この記事の読了目安: 640

相対的 絶対的 意味 違い わかりやすく 対義語

 

相対的」と「絶対的

どちらの言葉も普段からよく使われていますね。

相対的な評価」「絶対的な基準」

この2つは、
一体どう使い分ければよいのでしょうか?

今回は、「相対的」と「絶対的」の違いについて詳しく解説しました。

後半では、「類語」や「英語訳」についても触れています。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

相対的・絶対的の意味

 

まずは、基本的な意味からです。

それぞれの意味を辞書で引くと、
次のように書かれています。

【相対的(そうたいてき)】

他との関係において成り立つさま。また、他との比較の上に成り立つさま。

【絶対的(ぜったいてき)】

他の何物ともくらべようもない状態・存在であるさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

相対的」とは、
他との関係や比較によって成り立つこと」を意味します。

つまり、
「その時々の周りの環境によって変わる」ということですね。

一方で、「絶対的」とは、
他との関係や比較なしに成り立つこと」を意味します。

こちらは「周りの環境など関係なく成立する」ということです。

両者は反対の意味を持っているので、
お互いが「対義語(反対語)」同士の関係です。

 

また、辞書の説明にはありませんが、
「絶対的」にはもう一つ意味があります。

それは、
比較を超えて存在している」という意味です。

「比較を超える」とは、
比較相手などいない圧倒的な存在」ということです。

この意味で使う場合は、
神様や王様など圧倒的な存在を表す対象に対して使うと考えて下さい。

スポンサーリンク

相対的と絶対的の違い

 

「相対的」と「絶対的」の違いをもう少し詳しく見ていきましょう。

両者の違いを分かりやすくするするために、
簡単な図を用意しました。

相対的 意味

上記の図は、「相対的」と「絶対的」の大まかなイメージ図です。

これらを踏まえた上で、
両者の違いを「学校のテスト」に例えて説明します。

100点満点のテストを
A君・B君・C君の3人に行いました。(80点以上が合格のテスト)

その結果、A君は90、B君は98点、C君は100点を獲得しました。

 

90点を獲得したA君の成績を、
絶対的に評価すれば「とても良い」と言えます。

なぜなら、9割という正答率は素晴らしいですし、
合格ラインの80点も余裕で超えているからです。

しかし、A君の成績を相対的に評価すれば、
「とても良い」ではなく「良い」と評価するのです。

その理由は、他の生徒(B君やC君)が
100点に近い成績をとっていてA君よりも点数が上だからです。

 

逆に、もしも他の生徒が40点や50点ばかりの中、
A君が65点を獲得したとします。

この場合、A君の成績は絶対的には悪くても、
相対的には「とても良い」と言えるのです。

このように、「絶対的な評価」とは、
B君やC君と比較せずにA君本人の能力だけを見極めます。

一方で、「相対的な評価」とは、
B君やC君と比較をした後にA君本人の能力を見極めるのです。

つまり、「相対的」と「絶対的」の違いは、
他との比較があるかないか」ということですね。

 

もう一つ分かりやすい例を挙げましょう。

相対的貧困」と「絶対的貧困」という言葉があります。

相対的貧困」とは、簡単に言うと、
「周りの人と比較して、貧しいかどうか?」という意味です。

例えば、その国の平均的な生活水準であったり文化水準を元に各世帯の所得を出し、その所得を下回っているような場合です。

対して、「絶対的貧困」とは、
「周りの人など関係なく、最低限の生活条件を欠くような貧困」を意味します。

食べ物がない、家がないなどの貧困がこれに該当します。

どちらも「貧困」を意味する言葉なのは変わりません。

しかし、
両者は周りと比較するかどうかによって意味が異なってくるのです。

相対的なものは他と比較をするので、
それ自体の価値が変わります。

一方で、絶対的なものは他と比較をしないので、
それ自体の価値は全く変わらないのです。

 

以上、整理しますと、

相対的」⇒他と比較をするため、価値が変わる。

絶対的」⇒他と比較をしないため、価値が変わらない。

ということになります。

 

相対」は複数のものが存在し、
それらの関係の中で比較されている状態をさします。

逆に、「絶対」は「(=関係)」を「つ」こと。

つまり、一つしかない状態を指すのです。

スポンサーリンク

相対的と絶対的の類語

相対的 絶対的 類語 英語訳

 

次に、「相対的」と「絶対的」の「類語」を紹介します。

 

【相対的の類語】

比較的」=他と比べると。他と比較すると。

割と」=思っていたよりも。予想よりも。

 

比較的」はよく使われる表現ですが、
厳密に言うと「相対的」とは意味が異なります。

「相対的」を使う場合は、ある程度明確な基準があります。

例えば、学校のテストであれば
「点数」のような数値化できるものです。

一方で、「比較的」の場合は
具体的な数値のような明確な基準があるわけではありません

「比較的」は、「比較的楽しい」「比較的暑い」など、
感覚的なものを指す時に使うのです。

「割と」も同じく「割と楽しい」「割とうまい」
のように感覚的に比べるような時に使います。

 

【絶対的の類語】

決定的」=物事がほとんど決まっていて、動かしがたい様子。

完全に」=必要な条件がすべてそろっている様子。

唯一無二(ゆいいつむに)」=それ1つだけしかなく、2つとないもの。

 

「絶対的」の「類語」はあまり多くないですが、
この中では「決定的」が一番意味としては近いでしょう。

「決定的」とは、文字通り
「物事が決定されている様子」を意味する言葉です。

「決定的な勝利」「決定的な事件」のように使います。

比較対象がない様子や固定的な様子を意味する
「絶対的」と近い意味として使うことが可能です。

相対的と絶対的の英語訳

 

続いて、英語訳です。

両者は「英語」だと次のように言います。

 

相対的」⇒「relative

絶対的」⇒「absolute

 

基本的には、どちらも後ろに
「名詞」をつけてセットで使われることが多いです。

以下はよく使われる表現となります。

relative progress(相対的な進歩)」

「a relative amount(相対的な量)」

「a relative truth(相対的真理)」

「the absolute being(絶対的な存在)」

「the absolute standard(絶対的な基準)」

「an absolute principle(絶対的な法則)」

スポンサーリンク

相対的と絶対的の使い方・例文

 

では、最後にそれぞれの使い方を
実際の例文で確認しておきましょう。

 

【相対的の使い方】

  1. 相対的な評価で、人気度をランク付けする。
  2. 私の会社は相対的評価によって給料が決まります。
  3. 水の量が相対的に少ないので、量を追加してください。
  4. 厚生労働省により、日本の相対的貧困率が発表された。
  5. 時間には「相対的時間」と「絶対的時間」の2つが存在する。

 

【絶対的の使い方】

  1. 絶対的強者による搾取(さくしゅ)が行われる。
  2. 絶対的な支配権力をもつ政治体制が確立される。
  3. 彼は上司から絶対的な信頼を得ている存在だ。
  4. 後半戦に入り、絶対的に有利なポジションとなった。
  5. 昔の人々は、今よりも神様を絶対化していた。

 

上記のように、「相対的」の方は、
数値やデータなど具体的な基準により比較できる対象に使います。

一方で、「絶対的」の方は、
感覚的なもの、他とは比較をできない圧倒的な対象などに対して使います。

お互いが反対語同士の言葉なので、
状況に応じて上手く使い分けるようにしてください。

 

なお、例文5.の「相対的時間」とは、
同じ24時間でも人の精神面によって時間の感じ方が変わるということです。

例えば、楽しい時間は短く感じ、
つらい時間は長く感じるようなことですね。

一方で、「絶対的時間」とは、
物理的に変わらない時間のことです。

こちらは、砂時計やストップウォッチなど
物理的なもので計った時間が挙げられるでしょう。

「絶対的時間」は、
みんなにとって変わらない固定的な時間なため、
「絶対的」を使うわけです。

関連:>>概念と観念の意味をわかりやすく解説

関連:>>主観的と客観的の違いをわかりやすく解説

まとめ

 

以上、今回は「相対的」と「絶対的」について解説しました。

まとめると、

相対的」=他との関係や比較によって成り立つこと。比較するため、価値が変わる

絶対的」=他との関係や比較なしに成り立つこと。比較しないため、価値が変わらない

ということになります。

それぞれの違いを理解して、
ぜひうまく文章で使えるようになってください。

では、今回は以上となります。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)