この記事の読了時間: 457

古色蒼然 意味 例文 類語 英語

 

古色蒼然」と聞いて、
あなたは何を思い浮かべるでしょうか?

 

「古い」と書くので、何となく
建物や骨董品に使われているイメージですね。

実はこの言葉は、お酒の名前になっているほど
有名な四字熟語なのです。

 

この記事では、
古色蒼然」の意味・使い方・類語などを
解説していきたいと思います。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

古色蒼然の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【古色蒼然(こしょくそうぜん)】

ひどく古びたさま。いかにも古めかしいさま。また、古めかしく趣のあるさま。

出典:三省堂 新明解四字熟語辞典

古色蒼然」とは
ひどく古びていて趣のあるさま。いかにも古めかしいさま
のことを言います。

「古めかしい」とは、
古い感じがするが、それなりの価値がある様子のこと
だと思ってください。

 

例えば、
以下のような使い方です。

実家の蔵の中から、古色蒼然としたツボが出てきた。古物商に鑑定させてみよう。

この場合は、
「古く見えるけど、実際は値段が高そうなツボを見つけた」
ということですね。

 

「古色蒼然」は、一般的には
「古びて趣がある」という肯定的な意味で使います。

ただし、「単に古びたさま」という
否定的な意味で使われることもあります。

 

例を挙げると、
次のような使い方です。

あの会社の社風は、昔からずっと変わらない。古色蒼然そのものだね。

つまり、
「昔からの社風ばかりで、時代に取り遅れている」
ということですね。

いずれにせよ、
「肯定的か否定的か?」は
文面から判断できるかと思います。

古色蒼然の語源・由来

 

次に、「語源」を見ていきましょう。

古色」は、「古い色」と書くので、
古びた色合いや古びた雰囲気」を意味します。

 

また、「蒼然」の「」という字は、
灰色が混じった青色」を表しています。

言い換えれば、
くすんだ青色」ということですね。

 

整理すると、

「古色」+「蒼然」=「古びた色合い」+「くすんだ青色

となります。

 

すなわち、
どちらも長い年月を経て、古くなった様子
を強調した言葉ということですね。

ここから、
「趣や味わいのある様子」
という意味でも使われているのです。

 

日本という国は、昔から伝統を大事にしていきました。

だからこそ、
古さ」=「趣がある」という意味の
四字熟語が広まったとも言えるでしょう。

スポンサーリンク

古色蒼然の類語

古色蒼然 類語

 

続いて、
「類語」を紹介していきます。

【古色古香(こしょくここう)】

優雅で趣のある様子。

「古色」は前述した通り、「古びた色や様子」を表します。

また、「古香」は「古めかして良い香り」という意味です。

名所古刹(めいしょこさつ)

きれいな景色や歴史のある場所。古くて由緒がある寺。

「刹」には、「お寺」という意味があります。

【深山幽谷(しんざんゆうこく)】

人がほとんど入って来ないような山奥深く。静かな大自然。

「深山」とは、「人里離れた深い山奥」

「幽谷」とは、「静かな山奥にある谷」を指します。

【神韻縹緲(しんいんひょうびょう)】

芸術作品が持つ、すぐれた奥深い趣。

「神韻」とは、「きわめてすぐれている趣」

「縹緲」とは、「ほのかに浮かび上がる様子」を表します。

いずれも、
情緒がある・趣がある
といった意味の四字熟語ですね。

中でも、「古色古香」が
一番近い意味の言葉と言えるでしょう。

 

基本的に、
「古色蒼然」は「古さ」と「趣」の
2つでイメージすると分かりやすいです。

したがって、
それに準じた言葉が類語となるわけですね。

古色蒼然の英語

 

続いて、英語訳です。

「古色蒼然」は、
「英語」だと次の5つの単語があります。

 

ancient」 ⇒ 「昔の・古代の」

patina」 ⇒ 「古さび・古色」

antique-looking」⇒「古く見える」

timeworn」 ⇒  「使い古した」

very old」 ⇒  「とても古い」

 

「古色蒼然」は、ただ古いだけではなく
「そこに趣がある」という意味も含まれていましたね。

したがって、
「antique」の「骨董品、古くても価値がある」という
訳が一番ふさわしいと言えるでしょう。

 

例文だと、
以下のような言い方です。

This beautiful French furniture is antique-looking.
(この美しいフランス家具は、古色蒼然としている。)

 

また、次のような使い方も可能です。

the antique-looking book (古色蒼然とした本)

 

「antique-looking」は、形容詞として使います。

なので、この場合は
後ろの名詞「book」を修飾している形ですね。

スポンサーリンク

古色蒼然の使い方・例文

 

最後に、「古色蒼然」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 古色蒼然としたお寺に、日本の風情を感じる。
  2. 古色蒼然とした雰囲気で、伝統さを感じさせる建物だ。
  3. 古色蒼然たるその時計は、多くの人を魅了してきた。
  4. その挿絵は、古色蒼然たる風情を醸し出している。
  5. 思った印象とは異なり、古色蒼然とした業界ですね。
  6. ただ古びているだけの古色蒼然とした門だ。
  7. 古色蒼然とした街並みばかりで、どんよりしている。

 

前半4つが「肯定的な文章」、

後半3つが「否定的な文章」ですね。

どちらの意味でも使うことができますが、
実際には肯定的な意味で使うことが多いですね。

否定的な意味の方は、
昔の小説文などでよく使われる印象です。

 

いずれにせよ、
「お寺」や「建物」「古物」「業界」など
幅広い対象に使える言葉と言えますね。

まとめ

 

いかかがでしたか?

 

内容を簡単にまとめると、

古色蒼然」=ひどく古びていて趣のある様子。ひどく古い様子。

語源」=古びた色合い」+「くすんだ青色

類語」= 「古色古香・名所古刹・深山幽谷・神韻縹緲」など。

英語」= 「antique-looking

ということでした。

 

「古色蒼然」は堅苦しい四字熟語にも見えますが、
普段の生活でも使うことができます。

この記事をきっかけに、
由緒あるお寺などに使ってみてはどうでしょうか?

では、今回は以上です!

スポンサーリンク