この記事の読了目安: 63

消費されるスポーツ 教科書 語句見 漢字と語彙 プリント

 

『消費されるスポーツ』は、高校現代文の教科書に出てくる評論文です。定期テストの問題などにも取り上げられています。

ただ、作中に出てくる言葉は意味が分かりにくいものも多いです。そこで今回は、『消費されるスポーツ』に登場する重要語句をわかりやすく簡単にしてまとめました。

『消費されるスポーツ』の言葉一覧

 

【産業社会(さんぎょうしゃかい)】⇒一般に、産業革命の後に生まれた社会のこと。「産業革命」とは18世紀半ばから19世紀にかけて起こった一連の産業の変革を指す。

【大衆(たいしゅう)】⇒社会の大部分を占める一般の人々。

【基盤(きばん)】⇒物事を成立させるための基礎となるもの。土台。

【エキサイトメント】⇒興奮すること。

【芸術(げいじゅつ)】⇒美を追求・表現しようとして作り出されたもの。

【知的(ちてき)】⇒ 知識・知性が豊かなさま。

【娯楽(ごらく)】⇒遊びや楽しみ。

【まことに】⇒じつに。本当に。

【記録を塗り替える(きろくをぬりかえる)】⇒記録を更新する。

【熱狂(ねっきょう)】⇒非常に興奮し熱中すること。

【広告(こうこく)】⇒商業上の目的で、商品やサービス、事業などの情報を積極的に世間に広く宣伝すること。

【格別(かくべつ)】⇒ 普通とは程度が違っていること。

【極限的(きょくげんてき)】⇒物事の限度がぎりぎりにあるさま。

【差異(さい)】⇒あるものやことを、他のものやことと比べた場合の違い。

【デジタル化】⇒ITの進化により様々な情報がつながることで、競争優位性の高い新たなサービスを実現すること。

【過剰(かじょう)】⇒必要な程度を越えて多いこと。

【顕著(けんちょ)】⇒際立って目につくさま。だれの目にも明らかなほどはっきりあらわれているさま。

【メディア】⇒ 媒体や手段。特に、新聞・雑誌・テレビ・ラジオなどの媒体。

【広大(こうだい)】⇒広く大きいこと。

【遠隔(えんかく)】⇒遠く離れていること。

【介する(かいする)】⇒両者の間に立てる。仲立ちとする。

【スポーツ・オーガナイザー】⇒ここでは、スポーツの試合などを主催したり興行したりする人や組織のこと。

【手を携える(てをたずさえる)】⇒手を取る。転じて、協力する。

【テクノロジー】⇒科学技術。

【変質(へんしつ)】⇒物事の性質が変わること。

【盛衰(せいすい)】⇒物事が盛んになったり衰えたりすること。

【大いに(おおいに) 】⇒非常に。

【依存(いぞん)】⇒他に頼って存在すること。

【詳細に(しょうさいに)】⇒細部に至るまでくわしいさま。

【コラム】⇒新聞・雑誌で、短い評論などを掲載する欄。

【神話的(しんわてき)】⇒神や英雄などと関連させて説くさま。

【画期的(かっきてき)】⇒今までになかったことを始めて、その分野で新しい時代を開くさま。新しい時代をひらくさま。

【発明(はつめい)】⇒今までなかったものを新たに考え出すこと。

【普及(ふきゅう)】⇒広く行き渡らせること。

【いっそう】⇒ひときわ。ますます。

【ベルリンオリンピック】⇒1936年、ドイツのベルリンで開催されたオリンピックのこと。

【喚起(かんき)】⇒呼び起こすこと。呼び覚ますこと。

【扇情的(せんじょうてき)】⇒感情や情欲をあおりたてるさま。

【言説(げんせつ)】⇒物事を説明したりする言葉。

【絶叫(ぜっきょう)】⇒出せるかぎりの声を出して叫ぶこと。

【ナショナリズム】⇒国家や民族の統一・独立・繁栄などを目指す思想。

【コミッショナー】⇒プロスポーツの最高権威者。

【時々刻々(じじこくこく)】⇒その時その時。だんだんと、次第に。

【郊外(こうがい)】⇒ 都市に隣接した地域。市街地に隣接した田園地帯。

【不可欠(ふかけつ)】⇒欠かせないこと。なくてはならないこと。

【勢力を伸ばす(せいりょくをのばす)】⇒勢いを増す。

【魅力(みりょく)】⇒人の心をひきつけて夢中にさせる力。

【省く(はぶく)】⇒不要のものとして取り除く。

【衛星放送(えいせいほうそう)】⇒人工衛星を使って行う放送。

【愛好者(あいこうしゃ)】⇒ある事を好んで楽しんでいる人のこと。

【権力(けんりょく)】⇒他人を強制し服従させる力。

【カテゴリー】⇒範疇(はんちゅう)。「範疇」とは同じような性質のものが含まれる範囲を表す。

【国際的(こくさいてき)】⇒その物事が多くの国と関係があったり、世界的な規模であったりするさま。

【言説(げんせつ)】⇒意見を言ったり物事を説明したりすること。

【極めて(きわめて)】⇒非常に。この上なく。

【修辞的(しゅうじてき)】⇒言葉の使い方を工夫して、美しく効果的に表現するさま。

【流動的(りゅうどうてき)】⇒その時々の条件によって動きが変わるさま。

【定義(ていぎ)】⇒物事の意味・内容を他と区別できるように、言葉で明確に限定すること。

【メジャー】⇒主要な位置を占めること。広く知られているさま。

【マイナー】⇒主要な位置を占めていないこと。あまり知られていないさま。

【階層化(かいそうか)】⇒複数の段階、階層をもつ構造に組み立てること。

【転落(てんらく)】⇒上位から下位に一挙に落ちること。

【典型的(てんけいてき)】⇒物事の最も特徴的な性質を示しているさま。

【リアルタイム 】⇒同時。即時。

【観戦(かんせん)】⇒試合などを見物すること。

【産出(さんしゅつ)】⇒環境などが影響を及ぼして、ある種のものや状態をうみ出すこと。

【洗練(せんれん)】⇒優雅・高尚なものにすること。

【被る(こうむる)】⇒行為や恩恵などを受ける。

【核心(かくしん)】⇒物事の中心となる大切なところ。中核。

【相互に(そうごに)】⇒お互いに。

【表象(ひょうしょう)】⇒ものやことを形に表すこと。また、そうして表された形。

【深部(しんぶ)】⇒深い部分。奥深いところ。

【観衆(かんしゅう) 】⇒スポーツなどの興行を見物しに集まった大勢の人々。

【単純化(たんじゅんか)】⇒複雑な物事を単純にすること。

【拡散(かくさん)】⇒広がり、散らばること。

【ウィンブルドン】⇒ここでは、イギリスの都市で開かれる全英オープンテニスのこと。

【ひいき】⇒気に入った人を特に引き立てること。

【ひととき】⇒しばらくの間。過去の、ある時。

【利害(りがい)】⇒利益と損害。

【解体(かいたい)】⇒ばらばらになること。

【生起(せいき)】⇒ある現象などが現れ起こること。

【消滅(しょうめつ)】⇒消えてなくなること。

【可視化(かしか)】⇒目で見えるようになること。

【可視化(かしてき)】⇒目で見えるようになるさま。

【アプリオリ】⇒先験的。先天的。ある経験・事態に対処するための認識・能力がその経験・事態に先立って備わっていること。対義語は「アプステリオリ(後天的)」

【総体(そうたい)】⇒物事の全体。

【誤解を招く(ごかいをまねく)】⇒相手が誤解するような表現を用いること。

【言い添える(いいそえる)】⇒言葉を付け加える。言い足す。

【多元的(たげんてき)】⇒物事の要素・根源が多くあるさま。

【近代(きんだい)】⇒15、16世紀以降~20世紀中頃までの時代。

【反転(はんてん)】⇒反対になること。ひっくり返ること。

【類する(るいする)】⇒似る。共通点をもつ。

【交錯(こうさく)】⇒いくつかのものが入りまじること。

【単一化】⇒ただ一つになること。複雑でなくなること。

【把握(はあく)】⇒しっかりと理解すること。

【垣間見せる(かいまみせる)】⇒ちらっと見せる。一部分などから全体を見せる、

【躍動(やくどう)】⇒いきいきと活動すること。

【群れ(むれ)】⇒多くの人が集まっている状態。

【余暇(よか)】⇒余ったひまな時間。

まとめ

 

以上、本記事では『消費されるスポーツ』に出てくる漢字や重要語句をまとめました。言葉の意味が分かれば、本文の内容も理解しやすくなるはずです。ぜひノート代わりにして確認して頂ければと思います。

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・宅地建物取引士など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)