この記事の読了時間: 545

変革 改革 違い 改善 意味

 

今回は、
変革」と「改革
の違いを解説していきます。

「組織を変革する」「働き方を改革する」

どちらもビジネスなどでよく使われる言葉ですね。

さらに似たような言葉で、
改善」や「革命」などが使われることもあります。

これらの言葉は一体どう使い分ければいいのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

変革の意味

 

まずは、「変革」の意味からです。

【変革(へんかく)】

物事を変えて新しくすること。また、変わること。

出典:三省堂 大辞林

変革」とは、
物事を変えて新しくすること」を言います。

例えば、以下のような使い方です。

  • 意識を変革する。
  • 組織を変革する。

「変革」は、
すでにあるものを100%変える」という点がポイントです。

上記の例だと、

意識」⇒考え方そのものを全て変える。

組織」⇒メンバーや配属全てを入れ替える。

といったことです。

別の言い方をすると、
全てを破壊して新しく作り上げる」と考えると分かりやすいでしょう。

逆に言えば、部分的に変更したりするような場合は
「変革」は使わない言葉だと思ってください。

改革の意味

 

続いて、「改革」の意味です。

【改革(かいかく)】

基盤は維持しつつ、社会制度や機構・組織などをあらため変えること。

出典:三省堂 大辞林

改革」とは、
基盤を維持しつつ、改め変えること」を言います。

例えば、以下のような使い方です。

  • 税制を改革する。
  • 働き方を改革する。

「改革」は、
今までの基盤を維持する」という点がポイントです。

上記の例だと、

税制」⇒税金の基本制度は保ったまま。

働き方」⇒働き方の大枠は保ったまま。

ということですね。

 

「基盤」とは、
「基本となる大事な部分のこと」を表します。

したがって、
大事な部分は残したまま、変更を加えること」を
「改革」と言うわけです。

スポンサーリンク

変革と改革の違い

変革 改革 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

変革」=物事を変えて新しくすること。

改革」=基盤を維持しつつ、改め変えること。

ということでした。

 

両者の違いを簡単に言うと、
変え方の違い」だと言えます。

「変革」は「変わる」と書くように
文字通り全てを変えるような時に使います。

一方で、「改革」は根本的な部分は残したまま、
改めるべき部分を変えるような時に使うのです。

 

」で例えるなら、

変革」=「建て替え」「改革」=「リフォーム

」で例えるなら、

変革」=「買い替え」「改革」=「修理・修繕

医療」で例えるなら、

変革」=「大手術」「改革」=「手直し

といったイメージです。

 

つまり、「物事を丸ごと変えること」を「変革」と言い、
「部分的に変えること」を「改革」と言うわけですね。

まとめると、

変革」=全て丸ごと変えること。

改革」=根本的な部分は残して、変えること。

となります。

 

ちなみに、両者は英語だと次のように言います。

変革」⇒「change

改革」⇒「reform

「変革」は「単に変わること」なのに対し、
「改革」は「リフォーム」を意味します。

建物のリフォームなどは「基礎や柱」はそのままで残りの設備を改めることなので、まさに「改革」と呼べるでしょう。

スポンサーリンク

改善の意味

 

似たような言葉で「改善」があります。

「改善」の意味も確認しておきましょう。

【改善(かいぜん)】

物事をよい方に改めること。 ⇔ 改悪

出典:三省堂 大辞林

改善」とは、
物事を良い方に改めること」を言います。

使い方としては、以下の通りです。

  • 生活を改善する。
  • 待遇を改善する。

「改善」は、
悪い所を少しずつでもよくする」というニュアンスが強い言葉です。

したがって、「変革」や「改革」のように
「制度や仕組みなどの大部分を変える」という意味では使いません。

 

また、「変革」と「改革」は、
今の状態を否定した上で変更を加えます。

一方で、「改善」の方は
必ずしも現状を否定するとは限りません。

場合によっては、
「現状に納得した上で、さらに良い方へ改める」
という意味でも使うのです。

 

以上の事から考えると、それぞれの「変える規模の大小」は次のように定義することも可能です。

変革」>「改革」>「改善

 

「変革」や「改革」をする時は、
「原則として物事が悪い状態にある」と言えます。

そのため、この2つは
物事を大きく変える必要があるのです。

革命の意味

 

同じく似たような言葉で「革命」があります。

【革命(かくめい)】

支配者階級が握っていた国家権力を被支配者階級が奪い取って、政治や経済の社会構造を根本的に覆す変革。

既成の制度や価値を根本的に変革すること。 

王朝があらたまること。

出典:三省堂 大辞林

革命」は①や②の説明にもあるように
「変革」とほぼ同じような意味を持ちます。

ただし、「革命」の場合は
政治体制や社会体制に対して使われることの方が多いです。

最も分かりやすいのが「産業革命」という言葉です。

「産業革命」とは、18世紀にイギリスで起こった
農業を基盤とする社会から近代産業社会への変革を指す語です。

それまで世の中を支配していたのは、農業という既存の社会体制でした。

この既存の体制を根本的に変革したのが、
「産業革命」と呼ばれるものだったのです。

その他、「易姓革命」「思想革命」などの語も
歴史の用語としてはよく使われています。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では最後に、それぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【変革の使い方】

  1. スマホの発明により、社会全体が変革を遂げた。
  2. 日本の教育制度は、変革すべき時期に来ている。
  3. 江戸時代から明治時代へ変革したのが、明治維新である。
  4. このチームを強くするには、個々の意識の変革が必要だ。

 

【改革の使い方】

  1. 現状の医療システムは、やはり改革する必要がある。
  2. その会社は、組織改革によって見事v字回復を遂げた。
  3. 選挙制度の改革により、18歳から投票できるようになった。
  4. 年金制度は、抜本的に改革する必要がある。

 

【改善の使い方】

  1. 痩せるためには、食生活を改善する必要がある。
  2. 労働条件を改善することを、強く訴えた。
  3. 会社による業務改善プロジェクトが始まった。

 

【革命の使い方】

  1. 産業革命により、大規模な織機・紡績機の改良が行われた。
  2. 1789年に起こったフランス革命は、世界史上の代表的な革命である。
  3. 市民革命は、封建的な国家体制を解体し、近代社会をめざすものであった。

 

なお、「改革」に関しては「抜本的改革」などと言うこともあります。

「抜本的(ばっぽんてき)」≒「根本的」と考えてください。

この場合は、「根本から一気に変えていく
という「変革」に近い意味になります。

関連:>>修理と修繕の違いとは?意味や使い分けを解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると、

変革」=物事を全て変えて、新しくすること。

改革」=物事の基盤を維持しつつ、改め変えること。

改善」=物事を(少しずつ)良い方に改めること。

革命」=政治や経済の社会構造を根本的に覆す変革。

変革(革命)」>「改革」>「改善の順に物事を大きく変える。

ということでした。

 

「改善」を積み重ねた結果、「変革」や「改革」ができると覚えておきましょう。

では今回は以上となります。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)