この記事の読了時間: 542

武運長久 意味 使い方・語源 由来 類語

 

「武運長久」という四字熟語を
聞いたことがありますか?

実は、この四字熟語は、
旗の名前や神社のお守りにも使われている
とても身近な言葉でもあります。

正しい読み方や意味を学んで、
あなたの知識を深めていきましょう。

今回は、「武運長久」について詳しく解説しました。

スポンサーリンク

武運長久の意味・読み方

 

まずは、基本的な意味と読み方です。

【武運長久(ぶうんちょうきゅう)】

戦場での幸運が久しく続くこと。武人としての命運が続くこと。出征した兵士がいつまでも無事であること。

出典:学研 四字熟語辞典

武運長久(ぶんちょうきゅう」とは、
戦場での幸運が長く続くこと」「武人としての命運や無事が長く続くこと」などを意味する言葉です。

使い方としては、上記の「戦場」を
現代での「勝負事」に置き換えて使うことが多いです。

例えば、以下のように使います。

明日は決勝戦なので、みんなで神社に行って武運長久を祈ろう。

この場合はつまり、
「大事な決勝戦という勝負事で、無事に勝てるように祈りに行く」
ということですね。

「武運長久」はこのように、
将来に向けて幸運を祈るような時に使う言葉だと思ってください。

武運長久の語源・由来

 

では、大まかな意味が分かった所で、
この言葉の語源を確認していきましょう。

「武運長久」は、
「武運」と「長久」の2つが合わさってできた四字熟語です。

まず、「武運」は「士の」と書くので、
戦いにおける運のこと」を意味します。

元々、「武」という字は「武器」「武力」などの言葉があるように、
「勇ましい」という意味がありました。

なので、この場合は「戦い」を表すわけです。

 

そして、「長久」とは
ずっと長く続くこと」という意味です。

「長」は、文字通り「長いこと」を意味し、
「久」も「永久」「恒久」などがあるように、「長いこと」を意味します。

両者を合わせることで、
「長久」は「時間的な長さ」を強調した言葉となります。

 

以上の事から、「武運長久」の本来の意味は、
戦いにおける運が、できるだけ長く続くこと」となります。

ここから現在の、
勝負事での幸運や無事が続くこと」という意味につながるわけですね。

 

かつて、「武運長久」は
戦場に向かう兵士によく贈られた言葉でした。

戦場では、もちろん兵士の命が保証されているわけではありません。

そのため、残された人達としては、兵士たちに対し、
「何とか無事に生き残ってほしい」と常々願っていました。

「武運長久」とは、そのような残された人達の
強い思いや願望が込められた四字熟語なのです。

スポンサーリンク

武運長久の類語

武運長久 類語

 

続いて、
「武運長久」の類語を紹介します。

【幸運を祈る(こううんをいのる)】

未来に関して、よい運があることを心から望むこと。

「幸運」とは、
「運がよいこと・よい巡り合わせ」という意味を表します。

【多幸を祈る(たこうをいのる)】

今後、よいことが多くあることを心から望むこと。

「多幸」とは、
「非常に幸福なこと・よいことが多くあること」という意味です。

【開運を願う(かいうんをねがう)】

今後、運が開けるように望むこと。

「開運」は、
「運が開けること・幸運に向かうこと」を表します。

【武運を祈る(ぶうんをいのる)】

戦いでの幸運、無事を願うこと。

「武運長久」と同じく、
戦いの成功や兵士の無事を願う言葉です。

全部で4つ紹介しました。

共通しているのは、
将来の幸運を願う」という意味ですね。

「武運長久」には、
「願う・祈る」などの動作は含まれていませんが、
「類語」の場合は語尾に「願う」や「祈る」がつくものが多いです。

いずれも人の幸せを願う時に使えるので、
場面によって使い分けるようにしてください。

武運長久の英語訳

 

続いて、「英語訳」です。

 

①「continued luck in the fortunes of war(戦争の運命の中で、継続する幸運)」

②「Long-lasting good luck in a battle(戦いの中で長続きする幸運)」

 

まず、①の「continued」は
「continue」の過去形・過去分詞形で、
「続ける」という意味の言葉です。

続く「luck」は、「幸運」を表します。

両者を合わせると、「継続する幸運」という意味になります。

また、「in」は「~の中」「fortunes」は「運命」、「war」は「戦争」なので、「戦争の運命の中」という意味になります。

以上の事から、①は「戦争の運命の中で、継続する幸運」と訳せます。

 

次に②ですが、「Long-lasting」とは「長続きする」という意味の形容詞です。

続く「good luck」は「幸運」、「battle」は「戦い」を意味します。

これらを合わせると、
「戦いの中で長続きする幸運」という訳になります。

 

例文だと、それぞれ以下のような言い方です。

I told my son that I wish to play for continued luck in the fortunes of war.
(私は息子に、武運長久を祈ると伝えた。)

I played for you for Long-lasting good luck in a battle.
(私はあなたのために武運長久を祈りました。)

「war」や「battle」は、「battle field」などの
「戦場」を意味する言葉に置き換えることができます。

あなたなりのアレンジを加えて、使ってみてください。

スポンサーリンク

武運長久の使い方・例文

 

では、最後に「武運長久」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 明日は君の武運長久を祈っているよ。
  2. 弟が受験に合格するように、武運長久を祈ってきた。
  3. あの神社は、有名な武将が武運長久を祈った場所らしい。
  4. 今日の試合には必ず勝ちたい。チームの武運長久を願うのみだ。
  5. 明日は大切なプレゼンだ。武運長久のお守りを身に着けていこう。
  6. 新店舗でも活躍できるよう、あなたの武運長久をお祈りいたします。

 

「武運長久」は、
「戦場での幸運や武士の無事が長く続くこと」という意味でしたね。

ただし、すでに説明した通り、
現代では戦場での戦いや兵士の無事などに対して
使われることはほぼありません

現代では、
「大事な勝負事」に対して使われることが多いです。

例えば、学生であれば「受験」や「スポーツの試合」
社会人であれば、「プレゼン」といったものですね。

これらの大事なイベントに対して、
「うまく行きますように」「成功しますように」
という願いを込めて使うようにしましょう。

関連:>>背に腹はかえられぬとは?意味や例文・語源を解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると、

武運長久」=「戦場での幸運が長く続くこと」「武人としての命運や無事が長く続くこと

語源」=「戦いにおける運が、できるだけ長く続くように」(戦争に行く人達の勝利や無事を願って贈られた言葉。)

類語」=「幸運を祈る」「多幸を祈る」「開運を願う」「恒久平和」。

英語」=「continued luck in the fortunes of war」「Long-lasting good luck in a battle」。

ということでした。

 

「武運長久」は古くからある言葉ですが、
現代でも様々な場面で使うことができます。

大事なイベントなどを控えている人などに、
応援の意味も込めてぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)