この記事の所要時間: 526

概念 観念 意味 わかりやすく

 

今回は
概念」と「観念
の意味を解説していきます。

 

「概念をくつがえす」

「固定観念が生まれる」

どちらの言葉も、
よく使われているという印象ですね。

この2つには、
一体どんな違いがあるのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

概念の意味

 

まずは、
「概念」の意味です。

【概念(がいねん)】

物事の概括的な意味内容。

②形式論理学で、事物の本質をとらえる思考の形式。個々に共通な特徴が抽象によって抽出され、それ以外の性質は捨象されて構成される。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

概念」とは、
おおまかな意味内容のこと」だと思ってください。

※②の意味については、後半で解説します。

 

例えば、
「りんごの概念」であれば、
赤くて丸くて甘い味がする」のような
だいたいの意味を示した内容となります。

 

「概念」は辞書の説明だと、
概括的な意味内容」と書かれていますね。

「概括的(がいかつてき)」とは、
おおまかに全体から見た様子のことです。

 

したがって、
物事を全体から見た、だいたいの意味が
概念」となるのです。

 

何となくイメージがついたでしょうか?

 

もう少し「概念」の意味を
掘り下げて見ましょう。

おおまかな意味があるということは、
言葉で定義しないと物事として成立しません。

 

つまり、「概念」は、
ある物事がどういうものかを言葉で定義したもの
とも言うことができるのです。

 

例を挙げます。

私たち人間は、
チワワを見てもブルドッグを見ても柴犬を見ても、
すぐに「あれはだ」と認識できるでしょう。

その理由は、
犬には「四本足で、毛が生えていて、ワンと吠える生き物
というだいたいの意味があるからです。

 

「犬」というおおまかな意味を
持った言葉が存在するため、
「犬」という概念が存在します。

 

逆に言えば、
意味がない言葉には概念は存在しないのです。

 

例えば、欧米人にとって
「ご飯」や「おかゆ」「おこわ」
という概念は存在しません。

なぜなら、
日本人が「ご飯」「おかゆ」「おこわ」など
様々に呼び分ける食べ物のことを
彼らは全て「米料理」と呼んでいるからです。

 

したがって、
言語や文化が違う国同士では、
ある物事の概念が存在しない
ということも起こりえるわけですね。

スポンサーリンク

観念の意味

 

続いて、
「観念」の意味です。

【観念(かんねん)】

物事に対してもつ考え。アイディア。

②あきらめて、状況を受け入れること。覚悟すること。

③哲学で、人間が意識の対象についてもつ、主観的な像。表象。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

観念」とは、
頭の中で思い描いている主観的な考え
のことを言います。

 

「主観的」の意味は、
以下の記事を参照してください。

>>主観的と客観的の違いとは?意味や例文も解説

 

簡単におさらいすると、「主観的」とは
「頭の中で考えた、自分にしか当てはまらないこと」
という意味でした。

つまり、
自分の頭の中だけで考えていること」を
観念」と呼ぶわけですね。

 

ちなみに、
「観念」には3つ意味があります。

②の意味の場合は、
ドラマや映画のシーンなどで使われますね。

例えば、

「おまえを追いつめた。さあ、観念しろ!」

のような使い方です。

 

しかし、
評論文などに出てくるのは
「ほとんど①の意味」と言ってよいでしょう。

スポンサーリンク

概念と観念の違い

概念 観念 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

概念」=大まかな意味内容ある物事がどういうものかを言葉で定義したもの。

観念」=頭の中にある主観的な考え。

ということでした。

 

ここで大事なのは、
「観念」は主観的という点です。

 

例えば、
同じ「の観念」でも

  • A君にとっては、「お花見のイメージ」
  • B君にとっては、「卒業式のイメージ」
  • C君にとっては、「のイメージ」

人によって異なってくるのが観念です。

 

一方で、「桜の概念」となると

「桜=バラ科の植物であり、ピンク色をした~」

のように客観的で辞書に書いてあるような意味
となります。

 

「桜と言えば、卒業式だよ」
という意見に対して異議を唱える人は
たくさんいると思います。

しかし、「桜は、バラ科の植物だ」
という発言に対して「それは違うよ!」
と言う人は誰もいないはずです。

 

つまり、2つの違いは

概念」=客観的に存在するみんなの共通認識。

観念」=主観的に頭の中で考えている個人の考え。

ということですね。

 

別の言い方をすると、

概念」=「観念の共通している部分を抽象してまとめたもの

とも言えるでしょう。

 

この「概念」の意味は、
辞書の説明だとの意味となります。

「概念」の②の意味は非常に難しいですが、
「抽象」の意味が分かれば、
すっきりと頭に入ってくるでしょう。

 

抽象」の意味は、
以下の記事を参照してください。

>>抽象的の意味をわかりやすく解説

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を、
実際の例文で確認しておきましょう。

 

【概念の使い方】

  • ラーメンという概念をくつがえした今までにないスープが誕生した。
  • 概念としての犬は、それぞれの犬ではなく、犬という集合体に対して存在する。
  • 近代国家以前の国には、領土という排他的な概念がなかった。

 

【観念の使い方】

  • 現実を無視して観念的な考えばかりをするのは良くない。
  • 結婚すれば必ず幸せになれるという固定観念を捨てる。
  • このドラマは観念的で非常に分かりにくい。

 

ちなみに、
固定概念」という使い方は、
厳密には間違いです。

正しい使い方は「固定観念」です。

 

「固定概念」⇒「×」

固定観念」⇒「

 

よく間違われる人が多いですが、
そもそも「概念」は意味や内容が固定された言葉です。

「観念」のように、
個人の考えによって意味が変わったりはしません。

そのため、
「元々固定されたもの」に対して
さらに「固定」を付け足すのは、
二重表現となり日本語としておかしいというわけですね。

 

また、「観念的」という
言い方も注意が必要です。

「観念」は「観念的」という表現になると、
現実離れしていて具体性を欠く
という否定的な意味になります。

このことも
頭に入れておきましょう。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回は、
「概念」と「観念」
について解説しました。

まとめると

概念」=大まかな意味内容。ある物事がどういうものかを言葉で定義したもの。

観念」=頭の中で思い描いている主観的な考え。

ということでしたね。

 

ぜひ、今回の記事をきっかけに
違いをしっかりと理解していただければと思います。

今回は以上です!

スポンサーリンク