この記事の読了時間: 447

 

体の一部を使った面白い慣用句があります。

一般的には、
背に腹はかえられぬ」「背に腹はかえられない
などと言いますね。

よく使われている言葉なので、
一度は聞いたことがあるでしょう。

 

しかし、
正確な語源まで把握している人は
少ないのではないでしょうか?

そこで今回は、
「背に腹はかえられぬ」の意味・使い方・由来
などを詳しく解説していきたいと思います。

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

背に腹はかえられぬの意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【背に腹はかえられない】

さし迫った苦痛を回避するためには、他のことを犠牲にしても仕方ない。背に腹はかえられぬ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

背に腹はかえられぬ」とは、
目の前の苦痛を回避するためなら、他を犠牲にしても仕方ない
という意味です。

 

例えば、
以下のように使います。

背に腹はかえられないので、生活費のために服を売った。」

この場合、
「生活費が足りなくてお金に困っている」
という苦痛が目の前にあります。

その苦痛を回避するために、
仕方なく自分の服を売ったということですね。

 

このように、「背に腹はかえられない」は、
本当は望んでいないけども、仕方なく選択する
ような場合に使います。

別の言い方をすれば、
やむを得ず行う」ということですね。

 

補足すると、
背に腹はかえられぬ」は
背に腹はかえられない」と言うこともあります。

どちらを使っても
意味自体は全く同じだと考えてください。

背に腹はかえられぬの語源・由来

背に腹はかえられない 語源

 

背に腹はかえられぬ」の語源は
「昔の戦闘」からきていると言われています。

 

剣を使ったバトルでは、
「お腹」を守ることが大事です。

なぜなら、
人間のお腹には、胃腸や大腸など
大切な臓器が無防備に入っているから
ですね。

 

冷静に考えれば、お腹には骨がないため、
普通に殴られるだけでもかなり痛いですよね?

そのため、
戦闘においてお腹を傷つけられるのは、
人間にとって命に関わることなのです。

 

一方で、
「背中」はどうでしょうか?

背中も剣で刺されたらさすがにヤバいですが、
殴られるくらいなら大丈夫でしょう。

背中を殴られて気絶するようなことはまずありません。

 

したがって、
体を守る優先順位としては背中よりもお腹の方が高い
と言えます。

 

そのため、昔の人が
「危ない時は、腹を守って背中を切らせよ」
と言ったわけです。

言いかえれば、
お腹を切られるくらいだったら、背中を犠牲にすべきだ
ということですね。

 

ここで、言葉の意味を
改めて振り返ってみましょう。

 

背に腹はかえられない」を直訳すると
背中に腹の代わりは務まらない」となります。

つまり、
背中程度では代用できないほど、腹は大事なものだ
と言っているわけですね。

 

ここから、
「大切なものを守るためなら、他を犠牲にしても仕方ない」
という意味になったのです。

 

ちなみに、
背を腹にかえられぬ
という言い方は間違いです。

なぜなら、
これだと「背中」と「お腹」は交換できない
という意味になってしまうからです。

よく間違われる人がいますので、
気をつけましょう。

スポンサーリンク

背に腹はかえられぬの類語

背に腹はかえられない 類語

 

「背に腹はかえられぬ」の
「類語」は以下の通りです。

 

  • 仕方ない
  • やむを得ない
  • 泣く泣く
  • 涙を飲む
  • 不承不承(ふしょうぶしょう)
  • 時のようには鼻をも削ぐ

※「不承不承」とは、
「気が進まないままにする様子のこと」を言います。

 

また、「時の用には鼻をも削ぐ」とは、
急を要する大事な時は、鼻を切り落とすような手段でも
とったほうがよい
」という意味です。

 

「鼻を切り落とす」
というのは少し乱暴に聞こえますね。

しかし、
「犠牲が出ても仕方ない」
という点では同じ意味と言えるでしょう。

 

ちなみに、その他の慣用句では
焦眉の急」も近い言葉と言えます。

「焦眉の急」については、
以下の記事を参照してください。

>>焦眉の急の意味とは?使い方や由来・類語を解説

背に腹はかえられぬの英語

 

続いて、英語訳です。

「背に腹はかえられぬ」は
「英語」だと次のように言います。

 

Necessity has no law.

 

「Necessity」は「必然・不可避」

そして、
「law」は「ルール・決まり」などの意味です。

 

直訳すると、
不可避の場合は、決まりなどない
となります。

不可避」=「緊急の場合」「どうしようもない場合」
と考えると分かりやすいですね。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では、「背に腹はかえられぬ」の
使い方を例文で確認しておきましょう。

 

  1. サラ金だけは頼りたくなかったが、もはや背に腹はかえられない。
  2. 背に腹はかえられないので、仕方なく食費を削ることにした。
  3. あいつとだけはコンビを組みたくなかったが、背に腹はかえられない。
  4. 今日の試合は守護神を温存したかったが、背に腹はかえられないため、投入した。
  5. 第二志望の大学には行きたくなかったが、背に腹はかえられないので進学しよう。
  6. 背に腹はかえられないのか、彼は自分のことしか考えていなかった。

 

「背に腹はかえられぬ」は、
追い詰められた状況で他を考える余裕がない
という意味で使うこともあります。

例文だと、最後の文になりますね。

この場合は「背」を「他人」、
「腹」を「自分自身」と考えると分かりやすいでしょう。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

内容を簡単にまとめると、

背に腹はかえられぬ」=目の前の苦痛を回避するためなら、他を犠牲にしても仕方ない。

語源」=背中に腹の代わりは務まらない。

となります。

 

ポイントは、
背中よりもお腹が大事」ということですね。

「背中くらいじゃ代用できないほど、お腹は大事である」

よって、
背中のように他を犠牲にするのも仕方ない

このように覚えれば、
意味を忘れることはないでしょう。

スポンサーリンク