この記事の所要時間: 526

 

皆さんは、
合理的」の意味を説明できますか?

 

「合理的に話す」

「合理的な考えだ」

「合理的」という言葉は、
日常的に使われていますね。

ところが、
「どんな意味?」と聞かれると
多くの人が答えにくいのではないでしょうか?

そこで今回は、
「合理的」の意味を具体例を交えて、
わかりやすく解説していきたいと思います。

 

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

合理的とは?

 

「合理的」
の意味を辞書で引くと、
次のように書かれています。

【合理的(ごうりてき)】

道理や論理にかなっているさま。

むだなく能率的であるさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

合理的」には、
2つ意味があります。

 

1つ目は、
道理や論理にかなっている様子
という意味です。

 

道理(どうり)」や「論理(ろんり)」とは、
ちゃんとした理由のこと」だと思ってください。

つまり、
ちゃんとした理由があり誰もが納得する様子
合理的」と言うのです。

 

具体例をあげましょう。

A君・B君は、
大事なテストを控えていました。

A君:「明日はテストがあるので、勉強しよう」

B君:「明日はテストがあるけど、ゲームをしよう」

A君は、「テストがある」という理由に対して、
「勉強する」という行動が合っています。

よって、
A君の考えは合理的であると言えます。

 

一方で、B君は、
「テストがある」にもかかわらず、
「ゲームをする」という行動をとっています。

よって、
B君の考えは合理的とは言えません。

周りから見ても、
B君の行動は納得できないでしょう。

 

もう一つ例をあげます。

 

ダイエット中のBさんがいました。

この場合もそれぞれを比較すると、
以下のようになります。

【合理的な行動】

ダイエット中なので、甘い物はひかえる。

【合理的でない行動】

ダイエット中だけど、甘い物を食べる。

 

何となく理解できたでしょうか?

 

つまり、
「行動」に対して「理由」が合っていること
合理的」と言うわけですね。

 

続いて、2つ目です。

2つ目は、
むだがない様子」という意味です。

 

こちらも具体例を挙げます。

山田さんと田中さんは、
同じ量の仕事を与えられました。

山田さんは、
その仕事を手書きの用紙10枚で、
5時間かけて完成させました。

一方で、
田中さんはパソコンを使い、
用紙2枚で1時間で完成させました。

どちらも仕事の結果は同じです。

しかし、
山田さんの仕事のやり方は
むだが多い」と言えます。

なぜなら、
パソコンを使えばもっと早く終わるのに、
わざわざ手書きで仕事をしているからです。

 

一方で、
田中さんの仕事のやり方は
むだがなく効率的だと言えます。

このような場合、

  • 山田さんの仕事はむだが多い。
  • 田中さんは合理的に仕事をする。

のように言うわけです。

 

まとめると、

合理的」⇒①ちゃんとした理由があり誰もが納得する様子。むだがない様子。

ということですね。

 

一般的には、①の意味は
国語の「評論文」などでよく使われます。

対して、②の意味は
社会人など仕事をする人に対して使われます。

スポンサーリンク

合理的の対義語

合理的 対義語

 

「合理的」を理解するには、
「対義語」を知る必要があります。

 

合理的」の「対義語」は、
非合理的(ひごうりてき)」と言います。

非合理的」とは、
道理や論理に合わないこと」です。

 

つまり、
ちゃんとした理由がない様子
ということですね。

 

先ほどの例だと、

  • テスト前なのに、ゲームをする。
  • ダイエット中なのに、甘い物を食べる。

といった行動が該当するでしょう。

 

これらの行動を一言で言うと、
感情を優先すること」だと言えます。

 

私たちの感情には、
色々な種類があります。

  • 「楽しい」
  • 「怖い」
  • 「好き」

上記の感情は、
ちゃんとした理由があっても、
優先してしまう場合があります。

 

例えば、

勉強しないといけない。
でも、楽しいからゲームをやる。

その道を通らないと家に帰れない。
でも、怖いから通らない。

A君よりもB君の方が仕事ができる。
でも、A君の方が好きなので一緒に仕事をする。

これらの考えや行動は、
いずれも「非合理的」だと言えます。

なぜなら、
ちゃんとした理由よりも
自分の感情を優先しているからです。

 

つまり、
「非合理的」とは「人の感情を優先すること
だと言えるわけですね。

スポンサーリンク

合理的の類語

 

一方で、合理的の「類語」は
以下のものがあります。

 

  • 論理的(ろんりてき)
  • 科学的(かがくてき)
  • 理性的(りせいてき)
  • 効率的(こうりつてき)
  • 能率的(のうりつてき)

 

この中で、一番大事なのは、
理性的」という言葉です。

「理性」という言葉は、
受験に本当によく出る重要単語です。

そのため、以下の記事も
確認しておくようにしましょう。

>>理性の意味をわかりやすく解説

 

話を戻しまして、

論理的」とは
筋道がちゃんとしている」という意味です。

これは、
「合理的の①の意味(ちゃんとした理由がある)」とほぼ同じ
だと思ってください。

 

また、「科学的」の方は、
具体的な数字を使って理由を説明する時などに使います。

「科学」の意味は、
以下の記事で解説しています。

>>科学と化学の違いとは?意味や使い分けも

 

残り2つの、
能率的」「効率的」はどちらも
むだがない」という意味です。

これらは、
「合理的」の2つ目の意味とほぼ同じですね。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、「合理的」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. インフルエンザで学校を休むのは、合理的なことだ。
  2. 人がよく通る所にお店を出すのは、合理的な考えだ。
  3. 合理的な思考によって、数学の問題を解く。
  4. 合理的な意見を述べれば、相手に納得してもらいやすい。
  5. 非合理的なものを排除したものが、科学である。
  6. 合理的な順番で作業をしたので、時間を短縮できた。
  7. 彼の仕事のやり方はムダが多く、合理的ではない。
  8. AIは、仕事の合理化を目指した結果、生まれたものだ。

 

※「合理化(ごうりか)」とは、
むだをなくすこと」という意味です。

「合理的」は「むだをなくす様子」ですが、
「合理化」だと後ろが「こと」という名詞になります。

まとめ

 

今回の内容をまとめると、

合理的」⇒①ちゃんとした理由があり誰もが納得する様子。むだがない様子。

となります。

 

なるべく簡単な説明を心がけましたが、
いかがだったでしょうか?

この記事をきっかけに、
ぜひ正しい意味を理解して頂ければと思います。

今回は以上です!

スポンサーリンク