この記事の読了時間: 443

縦横無尽 意味 例文 使い方 類語 英語

 

縦横無尽」という四字熟語を
聞いたことがあるでしょうか?

「縦横無尽の活躍」「縦横無尽に駆け回る」などと言いますね。

実はこの言葉は新聞やニュースなどでもよく使われるのです。

特に、スポーツ関連ではよく使われています。

一体どのような意味なのか気になる所ですね。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

縦横無尽の意味・読み方

 

まずは、基本的な意味と読み方です。

【縦横無尽(じゅうおうむじん)】

自由自在に物事を行うさま。思う存分に。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

縦横無尽」は「じゅうおうむじん」と読みます。

意味としては、
自由自在に物事を行う様子のこと」だと思ってください。

 

例えば、以下のような使い方です。

あのフォワードの選手は動きがすごいね。まさに縦横無尽に走り回っているよ。

例文では、
「サッカー選手が自由自在に動き回る様子」
を表した文章となっています。

よくサッカーのシーンで、ボールをうまく操り、
相手のディフェンスを翻弄する選手がいますよね?

相手選手を一気に抜き去るシーンなどは、
「まさに誰も止められない」と言った感じです。

このように、
自分の思う通りに自由に行動する様子」を
「縦横無尽」と言うわけですね。

 

ここで一点だけ注意点があります。

それは、
「縦横無尽」は否定的な意味では使わない
ということです。

辞書の説明だけを読むと、
「好き放題やる」などの悪いイメージにも見えてしまいます。

しかし、悪い意味の場合は、
傍若無人(ぼうじゃくぶじん)」という四字熟語を使います。

「縦横無尽」は良い意味で使うのが基本なので、
両者を混同しないように気を付けて下さい。

縦横無尽の語源・由来

 

続いて、この言葉の語源を確認していきましょう。

まず「縦横」は「縦と横」、
すわなち「四方八方全ての方向」を指します。

そして、
無尽」は「尽(つ)きることが無い」と書くので、
限界がないこと」を意味します。

 

よって、両者を合わせると
「縦横無尽」=「四方八方全てに限界がない様子」となります。

ここから、
「制限なく、自由自在に行動する」
という意味になるわけですね。

 

考えてみれば、私たちの身の周りは
束縛や制限がついてくることが多いです。

しかし、ひとたびその束縛を取り除けば、
誰にも妨害されず自由に行動できます。

そういう意味では、「縦横無尽」は
「人間本来が持つ自由」を象徴した言葉とも言えるでしょう。

スポンサーリンク

縦横無尽の類語

縦横無尽 類語

 

続いて、「縦横無尽」の
「類語」を紹介します。

【自由自在(じゆうじざい)】

思う存分に振るまうさま。

「自在」とは、
「縛りがなく自由な状態」を指します。

【縦横自在(じゅうおうじざい)】

思ったことを、自由にすること。

【縦横無碍(じゅうおうむげ)】

妨げるものがなく、自由自在なさま。

「無碍」とは、
「妨げられないこと」を意味します。

【三面六臂(さんめんろっぴ)】

一人で多方面に渡って活躍する様子。

「三面」とは「3つの顔」

「六臂」とは「6つの腕」という意味です。

以上、4つの「類語」を紹介しました。

この中でも「自由自在」と「縦横自在」はほぼ同じ意味なので、
「同義語」と言ってよいでしょう。

「縦横無尽」に似た意味の言葉は多くありますが、
基本的には「自由」を意味する言葉であれば類語と呼べます。

その他、一般的な表現では、
「思いのまま」「好き勝手に」などの言い方もできます。

 

逆に、「対義語」としては、
手枷足枷(てかせあしかせ)」が挙げられるでしょう。

手枷足枷」とは、
行動の自由を束縛するもの」という意味です。

「枷(かせ)」は、
首や手足にはめて動けないようにする道具のことです。

転じて、
「人の自由を制限するもの」を表す言葉となりました。

縦横無尽の英語訳

 

続いて、英語訳です。

「縦横無尽」は「英語」だと次のように言います。

 

freely」⇒「思い通りに」

right and left」⇒「あらゆる方向へ」

 

直訳すると、
「freely」は「自由に」「right and left」は「右へ左へ」という意味ですね。

英語だと、「縦横無尽」はそこまで難しい表現は使いません。

例文だと、それぞれ以下のような言い方です。

He freely attacked the enemy.
(彼は縦横無尽に敵を攻撃した。)

She ran about the field right and left.
(彼女は縦横無尽に野原を走り回った。)

スポンサーリンク

縦横無尽の使い方・例文

 

では、最後に「縦横無尽」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 縦横無尽の活躍に、周囲の人間は圧倒されていた。
  2. リードを放すと、そこには縦横無尽に走る犬の姿があった。
  3. 敵チームは、縦横無尽に駆け回る戦法を得意としている。
  4. 決勝戦は、縦横無尽の戦いをしたチームが勝った。
  5. 彼は俳優としてデビュー後、縦横無尽の活躍をしている。
  6. 東京の地下鉄は、縦横無尽のように広がっている。

 

すでに説明した通り、「縦横無尽」は
原則としてポジティブな意味で使います。

例えば、
スポーツや戦いなどで活躍した人を表現するような場合ですね。

これらの人を称賛の意味も込めて
「縦横無尽な人」などと言ったりもします。

ただし、場合によっては最後の文のように
「単にあらゆる方向へ広がる」
という意味で使うこともあります。

この意味で使うことは少ないですが、
念のため用例だけは覚えておきましょう。

関連:>>独立独歩の意味とは?読み方や使い方・例文を解説

まとめ

 

以上、内容を簡単にまとめると、

縦横無尽」=自由自在に物事を行う様子。

語源」=四方八方、全ての方向に限界がないことから。

類語」=「自由自在・縦横自在・縦横無碍・三面六臂」など。

英語」=「freely」「right and left」

ということでした。

 

「縦横無尽」は、四字熟語の中でも比較的使うことが多いです。

この記事をきっかけに、
ぜひ正しい使い方を覚えていただければと思います。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)