この記事の読了目安: 657

パラダイムとは?意味 例 わかりやすく 簡単に

 

パラダイム」という言葉があります。

一般的には、
パラダイムシフトする」「パラダイム転換する」などと言いますね。

映画が好きな人は、
一度は聞いたことがあるかもしれません。

最近では現代文や心理学の用語としても登場しているようです。

このように、よく使われている「パラダイム」ですが、
一体どんな意味を持っているのでしょうか?

今回は「パラダイム」の意味や使い方・例文などを
なるべく簡単に分かりやすく解説しました。

スポンサーリンク

パラダイムを簡単に

 

まず、この言葉の意味を調べると、
次のように書かれています。

【パラダイム】

ある時代に支配的な物の考え方・認識の枠組み。規範。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

アメリカの科学史家クーンが科学理論の歴史的発展を分析するために導入した方法概念。科学研究を一定期間導く、規範となる業績を意味する。のちに一般化され、ある一時代の人々のものの見方・考え方を根本的に規定している概念的枠組みをさすようになった。

出典:三省堂 大辞林

上記2つの辞書から引用しました。

パラダイム」とは、簡単に言うと、
ある時代における支配的な物の見方や考え方」のことを意味します。

 

これだけだと分かりにくいため、補足を入れましょう。

支配的」とは、
当たり前のこと・常識的なこと」だと考えて下さい。

 

例えば、中世以前のヨーロッパでは
「太陽が地球の周りを回っている」という考えが当たり前でした。

これを、
天動説(てんどうせつ)」と言います。

しかし、時代がどんどんと進むにつれて、
人々は「地動説(ちどうせつ)」が常識ということに気づき始めます。

「地動説」とは、
「地球が太陽の周りを回っている」という考え方のことです。

 

ではなぜ「地動説」が常識と言われるようになったかと言うと、
「明らかに地球は太陽の周りを回っている」
ということが様々な実験により分かったからです。

具体的には、地球を空から見れる衛星などによって、
科学的に実証することができたのです。

そして、
「天動説ではどうも惑星の動きを説明できない」
という結論がはっきりと出るようになりました。

 

こうなると、
人々は今まで非常識とされていた考え方を
逆に常識と認めざるを得ませんよね。

これが、「パラダイム・シフト」と呼ばれる現象なのです。

「シフト(shift)」とは「移り変わる」、
言い換えれば「物事の根本的な考え方が変わる」ということです。

 

ちなみに、
「パラダイム・シフト」ではなく、
パラダイム転換」と言う場合もあります。

一見違うようにも聞こえますが、
どちらも同じ意味だと考えてください。

スポンサーリンク

パラダイムをさらに詳しく

パラダイム 詳しく 事例

 

では、「パラダイム」について
もう少し詳しく見ていきましょう。

 

「パラダイム 」は英語で「paradigm」と書き、
元々は「模範」「」などと訳されていました。

ところが、
アメリカの「トマス・クーン」という学者
によって現在の意味になったのです。

 

彼は、1962年に「科学革命の構造」という本を刊行します。

その本の一節に「パラダイム」という言葉が登場し、
科学の歴史や思想を説明する中でこの言葉が有名になったわけです。

 

「クーン」は「科学は連続的には進歩しない」と主張しました。

どういうことか言うと、
科学は革命のように非連続的に変化する」と言ったのです。

 

人間は生きていく上で、
それまでの理論では到底説明できない現象や問題に直面します。

先ほど説明した、
「天動説」⇒「地動説」への変化もそうでしょう。

そんな時に、
以前と全く異なる考えによって新しい理論が生まれ、考え方の常識が一新されること

これを彼は、
科学革命」と呼んだのです。

つまり、
古いパラダイムが新しいパラダイムに代わる
ということですね。

 

「パラダイムの変化」は、学問の根本的な枠組みが変わることです。

言いかえれば、
「世界観が変わること」とも言えるでしょう。

 

その後、
クーンの主張は多くの誤解釈があったため、
後の改訂版では撤回が宣言されています。

しかし、現在でもこの意味から派生し、
科学以外の様々な分野で「パラダイム」が用いられています。

具体的には、
「心理学」「哲学」などの分野です。

これらの分野では、
見方を変える」「固定観念を破る
といった意味でも使われているのです。

スポンサーリンク

ビジネスでの使い方

パラダイム ビジネス

 

「パラダイム」は、ビジネスでも使われています。

ビジネスの場合は、
組織内での常識的な考え方」という意味で使われることが多いです。

要するに、
「それまで組織で当たり前と考えられていたルール」ということですね。

 

例えば、ある企業が今までは
安いものを多く作って売ること」が
利益につながると考えていたとしましょう。

しかし、なかなか業績が上がらず壁にぶつかってしまったとします。

そんな時に、
安いものではなく逆に高いものを少しでも多く売ることが利益につながる」と考え直し、抜本的に発想を変えたとします。

このような場合に、
「組織内の既存の考えを一新する」という意味で
パラダイムを変える」などと言うわけです。

 

ビジネスでは、今までやってきた既存のノウハウがあります。

しかし、いつまでも既存のノウハウを使っていては、
ライバル企業に追い越されたり時代に取り残されたりと
企業自体が遅れをとることになりかねません。

そのため、パラダイムを壊したり
パラダイムそのものを変えたりすることが重要となってくるのです。

 

ただし、「パラダイム」を見直すことが重要だからと言って、
何でもかんでも変えればいいというわけではありません

なぜなら、
既存の見方や考え方を変えていくのは、
簡単にできることではないからです。

「天動説」から「地動説」へパラダイムシフトが起きるまで、
おおよそ100年近くもの月日が流れています。

パラダイムシフトという言葉は非常に便利ですが、
ビジネスでは本当にそれが多くの人々の価値観を変えられるのか
しっかりと精査する必要があるのです。

パラダイムの類義語

 

続いて、「パラダイム」の「類語」を紹介します。

【常識(じょうしき)】

ある社会で広く認知されている考え方。

【規範(きはん)】

行動や判断の基準となるもの。

【定説(ていせつ)】

一般的に認められ、確定的だとされる説。

【思考体系(しこうたいけい)】

考え方の基本的な枠組みのこと。

【価値体系(かちたいけい)】

価値の基本的な枠組みのこと。

共通しているのは、
物事への支配的な考え・枠組み
といったことですね。

どれも完璧に正しい訳語ではありませんが、
概ね上記のような理解で問題ありません。

 

また、「パラダイム・シフト」だと
以下のような言葉も類語と言えます。

 

  • 革命
  • 変革
  • 改革
  • 一新
  • 常識変化
  • 常識打破

 

これらの言葉のイメージとしては、
「思考が180度変わる」と考えると分かりやすいです。

スポンサーリンク

パラダイムの使い方・例文

 

では、最後に「パラダイム」の使い方を
実際の例文で確認しておきましょう。

 

  1. かつては、地動説ではなく天動説が一つのパラダイムであった。
  2. パラダイムとは、科学者の行動の指針となるものである。
  3. パラダイムが異なれば、物の見方は正反対に変わるものだ。
  4. 理論の枠組みが劇的に変わることを、パラダイムシフトと呼ぶ。
  5. パラダイム転換により、近代科学は新しい常識へと変わっていった。
  6. 科学革命とは、古いパラダイムから新しいパラダイムへと代わることである。
  7. パラダイムチェンジは、世界の枠組みの根本的な変化を意味する。

 

「パラダイム」という言葉は、基本的に
近代的なテーマを扱った文章に使われます。

特に、大学入試の現代文ではその傾向が強いですね。

近代では、前の時代に比べて科学、宗教、テクノロジ-など
多くのシステムが様変わりしました。

そのため、「前の時代を支配していた考え方」
という意味を表す時に「パラダイム」は使われやすいのです。

その場合は「パラダイム」単体ではなく、
「パラダイムシフト」「パラダイム転換」「パラダイムチェンジ」
など後ろに何らかの言葉が付くこともあります。

合わせて覚えておくようにしてください。

関連:>>科学と化学の違いとは?意味や使い分けを解説

関連:>>変革と改革の違いとは?改善の意味も解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると、

パラダイム」=ある時代における支配的な物の見方や考え方。

パラダイム・シフト」=古いパラダイムから新しいパラダイムへ変化すること。

ビジネスの意味」=組織内での常識的な考え方

類語」=「常識・規範・定説・思考体系・価値体系」など

ということでした。

 

「パラダイムシフト」の方は、一言で
常識変化」「180度変換」などと覚えてもよいでしょう。

この記事をきっかけに、
ぜひ「パラダイム」の正しい意味を覚えて頂ければと思います。

では今回は以上です。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)