この記事の読了目安: 628

スペインタイルの家 解説 あらすじ 要約 主題 学習の手引き

 

『スペインタイルの家』は、高校現代文で学ぶ小説です。学校の教科書にもよく採用されています。

ただ、本文を読み進めると主人公の心情の変化などが分かりにくい箇所もあります。そこで今回は、『スペインタイルの家』のあらすじやテスト対策、学習の手引きなどをわかりやすく解説しました。

『スペインタイルの家』のあらすじ

 

『スペインタイルの家』は、行空きによって5つの段落から構成されています。ここでは、各段落ごとのあらすじを簡単に紹介していきます。

あらすじ

①尾道俊男は、お気に入りの家の前を通ることを日課としている。広い木製デッキと外国製のタイルをあしらった玄関周りの意匠が、彼の興味を引いた。この家を目に収めるだけで、その日一日がどことなく穏やかに転じるように思っていた。

②現場でタイル屋と一緒になった折、そのタイルがスペイン製のものであることを教えられた。住人である初老の婦人を見ると、なおその暮らしが魅惑的に思われ、仕事の経験と勘から家の間取りを想像した。妻の祐子は、散歩先の鳩森八幡の富士塚の頂上を自分の足場として確認するのを重んじていた。時折、妻と一緒にあの家の前を通るが、彼女は家が気にならない様子で、そちらに目を向けることもなかった。

③二月も終わりに近い日、俊男は初老の婦人とは別の住人を目にした。その女の人は、北側の部屋の窓辺にある椅子に座ってたばこをふかし、書類らしきものに目を通していた。俊男は上品で知的なその家の暮らしを想像した。自分がその家に居候をしている様子を空想し、思わず「肩身の狭い思いをするのがオチだな」とうっかり声に出して言ってしまった。祐子はそれを聞き、存外うまくやっていくわ、あなたにはソンザイカンがあるもの、と言った。

④しばらく忙しい日が続いたが、仕事の合間に家のことを思い出して穏やかな気持ちになった。ある夜、例の女の人がきちっとした格好で通り過ぎるのを見た。この時、あの家がひどくはっきりした実体を持ち得たように感じ、奇妙な戸惑いと寄る辺ない心細さに襲われた。明け方、あの家で居候をしている夢を見たあと、あの家への憧憬の度合いをおかしく感じるとともに、学問をしたかったという思いがよみがえった。必死に生きてきたことに後悔はないが、あの家には自分の選びそびれた人生がこっそり眠っているように感じ、どうしようもないやるせなさがこみ上げた。

⑤最後にするつもりで、俊男はあの家の前を通った。ふいに背後で声がして、その老人から声をかけられた。老人は、俊男がこの辺りを歩く姿を羨ましいと思って見ていて、自分は胸が悪く家でも家人の女性たちに対して萎縮していると言う。老人は例の家の中に入って消えていった。俊男は老人が陰になった室内からぽつんと座って外を眺めている様子を想像し、気管が絞られるような気がした。春の光に向かって、ソンザイカン、と小さな声で言った。

『スペインタイルの家』の本文解説

 

本作は、高度経済成長期の日本に働く若者の夢と挫折を描いた小説文です。流れとしては「スペインタイルの家」に憧れる青年の心理に沿って描かれています。

建築現場で働く俊男は、毎日通りかかる家に知的で上品な生活があると想像し、自らをその想像の中にまぎれこませて慰めを得ていました。やがて、その生活が空想ではなくはっきりとした実体として意識された時、彼はその家は自分とは無縁の世界なのだと知ることになります。

自分のその家への憧れは、自分が選びそびれた人生への未練なのだと自覚した俊男は、憧憬のむなしさに気づきます。しかし、その家の老人もまた孤独に生きていることを知り、過酷な現実に胸を詰まらせることになります。

この小説の背景にあるのは、東京オリンピックを前に、次々と懐かしい風景が消えてゆく中、建築現場で働く貧しい若者の鬱屈した思いです。現代の話として読んでしまうと理解できない部分が出てくるため、その点は注意する必要があります。

『スペインタイルの家』のテスト対策問題

 

問題0

次の傍線部の仮名を漢字に直しなさい。

①陸上キョウギ場。

イショウを凝らした玄関。

③夕食をフンパツする。

ソウシツ感にさいなまれる。

ハンザツを極める。

⑥心細さにおそわれる。

⑦著名な書家にシジする。

解答①競技 ②意匠 ③奮発 ④喪失 ⑤煩雑 ⑥襲 ⑦師事
問題1「日常へと戻っていく。」とは、具体的にどうすることか。
解答例非日常を味わう時間から通常の出勤の経路へと戻ること。
補足「スペインタイル」の家の様子を眺めることが「非日常」であるということは、俊男の「日常」がいかに味気なく、また苛酷なものであるかを示唆している。俊男は「電気工」として現場で働いており、妻と二人で小さなアパートに住んでいる。貧しい俊男には通勤途中でこの家を見ることが非日常なのである。映画を見るとか旅行に行くとかいった楽しみとは無縁な生活であることがこの一文から分かる。
問題2「自分の仕事の意味」とは、どういう意味か?
解答例電気工としての自分の仕事によって、電気が電灯となって家々にぬくもりをもたらしているという意味。
補足電気工としての仕事は楽なものではなく、給料も高いとはいえない。その仕事に「意味」を見出すことなど、普段は滅多にないのである。
問題3なぜ「慌ててそれを押しとどめ」たのか?
解答例挨拶をしたら、こちらが一方的に知っている相手だということに気づき、不審に思われると考えたから。
問題4「まぶしい青と白」とは、何か?
解答例晴れた空の青さを背景にしたこぶしのつぼみの白さ。
問題5「後ろめたさと漠然とした喪失感」とあるが、何に対する「後ろめたさ」と、どのような「喪失感」だと考えられるか?
解答例

【後ろめたさ】⇒自分の仕事の都合で都心に引っ越してきて、妻の思いを顧みなかったこと。

【喪失感】⇒郊外の穏やかな二人の暮らしが失われたこと。

補足本文中には、「スペインタイルの家」を見ると、俊男は「その日一日がどことなく穏やかに転じるように思っていた。」とある。これはつまり、「その日」が決して穏やかなものではないことを示唆している。電気工としての生活の厳しさや、生活維持のために郊外の家を捨てざるを得なかったことなどが根にあると考えられる。
問題6「奇妙な戸惑いが湧き、迷子になったときのような寄る辺ない心細さに襲われた。」とあるが、なぜそのように感じたのか?
解答例空想の存在であった人物が実体として感じられ、自分とは全く異なる生活をする人たちなのだということがはっきりと分かり、寂しさに襲われたから。
補足俊男にとって「空想の存在」であったときは、その空想の中に入って行く余地もあったし、「居候」としてその家に入るという空想もできた。ところが、その家の娘が、自分が空想した通りの人であったこと、すなわち「実体として感じられたこと」で、俊男はその家の住人と自分との間にあるはっきりとした溝を感じた。今までは、生活は苦しくても、その家の生活に寄り添うようにして慰めを得てきたのに、それを拒絶されたと感じた。それが戸惑いや寄る辺ない心細さの中身ということになる。
問題7「最後にするつもりで」とあるが、俊男はなぜ最後にしようと思ったのか?
解答例自分がその家に憧れることの理由が分かったと同時に、憧れ続けることの無意味さも分かり、最後にもう一度だけ見て、もうその家に憧れるのをやめようと考えたから。
補足俊男は、自分が歩みたかった人生をその家の住人に見ていたと考えられる。しかし、その家が「はっきりした実体」を持ってしまった以上、その空想に寄り添っていることもできない。つまり、自分とその家の住民とは全く無縁なのだということをはっきりと知ったわけである。
問題8「気管が絞られるような気がした。」とあるが、なぜそのような気がしたのか?
解答例憧れていた家に住んでいる老人が、家の中で疎外されて暮らしているように思われ、老人の孤独を強く感じたため。
補足通常であれば、「胸が締め付けられるような」という比喩表現を使う。しかし、ここでは「気管が絞られるような」という珍しい表現が使われている。これは通常よりもさらに痛切な気持ちと考えればよいだろう。老人への同情もあるが、ここまで恵まれた生活の中にも孤独が潜んでいるということに、人生の残酷さへの悲しみを感じたといった心理に近い。

まとめ

 

以上、本記事は『スペインタイルの家』について解説しました。ぜひ定期テストの対策としてもらえればと思います。なお、本文中の重要語句については以下の記事でまとめています。

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・宅地建物取引士など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)