この記事の読了目安: 646

ポストモダンとは 意味 建築 わかりやすく

 

ポストモダン」という言葉は、
現代文の用語としてよく出てきますね。

「ポストモダン建築」「ポストモダン文学」

特に難関大学の入試問題には頻出の用語だと思います。

ただ、意味が分かりにくいと感じる人も多いようです。

そこで今回はこの「ポストモダン」について
なるべく簡単に分かりやすく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

ポストモダンの意味

 

まず、この言葉を辞書で引くと、
次のように書かれています。

【ポストモダン】

近代を超えようとする芸術運動。近代の合理主義的傾向を否定する考え方。もともとは、機能主義・合理主義に対置する新しい建築という意味の近代建築用語。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

ポストモダン」とは、簡単に言うと、
近代を乗り越えようとする考え方」のことです。

また、単に「近代以降の時代」を指す場合もあります。

 

「ポストモダン」を理解するには、
近代(モダン)」の意味を知っておく必要があります。

「近代」については、
以下の記事を参照してください。

>>近代とはいつからいつまで?現代との違いも解説

 

簡単におさらいすると、ヨーロッパでは
「前近代」→「近代」→「現代」
という時代の流れがありました。

最初の「前近代」は神様や宗教を重視する時代、
次の「近代」は個人や理性などを重視する時代でした。

関連:>>理性の意味や対義語をわかりやすく解説

そして、「ポストモダン」とは、
この近代以降のことを指すのです。

 

「ポストモダン」は英語で「postmodern」と言い、
post」には「後の」という意味があります。

つまり、「postmodern」を直訳すると、
モダン(近代)より後の時代」となるのです。

ここから、
「一つ前のモダンを乗り越える」という意味を込めて、
「ポストモダン」と言うようになったわけですね。

 

ちなみに、「前近代」は英語で
「premodern(プレモダン)」と言います。

※「pre」とは「前の」という意味です。

よって、これらの時代を整理すると、
「プレモダン」→「モダン」→「ポストモダン
という時代の流れがあったことになります。

スポンサーリンク

ポストモダンの考え方

ポストモダン 考え方

 

「ポストモダン」とは、
どのような考えを重視するのでしょうか?

「ポストモダン」のことを、
脱近代」と訳す場合もあります。

「脱近代」とは、
近代を見直そうとする態度のこと」です。

「見直そう」ということは、
「近代にも悪いことがあった」ということですね。

 

「近代」という時代は、
神様よりも人間が主役になった時代でした。

人間が主役というのは、つまり、
合理主義」や「ヒューマニズム」を推し進めることです。

関連:>>合理的とは?意味を簡単にわかりやすく解説

関連:>>ヒューマニズムとは?意味をわかりやすく解説

 

「合理主義」や「ヒューマニズム」に共通しているのは、
人間の「理性」を重視する考え方です。

近代では、人間は理性があるからこそ賢くなれて、
理性を発揮したからこそ世界が良くなったという歴史があります。

そして現在、
テクノロジーや医学の進歩、ネットの普及など、
昔では考えられないほど便利な時代となりました。

このように、
私たちは今でも「近代」という時代の恩恵を受けています。

 

しかし同時に、
近代の裏には負の側面もありました

例えば、「環境問題」です。

人間は、自分たちの生活を重視しすぎた結果、
たくさんの森林を伐採して自然に悪影響を与えたという事実があります。

これは、見過ごせない問題ですよね。

 

冷静に考えて見れば、
近代という時代は人類史上ごく短い期間です。

近代は、
せいぜい200年~300年の間に過ぎません。

にもかかわらず、当時の人達は近代という時代を
当たり前の価値観として生きてきました。

それならば、
「近代という時代をもう一度見直す必要があるのでは?」

こうして生まれた考え方が、
「ポストモダン」なのです。

 

ポストモダンでは、「近代(モダン)」のことを
「理性中心主義」として批判しました。

また、「前近代(プレモダン)」の中にも
再評価するべきものがあると主張しました。

具体的には、
宗教や神様、自然などのことです。

これらの中にも一定の大事な要素があるので、
ポストモダンの思想に取り入れました。

 

そのため、ポストモダンには、
いろいろな考え方が含まれています。

いずれも共通しているのは
近代を見直そう、乗り越えよう」という考え方です。

つまり、近代を代表する
「合理主義」「ヒューマニズム」「理性中心主義」。

これらの問題点を改善していこうとする考えが
「ポストモダン」だったわけです。

 

スポンサーリンク

ポストモダン建築とは

ポストモダン建築とは

 

「ポストモダン」は、建築用語としても使われます。

代表的なのが、
ポストモダン建築」です。

「ポストモダン建築」とは、
モダニズム建築への批判から生まれた建築スタイルです。

モダニズム(近代)建築」とは、
鉄やガラス、コンクリートなどを使った
合理性を重視したつくりのことです。

 

合理性(住みやすさや便利さ)を追い求めた建築なので、
装飾性やデザイン性などは重視していません。

そのため、当時の人からは、
以下のような意見が起こってきました。

「確かに便利で住みやすいけど、なんか四角い箱みたいで味気ないのでは?」

「もうちょっとデザインを重視した家にしてもいいんじゃないの?」

要するに、
「感情のない無機質な建築にするな」ということですね。

「ポストモダン建築」とは、
このような批判から生まれた言葉だったのです。

 

したがって、
「ポストモダン建築」の特徴としては、
以下のような物が挙げられます。

  • デザイン性を重視する。
  • 装飾性を重視する。
  • 個性や感性を重視する。

 

いずれも、モダニズム建築時代の反省が
元になっているのが分かると思います。

そのため、現在では
「ポストモダン建築」=「モダニズム建築の対義語」
という位置付けになるのが一般的です。

ポストモダン文学とは

 

ポストモダン文学」とは、
近代文学の特徴に反する特徴を持つ文学」のことです。

 

「近代文学」では、秩序性、建設性、普遍性、無矛盾性
などを重視する作品がほとんどでした。

これはすでに説明したように、
近代では理性や合理性を重視していたためです。

しかし、「ポストモダン文学」では、
このような価値観を作品には取り入れませんでした。

「ポストモダン文学」では、
あえて物語の秩序をなくしたり矛盾を与えたりと
それまでの文学に反することを行いました。

言い換えれば、
作品自体から合理性を排除していった」ということです。

 

ただ、このポストモダン文学という言葉自体に
明確な定義があるというわけではありません。

西洋はもちろん、アメリカや日本にもポストモダン文学は広まりましたが、具体的にどの境界を持ってポストモダン文学と言えるかはっきりしていないのです。

そのため、哲学や建築と比較すると、
文学の分野に関しては明確な範疇はないものだと考えて下さい。

スポンサーリンク

ポストモダンの使い方・例文

 

最後に、「ポストモダン」の
使い方を確認しておきましょう。

以下に、簡単な例文を用意しました。

 

  1. ポストモダン思想によって、理性という概念は批判された。
  2. プレモダンの思想も取り入れたのが、ポストモダン哲学である。
  3. ポストモダン建築なため、家の色や形などが工夫されている。
  4. ニューヨークにあるAT&Tビルは、ポストモダン建築として有名だ。
  5. ポストモダン文学は、当時のヨーロッパに多大な影響を与えた。
  6. ポストモダンとは、「進歩主義」を見直そうとする考えである。

 

上記のように、「ポストモダン」は、
哲学などの思想、建物などの建築、小説などの文学に使われることが多いです。

いずれも共通しているのは、
「それまでの近代の考え方を見直して乗り越えようとする」ということですね。

現代文のテーマとしては、
それまでの理性中心主義への批判をした後に、
このポストモダンを使って話を展開するものが多いです。

文章を読む時は、そういった流れも意識するようにしてください。

なお、最後の「進歩主義」とは、
「人間の発展によって世界はどんどんよくなるはずだ」という考えのことです。

関連:>>構造主義とは?具体例を使いわかりやすく解説

まとめ

 

以上、内容を簡単にまとめると、

ポストモダン」=近代を乗り越えようとする考え方。脱近代。

主な使い方」=「ポストモダン建築」「ポストモダン文学」など。

ということでした。

 

大事なのは「ポストモダン」単体で覚えるのではなく、
「モダン」や「プレモダン」と合わせて覚えておくことです。

時代の流れを覚えておけば、
「ポストモダン」という考えは理解しやすくなるでしょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)