この記事の読了目安: 620

消費されるスポーツ 解説 200字要約 テスト 学習の手引き

 

『消費されるスポーツ』は、現代文の教科書に載っている評論文です。ただ、実際に本文を読むと筆者の主張などが分かりにくい箇所も多いです。

そこで今回は、『消費されるスポーツ』のあらすじや要約、学習の手引きなどを簡単に解説しました。

『消費されるスポーツ』のあらすじ

 

あらすじ

アメリカのスポーツは、産業社会の中で発生してきた「大衆」を基盤にして形成された。スポーツを日常的に消費するようになった「大衆」は、消費者としての「観客」を形成し、その観客に向けてスポーツはビジネス化していった。「大衆」を「観客」に形成するうえで顕著な効果を持つのはメディアであり、アメリカのスポーツはメディアとともに発達していった。

最初のメディアである新聞は、しだいに読者の関心を引き始め、取り上げるスポーツの種類が増えていった。ついでラジオの発明と普及という画期的な出来事が起こり、スポーツはメディアとの関係を深め、完全に商品としての情報になった。そしてついにテレビが登場し、中心的なメディアとなっていった。ベルトランは、テレビが1960年代以後の中心的なメディアになっていく理由を三つ挙げた。一つは、人口の郊外への移動、第二に、映像を操作するテクノロジーの発達、第三に、ABCがスポーツ番組を独占して勢力を伸ばしてきたことで、テレビの競争が激化したことである。

テレビは一つの権力となり、いつの間にかメディアはスポーツに要求を押しつけることができるようになった。その結果として、さまざまなスポーツがルールさえも変更するという事態が起こった。また、スポーツはメディアによって階層化され、人々はそれを常識的なものとして無意識に受け入れるようになった。メディアとスポーツの関係はアメリカだけでなく、日本でも全く同じことが言える。日本でもメディアはスポーツの観客を新しく産出し、観客のスポーツの消費を方向づけつつ、スポーツを社会的な現象にしているのである。

スポーツはイギリス社会に生まれ、洗練された形式を持つようになった後、アメリカ社会を通過することで大きな変化を破った。スポーツが大衆消費社会という新しい次元に展開するようになったのである。このことは、社会というものについての考え方を変えさせる。スポーツと社会との関係は、今までとは違った視線で見なければならない。「社会」というものはアプリオリに存在するものではなく、スポーツもその一つの活動であるような、さまざまな活動の総体として発見できるような何ものかである。「社会」は、スポーツに類する幾つかの形式の活動をしているからこそ、社会があるのではないのか。その多元性が交錯する時、社会は単一化しては把握しがたい奥行きをかいま見せることになる。

『消費されるスポーツ』の要約解説

 

要約アメリカのスポーツは、大衆を基盤にして形成され、メディアの発達とともに変質してきた。特に一つの権力となったテレビは、スポーツのルールまでを変える大きな影響力を持った。日本でも同様に、メディアはスポーツの観客を作り出して消費させ、社会的な現象にしている。もともとは社会がスポーツを生み出したのだが、現在のスポーツはメディアを介して観客を含む社会的出来事そのものとして生み出されているのである。(195文字)
本文解説

本文は、行空きによって四つの段落から構成されています。まず、第一段落では「アメリカにおけるスポーツのビジネス化」について述べられています。元々、スポーツというのは手軽に消費できる娯楽であり、観客がいることですぐにビジネス化することができました。さらに、大衆を観客にするうえでメディアが効果的な働きをしたため、どんどんとスポーツが発達していったという内容です。

次の第二段落では「アメリカにおけるメディア・テクノロジーの変遷」について述べられています。アメリカでは、新聞⇒ラジオ⇒テレビのようにメディアが変遷していきましたが、その都度メディアが重要な役割を担ってきました。特にテレビは様々な影響力があったため、中心的なメディアになっていったという内容です。

第三段落では、「メディアがスポーツに及ぼす影響」について述べられています。権力を持ったメディアは、スポーツに対して要求を押し付けることができるようになりました。例えば、ルールの変更や放送時間の短縮といったことです。このような関係は、アメリカだけでなく日本でも起きているということも触れられています。

第四段落では「スポーツと社会との関係」について述べられています。筆者は、スポーツと社会との関係は、これまでとは違った視線で見なければならないと言っています。なぜなら、現在の世の中は社会からスポーツが生まれるというよりも、スポーツから社会が生まれるといった逆転の現象になっているからです。この事を筆者は「スポーツが社会を可視化している」と述べています。そして、最後の結論として「現在のスポーツは、メディアを介して観客を含む社会的出来事そのものとして生み出されているのである」と述べています。本作は「スポーツ」「メディア」「社会」などが主なキーワードですが、最も筆者が主張したい内容はこの一文となります。

『消費されるスポーツ』のテスト対策問題

 

問題0

次の傍線部の仮名を漢字に直しなさい。

①尊敬にアタイする。

②自信カジョウな性格。

エンカクの地。

④手をたずさえる。

イソン心が強い。

センモン的な話。

⑦全国にフキュウする。

ショウサイな説明。

⑨恐怖でゼッキョウする。

ジジコッコクと変わる。

⑪利益をドクセンする。

テンケイ的な例。

⑬天気がくずれる。

⑭期待と不安がコウサクする。

⑮身体がヤクドウする。

ヨカを利用する。

解答①値 ②過剰 ③遠隔 ④携 ⑤依存 ⑥専門 ⑦普及 ⑧詳細 ⑨絶叫 ⑩時々刻々 ⑪独占 ⑫典型 ⑬崩 ⑭交錯 ⑮躍動 ⑯余暇
問題1「この大衆はスポーツを日常的に消費し始めた」とは、どのようなことか?
解答例産業社会時代の大衆は、観客となって、日常生活の中でスポーツをただ楽しむためだけに見ることが当たり前になってきたということ。
問題2「デジタル化したスポーツ」とは、どういうことか?
解答例スポーツが臨場感や躍動感、試合の過程などよりも、数値化した結果が重視されるものになったということ。【補足】例えば新聞記事やスポーツニュースなどで、チームの順位や得点、選手のタイムといった内容が伝えられていることを考えると分かりやすい。
問題3「メディアとの関係が深まるにつれて、スポーツは完全に商品としての情報になるのである」とあるが、それはなぜか?
解答例メディアにおいては情報こそが商品であるが、人々がメディアに頼るほど、スポーツの情報の商品としての価値は上がるため。
問題4「テレビは一つの権力になった。」とあるが、それは具体的にはどのようなかたちとなって表れたというのか?
解答例放送する時間を増減させることで、スポーツを階層化し、更にはテニスの「タイブレーク」のように、スポーツのルールをテレビの都合に合わせて変えてしまう。また、リアルタイムの衛星中継などによって、観客のスポーツの消費を方向づけていくというようなかたちとなって現れた。
問題5「メディアによる階層化」とは、どういうことか?
解答例メディアに取り上げられる時間や量によって、各スポーツの間に序列が決められるということ。【補足】例えば、テレビや新聞に頻繁に取り上げられるスポーツはメジャーで、めったに取り上げられないスポーツはマイナーであるという認識が人々の間に生まれるようなこと。
問題6「社会の方がたまたまスポーツに触れることで可視的な集合の形式になり始めている」とは、どのようなことか?
解答例「社会」という漠然としたものが、スポーツ、大衆、メディアが関わるかたちで、たまたま姿が表面に現れ出ているということ。
問題7「この関係は反転した。」とは、どういうことか?
解答例もともとは、社会によって生み出されていたスポーツが、現在はメディアを介して観客を含む社会的出来事そのものとして生み出されるようになったということ。

まとめ

 

以上、今回は『消費されるスポーツ』について解説しました。ぜひ定期テストなどの対策として頂ければと思います。なお、本文中の語句や漢字については下記の記事でまとめています。

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・宅地建物取引士など。