例を挙げると、
「プロ野球の順位」があります。

 

「プロ野球」というのは、
毎年4月~10月までの長い期間で試合をします。

そのため、
8月や9月などのシーズン終盤には、
順位がはっきりすることがほとんどです。

 

ところが、シーズン終盤になっても
複数のチームが上位を争って、
最後の最後まで順位が分からない時があります。

 

そんな時、
優勝の行方は混沌としている
と表現するわけです。

 

つまり、
順位がはっきりせず、
複数のチームが上位に入り混じっている状態

ということですね。

 

もう一つ例を挙げます。

日本だけでなく、世界にもルールがあります。

 

世界のルールは、
国際法(こくさいほう)」と呼ばれ、
世界共通の法律のことを指します。

 

ところが、
そんな「国際法」というルールに反して
好き勝手をする国が現れたとします。

例えば、
ミサイルを撃ち込んだり、テロ行為をしたり
といったことです。

 

こういったケースでよく使われるのが、
世界情勢が混沌とする」という言い方です。

つまり、
世界のルールなどが破られ、めちゃくちゃな状態になる
という意味ですね。

新聞などでよく使われる表現などで
ぜひ覚えておきましょう。

関連記事:>>象徴の意味をわかりやすく解説

関連記事:>>理性の意味をわかりやすく解説

 

ちなみに、
「秩序」の「類義語」は
以下のようなものがあります。

  • 順位(じゅんい)
  • 順番(じゅんばん)
  • 規律(きりつ)
  • 規範(きはん)
  • 整頓(せいとん)
  • マナー

一般的には、
順位や順番が正しければ、
秩序正しく並べる」のように使います。

また、規律や規範・マナーなどが守られていれば、
秩序を守る」のように使います。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

それぞれの使い方を
実際の例文で確認しておきましょう。

 

【秩序の使い方】

  • 学校の秩序を乱すような行為は、あってはならない。
  • 社会の秩序を保つためには、法律の整備が必要だ。
  • マニュアルに書いてあった通り、秩序正しく商品を並べた。

 

【混沌の使い方】

  • ゲーム差2.0以内に上位4チームが入り、優勝の行方は混沌としている。
  • この八百屋は、色々な野菜や果物が不規則に並べられており、混沌としている。
  • 言葉が使われるより前の世界は、混沌とした世界であった。

 

基本的には、「秩序」は
ルール」もしくは「順番
という意味で使われます。

あとは、どんなテーマの文章で
使われるかを把握することですね。

 

例えば、最後の例文です。

言葉」というのは、
評論文として扱いやすいテーマです。

言葉が広まっていなかった時代は、
いわば「混沌とした時代」でした。

なぜなら、
言葉がなければルール自体を
整備するのが難しいからです。

 

そこで、
混沌とした世界に言葉を与えることによって、
人間は秩序ある社会を作れた

という内容の文章が書かれるのです。

このような、
社会に秩序をもたらすきっかけとなる話は、
よく出題されるテーマです。

 

言葉以外には、「科学技術」も
よく扱われるテーマなので覚えておきましょう。

「科学技術」については、
以下の記事を参照してください。

>>テクノロジー(科学技術)とは?わかりやすく解説

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回は、
「秩序」について解説しました。

 

内容をまとめると、

秩序」=順序や決まり(ルール)のこと。

混沌」=物事が入り混じって区別がつかない様子。秩序の対義語

ということでしたね。

 

ぜひ正しい意味を
理解していただければと思います。

今回は以上となります!

スポンサーリンク