この記事の読了目安: 611

ものとことば  要約 200字 意味調べ 授業 学習の手引き 筆者の考え

 

『ものとことば』は、鈴木孝夫による評論文です。高校教科書、「現代の国語」にも採用されています。

ただ、実際に文章を読むと筆者の主張が分かりにくい箇所も多いです。そこで今回は、『ものとことば』のあらすじや要約、意味調べなども含めわかりやすく解説しました。 

『ものとことば』のあらすじ

 

本文は、大きく分けて3つの段落から構成されています。ここでは、各段落ごとのあらすじを簡単に紹介していきます。

あらすじ

①p49・1~p51・10

私たちは、数えきれないほどのたくさんのものやことに囲まれて生活している。そして、この生活をとりまくものやこと、すなわち森羅万象には、すべてそれを表すことばがあるという素朴で確たる実感を抱いている。多くの人は、「同じものが、国が違い言語が異なれば、全く違ったことばで呼ばれる」という認識を持っており、一種の信念とでも言うべき、大前提をふまえているのである。

②p51・11~p55・3

ところが、哲学者や言語学者の中には、この前提に疑いを持っている人たちがいる。私も言語学の立場から、ものという存在がまずあって、それにことばがつけられるのではなく、ことばが逆にものをあらしめているという見方をしている。一口で言えば、「初めにことばありき」である。初めにことばがあり、私たちはことばによって世界を認識しているのであり、ことばの構造やしくみが違えば、認識される対象も当然変化せざるを得ないのである。

③p55・4~p55・8

ことばは、混沌とした、連続的で切れ目のない素材の世界に、人間の見地から、人間にとって有意義と思われるしかたで、虚構の分節を与え、分類するはたらきを担っている。言葉はたえず生成し、常に流動している世界を、あたかも整然と区別された、ものやことの集合であるかのような姿の下に、人間に提示する虚構性を持っているのである。

『ものとことば』の要約解説

 

200字要約私たちは、森羅万象にはすべてそれを表す言葉があるという実感を抱いており、多くの人は、同じものが、国や言語が異なれば、全く違ったことばで呼ばれるという認識を持っている。だが、ことばがものをあらしめているのであり、私たちはことばによって世界を認識するため、言語の構造が違えば認識される世界も変わる。言葉は、連続的で切れ目のない世界を、ものやことの集合であるかのように提示する虚構性を持っているのである。(199文字)

筆者の主張を一言で言うなら、「ことばがあることで、ものが認識される」ということになります。

この事を筆者は本文中で、「初めにことばありき」ということに尽きる、と述べています。

私たちは通常、「ものがまず存在し、それに対して人間が名前を付ける」と考えがちです。ところが、筆者はそうではないのと主張します。

筆者は、ことばがものを存在させているのであり、その事により私たちは世界を認識しているのだと述べています。

初めからこの世界は認識されているのではなく、「ことばによってこの世界は分けられている」という筆者の主張を読み取るのがポイントとなります。

『ものとことば』の意味調べノート

 

【雑然(ざつぜん)】⇒いろいろなものが入り乱れて、まとまりのないさま。

【ぎっしり】⇒ものが隙間なく詰まっているさま。

【多岐にわたる(たきにわたる)】⇒物事が多方面に及んでいる。

【膨大(ぼうだい)】⇒非常に大きいさま。

【固有の名称(こゆうのめいしょう)】⇒そのものだけにある名前。ここでは、自然界の鳥類や動物、昆虫、植物などにそれぞれ個別の名前があることをさす。

【総和(そうわ)】⇒全体を合わせた数量。

【森羅万象(しんらばんしょう)】⇒宇宙に存在するすべての事物や現象。

【素朴(そぼく)】⇒素直で飾り気がないさま。考え方が単純であるさま。

【確たる(かくたる)】⇒たしかで、はっきりしているさま。

【実感(じっかん)】⇒ここでは、心の底からそうだと感じること。その気持ち。

【信念(しんねん)】⇒正しいと信じる自分の考え。

【哲学者(てつがくしゃ)】⇒哲学を研究する学者。「哲学」とは、世界・人生などの根本原理を追求する学問を指す。

【レッテルを貼る(レッテルをはる)】⇒一方的・断定的に評価をつける。ここでは、そのものにあらかじめ決まった名前が存在しているかのように、ことばをつけることを指す。

【あらしめる】⇒あるようにさせる。そのような状態や存在にさせる。※「ことばが逆にものをあらしめている」で、ものが先にあってそれぞれ名がつけられているのではなく、ことばがものを認識させているという意味。

【相違(そうい)】⇒二つのものの間にちがいがあること。

【空々漠々(くうくうばくばく)】⇒何もなく、果てしなく広いさま。また、とりとめもなくぼんやりしたさま。

【把握(はあく)】⇒しっかりと理解すること。

【比喩(ひゆ)】⇒何かを他の何かに置きかえて表現すること。

【抽象的(ちゅうしょうてき)】⇒頭の中だけで考えていて、具体性に欠けるさま。

【定義(ていぎ)】⇒物事の意味・内容を他と区別できるように、言葉で明確に限定すること。

【要素(ようそ)】⇒あることを成り立たせているもの。

【相対的(そうたいてき)】⇒他との関係において成り立つさま。また、他との比較の上に成り立つさま。

【特有(とくゆう)】⇒そのものだけが特にもっていること。また、そのさま。

【渾沌(こんとん)】⇒すべてが入りまじって区別がつかないさま。

【有意義(ゆういぎ)】⇒意味・価値があると考えられること。また、そのさま。

【虚構(きょこう)】⇒事実でないことを事実らしく仕組むこと。

【本質的(ほんしつてき)】⇒物事の根本的な性質にかかわるさま。

『ものとことば』のテスト対策問題

 

問題0

次の同音異義語を漢字に直しなさい。

①全くケントウがつかない。-解決策をケントウする。-互いのケントウをたたえる。

②意見のソウイがある。-全員のソウイで決める。

③思考のチュウショウ度を上げる。いわれのないチュウショウを受ける。

④動物のケイタイを調べる。-免許証をケイタイする。

解答①見当・検討・健闘 ②相違・総意 ③抽象・中傷 ④形態・携帯
問題1「ものとことばは、互いに対応しながら人間を、その細かい網目の中に押し込んでいる。」とは、どういうことか?「細かい網目」という比喩に注意して説明しなさい。
解答例私たち人間は、ものとそれに対応することばの結びつきが隙間なく編まれた網目のように細かい部分にまで及ぶ状態で、生活しているということ。
問題2筆者がここで「素朴な、そして確たる実感」という表現を用いた意図は何か?
解答例私たちが、「森羅万象には、すべてそれを表すことばがある」ということを、疑いのないこととして考えていることを改めて認識させる意図。
問題3「同じものが、言語が違えば別のことばで呼ばれるという、一種の信念とでもいうべき、大前提」と同じ内容を、これより前ではどう表現しているか?
解答例「『同じものが、国が違い言語が異なれば、全く違ったことばで呼ばれる。』」という認識。
問題4「世界の断片」とは、どのようなものか?
解答例ことばによって認識される以前の、素材として世界にあるいろいろな事物。
問題5「窓口」という比喩は、どういう内容を表しているか?
解答例ことばが、いろいろな事物をはじめとする世界全体を認識するための手がかりになっているということ。
問題6「そこにものがあっても、それをさす適当なことばがない場合、そのものが目に入らない」とは、どういうことか?
解答例ものはことばによってはじめて認識されるため、そのものをさすことばがない場合には認識できないということ。
問題7「虚構の分節を与え」るとは、どういうことか?
解答例まだ認識されていない混沌とした素材の世界を、ことばによって人間にとって有意義なように分類すること。

まとめ

 

以上、今回は『ものとことば』について解説しました。言語について論じた評論は、入試においても頻出です。ぜひ正しい読解をできるようになってください。

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・宅地建物取引士など。