この記事の読了時間: 416

保守 保全 違い 意味 使い分け

 

今回は、
保守」と「保全
の違いを解説していきます。

 

「機械の保守」

「設備の保全」

どちらの言葉も、
「製造業」などの現場で
よく使われている印象ですね。

この2つには、
一体どんな違いがあるのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

保守の意味

 

まずは、
「保守」の意味です。

【保守(ほしゅ)】

正常な状態を保つこと。

旧来の風習・伝統・考え方などを重んじて守っていこうとすること。また、その立場。⇔革新。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

保守」とは、
正常な状態を保つこと」を言います。

一般的に、「保守」は
機械やシステムなどの整備・点検作業
を指すことが多いです。

 

例えば、
以下のような作業です。

【機械の保守】壊れた箇所の修理・傷んだ部分の修繕。

【システムの保守】ソフトウェアの更新・ハードウェアの交換。

関連記事:>>修理と修繕の違いとは?意味や使い分けも

 

つまり、
「機械やシステムを正常な状態に戻すこと」を
「保守」と言うわけですね。

 

また、「保守」は
政治的な意味で使うこともあります。

【例】⇒自民党は保守政党である。

この場合は、
「今までの考え方を変えずに、守っていく」
という意味だと思ってください。

保全の意味

 

続いて、
「保全」の意味です。

【保全(ほぜん)】

保護して安全であるようにすること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

保全」とは、
保護して安全を保つこと」を言います。

一般的に、「保全」という言葉は、
安全を保つ作業」をする時に使うことが多いです。

 

例えば、

設備保全」⇒設備の安全を重視した点検。

環境保全」⇒環境の安全を重視した工事。

といったことですね。

 

したがって、
機械やシステムに対して使う時は、
「安全のために事前に点検しておく」
という意味で使うことが多いです。

 

また、
「保全」は「完全な状態を保つ
という意味で使うこともあります。

【例】⇒「証拠の保全を行う」

この場合は、
「裁判のために、証拠を確保しておく」
という意味だと思ってください。

保守と保全の違い

保守 保全 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

保守」=正常な状態を保つこと。

保全」=保護して安全を保つこと。

ということでした。

 

両者の違いを簡単に言うと、
作業をする目的の違い」だと言えます。

 

「保全」の方は、
「安全」の「」と書くように
安全を守ること」が目的です。

一方で、「保守」はあくまで
正常な状態にすること」が目的です。

この時に、「安全を保つ」
という目的は特に含まれません。

 

つまり、
「安全」か「正常」のどちらを目的にするか
ということですね。

ただし、
「正常な状態にする」ということは、
「結果的に安全につながることも多い」と言えます。

そのため、
実際の現場では、必ずしも両者は
厳密に区別されているわけではないようです。

 

一般的には、以下のように
使い分けをする会社が多いですね。

保守」=機械が故障した時に、元の状態に戻す。

保全」=機械が故障しないように、普段から点検しておく。

関連記事:>>機械と器械の違いとは?意味や使い分けも

 

要するに、

保守」は故障に使うことが多く、

保全」は故障に使うことが多い。

ということですね。

 

医療」で例えるなら、

保守」=投薬や手術などの治療。

保全」=うがい・手洗いなどの予防。

と考えると分かりやすいでしょう。

 

ちなみに、
両者は英語だと
次のように言います。

保守」=「maintenance(メンテナンス)

保全」=「safeguard(セーフガード)

 

「maintenance」には、
「補修・維持」などの意味があります。

一方で、「safeguard」には
「守る・保護する・予防する」
などの意味があります。

 

英語の場合は、日本語ほど
厳密には区別されていません。

場合によっては
「保全」のことを「maintenance」と
訳すこともあるので注意しましょう。

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【保守の使い方】

  1. エンジンに不具合が出たので、車両の保守点検を行う。
  2. 人身事故後の、線路の保守作業に追われる。
  3. 納品後の機械を保守する仕事を任された。
  4. 最近の若者は、考え方が保守的になってきた。

 

【保全の使い方】

  1. 機械保全の目的は、機械が壊れないようにするためだ。
  2. 突発的な故障をゼロにするために、定期的な保全を行う。
  3. 町の南部は、「緑地保全区域」に指定されている。
  4. 「環境保全」により、人と動植物の住環境の安全を図る。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

保守」=正常な状態を保つこと。(正常にするのが目的)

保全」=保護して安全を保つこと。(安全にするのが目的)

一般的には、
次のような使い分けが多い。

保守」=機械が故障した時に、元の状態に戻す。

保全」=機械が故障しないように、普段から点検しておく。

ということでしたね。

 

上記の使い分けは、
あくまで慣習的なものです。

もしも会社内で統一した基準があれば、
それに従うようにしましょう。

今回は以上です!

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)