この記事の読了目安: 531

足蹴にする 意味とは 使い方 類語 英語 例文

 

足蹴にする」という慣用句をご存知でしょうか?

別の言い方だと、
足蹴にされる」とも言いますね。

実はこの言葉は、
日常生活からビジネスまで幅広く使われています。

使い方を覚えれば、
表現の幅が広がることは間違いありません。

この記事では、
「足蹴にする」の意味や語源・例文・英語訳
などを詳しく解説していきます。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

足蹴にするの意味・読み方

 

まずは、基本的な意味と読み方からです。

【足蹴(あしげ)にする】

足でもって蹴り飛ばすこと。ぞんざいに扱ったり酷い扱いをすることなどを表す際に用いる言い回し。

出典:実用日本語表現辞典

足蹴にする」は、「あしげにする」と読みます。

「蹴」は「け」とは読まないので注意してください。

意味は、
物事をぞんざいに扱ったりひどい扱いをすること」です。

また、単に「足を使って蹴り飛ばすこと」を指す場合もあります。

 

例えば、会社内の仕事で
上司に対して決裁書を作成したとしましょう。

ところが、上司からは
こんな決裁書じゃだめだな。」「やる気あるのかお前?」などと言われました。

挙句の果てには、
提出した書類を破かれてゴミ箱の中に捨てられる始末です。

このような場合に、
「上司から足蹴にされた」などと言うわけです。

 

つまり、「足蹴にする」とはこのように、
ひどい扱いや仕打をする行為を指すということですね。

主に相手の要求を乱暴に却下するような時に使われます。

足蹴にするの語源・由来

 

足蹴にする」は、文字通り
足で蹴る様子」から生まれた言葉です。

「蹴(け)る」という動詞は、
「ボールを蹴る」「石ころを蹴る」などのように
何かを足で蹴飛ばすような時に使われています。

スポーツやゲームなどであれば話は別ですが、
普通に生活していて物を蹴飛ばすということはありませんよね。

仮に蹴飛ばすとすれば、どうでもよいと考えている品物だったり
価値がないと自ら認識しているガラクタだけでしょう。

 

このことから、
足で蹴る」⇒「足蹴にする」⇒「物事をひどく扱う
という意味になったと言われています。

「足蹴」という漢字をよく見ると、
「蹴」という字にも「足」が含まれています。

つまり、この慣用句はわざわざ「足」を重ねることで、
物事をひどく蹴飛ばすことを強調した言葉ということです。

 

なお、「あしげ」の「」は
動詞「蹴る」の連用形である「け」が名詞化したものだと考えて下さい。

「げ」は、名詞「足」に続くことで濁った字音となっています。

スポンサーリンク

足蹴にするの類義語

足蹴にする 類語

続いて、「足蹴にする」の「類語」をご紹介します。

 

  • 冷遇する。
  • 突き放す。
  • 邪険にする。
  • 相手にしない。
  • 冷たくあしらう。
  • いい加減に取り扱う。
  • 蹴り飛ばす。
  • 蹴りを入れる
  • 蹴りを食らわす。
  • 面目をつぶす。
  • 面目を失わせる。
  • 顔に泥を塗る。
  • 却下する。
  • 一蹴(いっしゅう)する。

 

「類語」の基本的なイメージとしては、
ひどく突き放す・いい加減に取り扱う
といった意味の言葉となります。

そこから派生して、
面目をつぶす」など相手のプライドを傷つけたり
羞恥心を抱かせたりする行為も類語に含まれます。

その他、ことわざでは
鼻であしらう」なども類語と呼べるでしょう。

「鼻であしらう」とは、
「相手の言葉に取り合おうとせず、冷淡に扱う」という意味です。

 

最後の「一蹴する」はよく使われる表現なので、補足を入れておきます。

「一蹴する」とは、
要求や抗議などを、簡単にはねつけること」です。

強い立場の者を主語にして、
弱い立場の者に対して使われることが多いです。

「足蹴にする」と「一蹴する」の違いですが、
「一蹴する」には「ひどく扱う」という意味までは含まれません

ここが両者のわずかな違いだと言えます。

あくまで、「一蹴」の方は
あっさりと拒否することを表した言葉なのです。

足蹴にするの英語訳

 

続いて、英語訳です。

「足蹴にする」は英語だと次のような言い方があります。

 

①「kick(蹴りを入れる)」

②「treat badly(ひどく扱う)」

③「treat somebody cruelly(残酷に取り扱う)」

④「treat someone without consideration(ぞんざいに扱う)」

 

①の「kick」は日本語でも「キック」があるように、「蹴りを入れること」です。

人やモノに対して物理的に蹴りを入れる時に使います。

②の「badly」は「ひどく」という意味の副詞、
「treat」は「扱う」という意味の動詞です。

③の「cruelly」は「残酷に」という意味の副詞。

④の「consideration」は「考慮・思いやり」という意味の名詞です。

「思いやりなしに扱う」=「ぞんざいに扱う」という訳になります。

 

例文だと、それぞれ次のような言い方です。

He was kicking the ball in the park. (彼は公園でボールを蹴っていた。)

She was treated badly by her uncle.(彼女はおじからひどい扱いを受けていた。)

You should not treat somebody cruelly.(あなたは人を残酷に扱うべきではない。)

Don’t treat someone without consideration.(人をぞんざいに扱うな。)

スポンサーリンク

足蹴にするの使い方・例文

 

では、最後に「足蹴にする」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 彼は性格が良さそうに見えるが、人を足蹴にするような人だ。
  2. 相手のご厚意を足蹴にするなんて、とんでもない奴だね。
  3. 困っているので友人に助けを求めたが、足蹴にされた
  4. 世話になった人を足蹴にするとはなんと恩知らずな奴だ。
  5. 父は厳格な性格ですが、私を足蹴にすることはありません。
  6. 激怒した男は、相手を足蹴にした後、右拳で強く殴りつけた。

 

「足蹴にする」は最後の例文のように、
「足で勢いをつけて蹴る」という意味で使うことも可能です。

ただし、実際の用例しては
ぞんざいに扱う・ひどい仕打ちをする
という意味として使うことがほとんどです。

多くの場合、相手の頼み事や要求に対して、
雑に扱ったり不作法な対応をしたりする時に使います。

足蹴にするような人は、基本的に
自分の利益のために相手にむごい扱いをしていると考えてよいでしょう。

関連:>>煮え湯を飲まされるの意味は?由来や使い方・類義語を解説

まとめ

 

以上、内容を簡単にまとめると、

足蹴にする」=物事をぞんざいに扱ったりひどい扱いをすること

語源・由来」=足で物を蹴る様子から。

類語」=「突き放す・邪険にする・面目をつぶす・鼻であしらう・一蹴する」など。

英語」=「kick」「treat badly」「treat somebody cruelly」「treat someone without consideration」

ということでした。

 

人はめったなことがない限り、足で蹴ったりはしません。

逆に言えば、「足蹴にする」は、
それほど相手に対してひどい言動をする時の言葉だと覚えておきましょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)